2018年10月13日

【ドラマ】 透明なゆりかご 2018年



NHKで放送されたドラマ。
素晴らしい作品。

・海のそばに建つ産科病院
・屋内のシーンでも聞こえてくる潮騒
・柔らかな陽射しに包まれている、分娩室、診察室、待合室


茶化して言うと、
ちょうど10回なので、
これが民放ゴールデンで1クール放送されたなら、
世の中にものすごいセンセーションを巻き起こしたに違いありません。

変な話で、
NHK金曜夜10時ドラマ10だとそうならないんですね。
それが好いと思います。

第9回放送前に発信されたメッセージ、
「まずHPのあらすじをご覧下さい。耐えられないとお感じであれば、視聴を回避して頂いても構いません。」
とは、テレビドラマとして、前代未聞な表明だと思いますが、
スポンサーをつけないNHKだから言えることですし、
プロデューサーが素晴らしいということかもしれません。
(制作統括 - 須崎岳(NHKエンタープライズ)、橋練(NHK))


毎回が、独立したお話である一方、
10回を通じ、主人公の成長を描いているところが好かったです。


最初は分からなかったのですが、
第4回に至り、
各回の重要ないくつかのシーンは、
主人公の想像であるとの思いに至りました。
主人公は人の気持ちがわからないことに悩んでいますが、
それに代わる素晴らしいイメージ力を持っている。
−視聴者の私たちが物語の中で観た重い出来事を浄化してくれるような

心に思い描いているだけで当初は傍観者にすぎなかった主人公ですが、
第9回では、主要人物に重要な働きかけを行うことになり、

最終回では、
主人公は、人の気持ちが分からないことを認めつつ、
自分自身が嬉しかったことを語ることで、
相手の心を動かすことができました。

そして、物語の最後、
主人公が母親に、
「そんなこと、思っていないくせに」と言います。
よく聞く、ありふれた台詞ながら、

相手が思っていることを分かっているわけではないけれど、
そう口に出せる、ということが、
主人公の成長を示している、
とても感慨深い台詞でした。


ーーーーー

各回の感想

第4回 「産科危機」

母親が、
「あったかもしれないね、死のうとした事」
と言ったので、
主人公は、とあるシーンを想像し、
「きっと(母娘が)ふたりで止めたんだ」
と考える。
主人公のイメージ力が
私たちに救いを与える。


第5回 「14歳の妊娠」

一番心に残った回。

私は男なので、
このドラマが表現しようとしているところ、
理解できているのか、
はなはだ怪しいのですが、

この回に登場するお父さん、

娘の出産に大反対するものの、
産まれた赤ちゃんに大感激し、

決して悪い人には描かれていないのですが、
母と子の絆の物語に、
どこまでいっても直接関わることがない・笑、という、
妊娠・出産に対する男の立ち位置の描かれ方が、
印象深いものでした・笑。
(最後に登場する妊婦の一族にも父が登場しない。
 お父さんは何処の海に!・笑)


ーーーーーーーー
20181223

音楽(清水靖晃)が素晴らしく、
サウンドトラックを購入しました。
物語の最後に流れた「Happy Birthday to You」は、
「Re-Happy Birthday」という曲名になっていました。

それは、
第1回で語られた「透明な命」に向けた言葉なのかも、
と思いました。

慈愛の日々 - 清水靖晃
[iTunes]慈愛の日々 - 清水靖晃





posted by inatt at 05:15| Comment(0) | ・感想など・TVドラマ・NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

20181007 【TV】 目撃!にっぽん「それでも僕は映画を撮る〜監督・大林宣彦 80歳の決意〜」


NHK総合で放送されていたのを観ました。

大林宣彦監督の新作映画「海辺の映画館−キネマの玉手箱」の撮影風景。

かつて、「転校生-さよなら あなた-」で、
「物語の命は永遠」と語った、
大林監督が、
クランクアップ時に、
映画の俳優・スタッフたちに、
「君たちは俺の未来だから、がんばれよ」
と話したことが、
非常に興味深いことでした。 

厚木拓郎氏が
「音楽とかダンスで観客をもうとにかく楽しくさせる」
「監督へのリスペクトをしっかり出せるように」
と言ったことが引っかかったのですが、

「監督への」とは、テロップの表示で、
実際は、
「〇〇の監督のリスペクトをしっかり出せるように」と
言ったのかなとも思いました。

何の証拠もありませんが、

ミュージカルシーンとは音楽とかダンスで観客をもうとにかく楽しくさせる(もの)、
そんな映画(へ)の監督のリスペクトをもうしっかり出せるように、

と言ったのではないかと思いました。



ーーーー

20170902 【TV】 青春は戦争の消耗品ではない 映画作家 大林宣彦の遺言
 http://inatt.tokyo/article/453187435.html


今までの大林監督のエントリー

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A4%A7%E6%9E%97+site%3Ainatt.tokyo&rlz=1C1EJFA_enJP727JP727&oq=%E5%A4%A7%E6%9E%97%E3%80%80site%3Ainatt.tokyo&aqs=chrome..69i57.11813j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8






posted by inatt at 08:28| Comment(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする