2020年09月30日

2020年7月から9月までの呟きの記録



























posted by inatt at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

【マンガ】 ガラスの仮面 ( 2016年までの感想 )



20200914記

15年以上、何度も同じことを書いて、
世の中の人も同じことを思っていて、(*1)
「冗談みたいなこと」が冗談でなくなっており、

(最初に作者の健康を心配し、
 次に先立たれた方々の無念を想像し、
 最後に自分の寿命について懸念しています・笑)

もう、私も新たに書くこともないと思うので、
自分まとめをしました・笑

(完結したら、第1巻から読み直して、感想書きます、が、 
 Kindle版全巻まとめ買いが、21,168円だったので、吃驚・笑)




20050130記

物語の完結前に、 読者よりも自分が先に死ぬことを 作者は想定していないのだろうか?




20090209記

【マンガ】 ガラスの仮面 第43巻 ふたりの阿古夜(2)
 
安定して面白いですし、
絵柄が変わらないのも印象深い。
ベテランの方でも絵柄が変わっていく場合も多いので。

しかし、
前に似たようなことも書いたことがあるのですが、

今回思いましたのは、

例えば、1976年の連載開始時に10歳であれば、
今は、42歳。
( 美内すずえ氏は、現在56歳? )

この調子で、物語がまとまるまでに、
10年以上かかってしまうと、

大ファンで、ずっと読み続けてきたのに、
ラストを知ることなくお亡くなりになる方が、
今後続出することになるのではないかと。

冗談みたいなことですけど、
そういうことも考えて、
もっと早く続きを描いていただきたいと思います。




20090830記

【マンガ】 ガラスの仮面 第44巻 ふたりの阿古夜(3) 無人島に持っていくもの。
 
あー、面白い。

無人島に持っていくものは、
ガラスの仮面、全巻大人買いセットにします(笑)

物語が終わってないから、不向きじゃないかって?

いえいえ、1巻からまた読み返します。

永遠に読み続けられそうな予感。(笑)




20121010記

【マンガ】 ガラスの仮面 第49巻
  
ここ何年もずっと同じことを思うのですが、
ガラスの仮面の連載が始まったときに、中一とか中二の人が今50歳で、
まだ物語の結末を知ることができない・笑

最近は、
物語の完結を読む前に、自分の寿命が尽きたらいやだなと
考えるようになりました・苦笑


【今後の物語の展開について】

・姫川亜弓の目は治る
 
 今の状態は、彼女が紅天女の演技を掴むプロセスだと思う。

・鷹宮紫織は正気を取り戻す

 マヤが演技で人の精神状態を治すという奇跡を具現するのでは。

・月影先生の健康状態に問題がなさそうであればこの物語はまだまだ続く・笑

 月影先生の思いが次世代に引き継がれたときが物語の終わり。





20160712記

もしかしたら、今、ミウチ先生の指導のもと、
ふたりの弟子のマンガ家が書いた、
幻の名作、ガラスノカメンのふたつのバージョンが制作されていて、
もうすぐ発表されるのではないか・笑





(*1)Amazonカスタマーレビューより 20200914


・最終回を楽しみにしている母は、もう70歳を越えてしまいました。
・私は現在60才です。私が死ぬ方が早いか、最終話が出る方が早いか‼是非とも死ぬ前に最終話が読みたい‼お願いします
・美内先生は神がかっておられるので100歳でも200歳でもマンガを描き続けられるでしょうが、わたしたち読者は凡人なので、いつ息絶えるかわかりません。多くの仲間たちが力尽き、去って行きました。なにとぞ、なにとぞ、続きをお願いします(吐血)。
・母が楽しみにして、私が購入し一緒に読んでいました。母は去年亡くなり、もう読めないんだと残念に思います。
・私は現在55歳。(ガラスの仮面)が雑誌に掲載されたのは、私が11〜12歳くらいの時でリアルタイムで読みました。その当時、まさか自分がこの歳になるまで、この漫画がまだ終わっていないなんて想像もしませんでした!絶対死ぬまでに、最終回が見たいです。そうでなきゃ死んでも死に切れません!!!

( 本当に笑えない笑い話になっているのですが、

  ここまでくると作者は読者のことを全然考えていない、

  と言われても仕方がないと思います。)





posted by inatt at 09:20| Comment(0) | 感想など・マンガ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

【演劇】 12人の優しい日本人



20200505の12人の優しい日本人を読む会を観た。

この物語が終わったときに、
なぜか微かに胸に残るわだかまり、

私たちの普段している「話し合い」とはなんだろうか、
という思いかもしれない。

法でなく、事実でなく、理屈でなく、
「2号は自分の今の状況からムキになっているにすぎない」
と、
(2号も含めて)全員一致した思いに落ち着いた。

有罪、無罪に関係なく、
陪審員たちは、自分たちの「話し合い」に満足して帰っていった。

登場人物たちは、
いつもの三谷幸喜の物語と同じく、
癖があるけど、
どこか現実にもある行動・発言をしているが、
しかし、
事は判決という
人の生き死にの問題なので、
笑って済ませられないところが、
この作品の特徴のひとつだと思う。

それにしても、
若き日の、
相島一之さんや西村雅彦さんたちの舞台を観てみたかった。
成熟した今の相島さんたちには、
もっと別の素晴らしい役があると感じたので、
なおのこと。





20200907

BSプレミアムで映画版が放送されました。






20061213記

DVDで観ました。(2005.12.28パルコ劇場版)

最初は、やる気なしでも、
だんだんと、
皆がそれぞれなりに、
一所懸命になっていくところが、
印象深いと思うのですが、

最終的にカタルシスに欠ける展開であったのが、
個人的には不満でした。

かなり難しい、演者と演者の連携が必要な、
脚本だと思いました。

でも、
特典映像で、千秋楽のカーテンコールの映像などを見ますと、
その場の感激が伝わってきますので、
現場で見ると楽しいんだろうなあと思います。

(特典DVD)
浴衣事件の映像が。(笑)
三谷さんはこういう遊び、悪戯のために、
舞台の仕事をやっているのでは?




https://ja.wikipedia.org/wiki/12%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%84%AA%E3%81%97%E3%81%84%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA
十二人の優しい日本人
posted by inatt at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする