2021年11月03日

【ドラマ】 おかえりモネ 2021年 (全体の感想)



「綺麗事」は、間違ったことでも、意味のないことでもない

「正しいけど冷たい」
「きれいごとにしか聞こえない」
と言われようとも、

「こんな言葉、きれいごとで、
 何の役にもたたないかもしれない。
 でも、言う。
 みーちゃんが思い出すたんびに、
 私が言う。」







宇田川さんという登場人物を創造したことが凄いと思う。


宇田川さんが何にどう傷ついたのか、
具体的に描かれないからこそ、

宇田川さんと彼に寄り添う菜津さんは「私たち」なのだ。






「生きてきて、何もなかった人なんて、いないでしょ。何かしらの痛みはあるでしょ」


主要登場人物のほぼ全員が内面に「何かしらの痛み」を持っていることが描かれたが、

内田衛(まもる)という登場人物の心の傷が具体的に描かれなかったのは、

この台詞を語るためではないかと思った。





気象に関する仕事を真ん中に置きながらも、
林業、漁業、
医療、
教育、
公務員、宗教、アパレル、
多彩に「仕事」を語るドラマでもあった。





各話の感想
 http://inatt.tokyo/article/484193751.html

その他諸々の感想
 http://inatt.tokyo/article/484134681.html






2021年上期の朝ドラ


■この物語が主張していること


・一度口に出した言葉は、相手の胸に刺さり続ける

 ( だから、逆に「綺麗事」を口にし続ける意味がある )


・「大団円」を避けている

 耕治は亮の船を見にいかない
 
 「解決しない問題」を取り扱っているからではないか。

 だからこそ、

 時間を経ても、何度も、観ることができる作品になっているようにも思う。




■当事者と非当事者


「当事者」「非当事者」と言う言葉が
私も含めて感想で多く使われましたが、

(作り手の皆さんが直接使ったかどうか、
 私は確認していませんが、)

このように人々をふたつに分ける表現は、
この物語の言いたいこととは離れているのかもしれません。



■百音の妹愛


物語では明確には示されていませんが、

百音は他の誰よりも(菅波先生よりも)

未知を大事に思い、その幸せに執着している、

ということを前提にすると、

百音の心情に納得できるところがありました。


( 未知が百音の幼馴染たちと親しいのも、
  同じ歳の友だちができないからではなく・笑、
  小さい頃から百音にくっついて育ってきたからだと
  想像しています。 )


「でも、これは違う」「これで救われる?」と言ったのは、

未知のことも頭にあってのものだと、

(当方の勝手な解釈ですが、)

考えます。


(なのに、「お姉ちゃんは、正しいけど、冷たいよ」と言われてしまう )



■ありきたりにも見える台詞の積み重ね


決め台詞でなく、
ありきたりでも大事なことを語る台詞がさりげなく積み重ねられる


綿密に設計されたヒロインと相手役との距離の変化


凄く考えぬかれたシナリオだなと思います。


この物語は、いつまでも人の心をかき乱す、
恐ろしいお話になっているのかもしれませんが、


2周目に観たら、
ここにも、あそこにも、あの主張に触れられていた、
あの人とあの人との会話が、
のちに
この人とこの人の対話でも繰り返されていた、
とか、
変奏曲のように何度も同じモチーフが奏でられていることに
たくさん気づくように思います。

5年後、10年後でないとわかりませんが、

観るたびに、異なる登場人物の発言に心が留まるような
深いドラマになっているような気もします。

( おかえりモネ・台詞データベースを作って、
  あとで、「傷」とか「痛」とか「信用」とか「水」で抽出して、味わう試み・笑 )


( 朝ドラでは、主人公と主要登場人物たちが
  複数の土地をいったりきたりしなければならないのが、
  作劇上大変で、
  つっこみどころもよく発生しますが、
  本作では、
  東京と気仙沼での別々の対話を同時に描くなど、
  非常に巧緻にできていると思います。

  第78回・第79回、
  ・被災経験についての若者たちの会話
  ・ウェザーニュースでの人の痛みについての会話
  ・白紙の死亡届を前にした気仙沼の大人たち

  
  東京から登米へ1週間おきにやってくるという医者は、
  両方に登場させることが容易で、
  ひとつの発明だと思いました・笑。 )  


( 情報、予測の正しい取り扱いが幸せを導くと語っているが、
  誤解釈やフェイクもこのあと出てくるだろうか。20210820

  仕事の失敗や情報の誤った使い方は、
  このドラマではあえて取り扱っていないようだ。

  意外なことに、
  このドラマは社会のネガティブなことは取り扱わず、
  自然と人間の内面に焦点を当てているようです。 20211103 )


( あるいは、民放ドラマだとありそうな、
  全国ネット気象キャスターとお医者さんの恋愛に
  マスコミがからむ、とか、
  取扱わないと決めたものは
  無視を決め込んでいる脚本だと思いました。20210914)






150回として設計した物語を120回に縮めようとして、
いろいろご苦労されているのかな、

と勝手に思うところがありました。


菅モネの描写にはあまり不足を感じないものの・笑、

震災や気仙沼の人たちや仕事ものとしての描写は、
描こうとおもっていたところを少しずつ削っているところが
あるのかもしれません。


30回の短縮は6週分ですから、
登米と気仙沼と東京それぞれに
2週分のストーリーを加えることのできるほどの分量です。


作り手のみなさんが
見直しを迫られたことは
大小たくさんあったのではないでしょうか。


■ナレーションの設定


どういう考え、経緯があったのか、

あまりうまくいってないと思うのですが、

第119回での語りのために、

絶対に必要な人物として設定されているのだと思います。


「忘れないって大事だけど、苦しい。だからときどき忘れて、笑ってね」

( 2022年になっても、
  植樹できていないのではと
  気になっています。 20220711)





■永浦百音の人物造形と清原果耶の演技


主人公ではなく周りの人物が重要な台詞を語り、
ヒロインの受けの芝居がとても多い本作。

清原果耶の瞳の動きのみで見せたりするような演技が

無表情と評価されていることがある。

・動揺して瞳が揺れる

・瞳の動きだけで、菅波先生に視線を一度は送り、そして、はずす

・下唇だけが微かに震える


しかし、永浦百音という役柄はとても変わっている、

ヘンだ、といってもいい。

内面が想像しづらいから、共感しにくい人物造形、

幼いのか老生しているのか、
純粋無垢か潜在的にあざとい猫かぶりなのか



清原果耶は、

そのどれとも言えないという、

微妙な綱渡りな演技を続けているようにも見え、


加えて、

地元に貢献したいという気持ちを持ち続けながら、

何もできないからいったん土地を離れたいとか、

東京でもっといろんな仕事を続けたいとか、

相反する思いを同時に抱えていることも表現し、


「そんな人はいるわけない、見たことない」

と感じてしまいそうな人物像を成立させている。


それでなくとも、根が内省的で理性が強いという、

どこにもいそうにないキャラクターに共感は得られにくいのか、

苛々する人も多くいるようだ。


しかし、

大災害が頻発する国で産まれ、生きながら、
自分自身は大災害を直接経験していない、
という、
私も含まれる、
大多数の人々のひとりとして
創り出された登場人物かもしれないと
思った。(20210902)


また、
物語の主人公は、百音だけど、
特別な狂言回しで、

ほんの僅かだけど前に進もうとする、菜津さん、宇田川さん、
何か地元に貢献しようとする、三生、悠人を
大事に描こうと思っているのかもしれない、
とも思うこともあります。



ーーーー








■音楽と絵画


人が音楽や絵画を必要とすることについて、

描きたかったことがいくつか、

放送回数の関係で省略されたのかもしれません。



■仕事についての多面的な描写

・登場人物が皆、職業を持ち、
 公務員、銀行員から僧侶まで、
 すべての仕事について、
 丁寧に描写されていることがこのドラマのひとつの特徴だと思います。

 ( スーちゃんのところは、少し残念ですが、
   そのスキルは内田キャスターを育てることに貢献している・笑)


・朝岡はチーム鮫島の仕事は「個人的なリベンジ」だと。

・全国放送に出続けている信用



■登場人物の名づけ

登場人物の姓名には作者の思いが含められているものがあるのかも。



あとは、
朝岡覚(あさおか さとる)
とか
鮫島祐希(さめじま ゆうき)
とか。

後藤三生(みつお)

三生(さんしょう) 仏語。前生・今生・後生の三つ。三世 (さんぜ) 。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E4%B8%89%E7%94%9F/


神野マリアンナ莉子(じんの まりあんな りこ)
というのも、
登場人物のキャラクターの説明として、
面白い名づけだと思った。

ところが、
神野さんが「利己」から覚醒すると、
「神野マリアンナ」の印象がまた変わることに感嘆した。(第85回)



■「やじろべえみたいな正しさ」

私たちが仕事をするのは、
自分の大切な人のためか、
それとも
顔の見えない不特定多数の人たちのためか、
私たちは日々その葛藤を抱えながら闘っているんです。
(第50回)

人の役に立ちたいとかって、結局、自分のためなんじゃん
(第57回)

災害は繰り返される、いつかきっと命が危うくなる
そんなことばかり伝えていれば人は疲れ果てて動けなくなってしまう
大事にしてきたことは大事なんです
それを失うような忠告では誰も行動しない
(第70回)

何で地元で頑張っているのが偉いみたいになるの?
(第77回)








posted by inatt at 20:06| Comment(0) | ・感想など・TVドラマ・NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ドラマ】 おかえりモネ 2021年 (各話の感想)



全体の感想
 http://inatt.tokyo/article/481549003.html

その他諸々の感想
 http://inatt.tokyo/article/484134681.html





【各回の感想】


■第1回

物語は、2014年(平成26年)5月から始まる

父以外の携帯がみなスマホだったので、
現代を描く朝ドラなんだなと印象に残りました。

ナレーターが
「カキに生まれかわっております」というから、
TLがざわついていますが、

牡蠣の養殖の震災前後の様子や、
竹下景子さん演じる祖母がどのように亡くなられたのか、
お話の進展を待つしかありません・笑

( 今わの際に夫に言った言葉か、
  惚けて口にした言葉なのかもと思いました。第19回 20210610 )

( 特に説明なく、更に、木の芽に転生してしまった・笑。第70回
  最後、もう一回、カキに戻るのでは? 20210820 )


■第5回

北上川の移流霧(いりゅうぎり)、気仙沼のけあらし。

「でも、あの日、私…何もできなかった」


「私はここにいます」のメールの意味がよくわかってなかった・笑



■第7回



■第10回

「あなたのおかげで助かりました、っていうあの言葉は麻薬です」


・圭輔君(阿久津慶人)は「いだてん」では播磨屋の小僧さん、
 黒坂辛作の息子、勝蔵でした。


・本作は、
「(ヒロイン)は、〜と思ったのです」と説明しないほうの朝ドラ。

伏線となるような台詞もかなり細かく配置されているが、
わかりやすくはない。

穿ち過ぎになりますが、
主役の表情を追うカットが多く、長くて、
わかりやすく説明するための台詞やカットが犠牲になっているかも・笑

また、
第2週を終えても、
未だ説明されていない事情が残っているようであるのは、

( 週のお題は「いのちを守る仕事です」で、
  気象予報士が命を守る仕事であるとモネが知ったことは描かれたが、
  百音が、いのちを守る仕事に惹かれることにつながる過去の経緯は
  まだ明らかにされていない )
  
朝ドラとしては、
進行がゆっくりなほうで、
じっくりとお話を大きな流れを楽しみたいと思います。


■第11回

社会人になって初めての帰省の道程、
1分間でも説明できるけど、
まるまる1回分使ってきめ細やかに描く。


■第20回



笛を吹くことしかできないことをひとり悲しんでいる主人公。



■第25回






ここまでのお話で、感じるのは、
気仙沼と登米で、脚本家もスタッフも別々に作っているのかと思うほど、
雰囲気が違うところです。

・気仙沼の人々には、過去の出来事や震災の体験が背後に感じられるが、
 登米の人々にはそのような描写がない。
 登米では、仮面ライダーグッズを夢中に買う人が登場したが、
 気仙沼ではそういうおちゃらけは場違いな感じ。

・気仙沼では、稼業を立て直すために借金まみれになっていたが、
 登米では、補助金も活用して、入札を勝ち取っていた。

・登米の職場やサヤカの家は、
 (実際そうなのかもしれないけど)
 お洒落すぎて、豊かで悩み少ない感じがしてしまう
 サヤカが温室で植物を育てているのも
 物語の要素としてはピンとこない。


ーーー


気仙沼では、非常に重たい話題を取り扱うので、
登米のお話を明るくして、
作り手がバランスを意識している、と思うようになりました。(20210917)


放送期間の長い朝ドラでときどきあるのですが、

その時はとても気になったことが、

物語全体を観終わったあと、あまり気にならなくなることもあります・笑(20211103)



■第29回

菅波から
「僕が挫折したことないって言いましたよね」と言われ、

動揺していることを
瞳が左右に揺れることで表現し、

カメラが映している側の眼から涙を一筋こぼす
朝ドラヒロイン。

菅波、モネ双方を
手持ちカメラで撮っており、
ふたりの心の揺れも表現しているようなシーンでした。

後に、菅波先生の専門が呼吸器外科と承知して、
手術しても意味がないと診断されている肺がん患者の治療拒否に対する
菅波先生の気持ちがより理解できました。


■第33回

「何もできなかったと思っているのは、あなただけではありません」


ヒロインの表情の演技が多く見どころになっており、
それは受け芝居なので、

相手となる脇の人物たちの演技が重要で、

西島秀俊(朝岡)、内野聖陽(耕治)の「きのう何食べた?」コンビは
流石だと思います。


■第7週「サヤカさんの木」

土曜日のまとめで、1週間の流れがわかりやすかったです。

サヤカさんは次の世代の木を残そうと思った
百音は資格に頼らずとも自信をもってできることが見つかった
が百音は資格をとってからのビジョンが明確ではない
次はきっと何かできるようになりたいと強く思うでしょ
今なら一番近くでサヤカさんを支えることもできるかもしれない
でも出会ってしまって、ものすごく心引かれるものに
だったら覚悟を決めるべきです
いいじゃないの、また一人でも
( まだ一人でも か また一人でも か )

こうしてみると、
骨折や運転免許などは、
もっと簡単に済ましても問題ない枝葉で、
シンプルな会話劇が合っているのかもしれません。


■第39回

「5年て、長いですか」
「話す相手がいないんだ」
「俺は立ぢ直らねえよ、絶対に立ぢ直らねえ」


第4週などで、父母や祖父は過去の出来事を抱えながらも、
現実を処理していっている大人であり、
百音やみーちゃんはまだ子供であることが描写されました。

今回も、主人公や未知は、
お前たちの出る幕ではない立場で、
別のテーブルから大人たちのやりとりを見ている。

朝ドラ主人公はテーブルの一番いいとこに座っていることが多いので、
この扱いは新鮮に感じています。

(第4週はまとめると笛を吹いただけだった主人公、
今週もまとめると縄跳びだけになる恐れ?笑)


■第40回

「今は、色白の、可愛い男の子のほうが好きですー」
と言いながらも、
「都会が似合うよ」と返されちゃうと寂しい表情になる。

「俺らは親たちとは違うからさ。
 俺は、親父とは違うから。
 過去の縛られたままで何になるよ。」

( それでも、彼にも縛られているものがあることが後に描かれた。)


( 結局、成人式の写真は姉妹とも撮ってない気がする、
  やっぱりちょっと平凡でないふたり )

( オステオカルシン )



■第41回

右脳(左手)は身体感覚、左脳(右手)は論理的思考

■第43回

伸ばしかけた左手を右手で抑えた。

■第44回

「手が動くようにならないといけない」



「ふたりとも、親が思ったのとはちょっと違ったけど」

トランペットを吹いていたけど、銀行員になった父と
小学校の先生だった母親。

ふたりは、長女は音楽家で次女は学者とか研究者とか、想像していたかもしれない。


■第45回

サヤカさんの、
このドラマのなかでももっとも印象に残るシーン


■第47回



■第54回

民放ドラマなら、神野マリアンナ莉子(今田美桜)がヒロインなのかもしれませんね。
NHK朝ドラとの違いが興味深い。

また、
今田美桜や恒松祐里(明日美)の演技はとても好いですが、
既視感もあるのに比べて、
清原果耶の演技は他にない独特なものだと感じます。

それよりも、

社会人3年目、気象予報士1年目の若者が、
「誰かが事故に遭ってからじゃ遅い」と
天気予報の中継コーナーのネタを
毎日一所懸命作っている。
尊いと思いませんか。
また、一途さが痛々しくもあって、
朝岡も高村デスクも様子をみている。



(「すれちがい みゆき通り」青空こころ)
ロマンティックに表現すると、本当に必要なタイミングになるまで、
すれ違っていた、百音と菅波先生。


■第55回(宇田川さん台詞回)

「ついでに聞きますよ」
「私、先生にずっと会いたかっ(ピッピー)」(第85回へ)



仮名・宇田川さんとは。謎を1週間を超えて引っ張るのが本作の特徴です。

( NHK放送センターの住所は渋谷区神南、
  宇田川町はその隣、
  NHK関連のオフィスなどが多い。 )

( 書にピンクを多用する宇田川さん。
  実は、女性なのではないかと密かに思っている時期がありました。
  20210813追記 )



宇田川ヒロ=歌川広重 説は、自分では思いもつかないことでした。(20210917)



歌川広重 汐見阪


■第56回



■第59回

「「風の神」朝岡に神風吹かず」

「実に個人的な理由から生まれたものです」



■第64回



■第76回



宇田川さんのお話も、後にちゃんとあると期待しているので、
現実味があまりにもなくなると気になる。


■第77回



新宿南口とか東京駅八重洲口とか、

私が持っている印象は、

ひとりで「東京の自分」「地元の自分」に思いを致す場所ということ。


「りょーちんは頑張ってきたよ、ずっと」

(「りょーちん、ずっと頑張ってきたじゃん」とは
  元は、
  未知が百音に言った言葉だったが、
  百音が亮に直接言うことになった。
  未知は次の回で別のことを言う。)

「周りの期待に応えるってさ、案外楽なんだよ、最初はね。
 でも、だんだん、苦しくなる」

百音と菅波先生との電話、
菅波先生の「あなた」呼びがなくなっている、
そんな微妙な距離感の変化に「ぞわぞわ」する。


■第78回






( これから、未知のターンだけでなく、
  雅代おばあちゃんや、亜哉子お母さんのターンもあるのでは )



■第77回


菅波「いや、とにかく、まだ」(1回、蕎麦屋でお昼食べただけ)


「生きてきて、何もなかった人なんて、いないでしょ。何かしらの痛みはあるでしょ」

 自分の痛みがある人が、他人の痛みに対して何ができるのか。 


■第79回



このツイートのリプライにありましたが、照明の違いも素晴らしい仕事なのかもしれません。


■第80回

「正しいけど、冷たいよ」
じゃあどうすればいいのか。

コインランドリーのシーンの前半、
菅波からの発言(菅波が百音に会いにきた本来の目的)は、
百音にしっかり伝わったとは思えず、
百音の表情は少しぼんやりしたものでした。

しかし、
大学病院を辞めると聞いて、
思わず菅波先生に手を伸ばし、
悲しげな表情から、
微かに首を振り「違う」と呟く。

( 強い「理性」が百音の特徴なんですね )

そこから先は、

「どうしたの」
「あなたの痛みは僕には分かりません」
「でも、分かりたいと思っています」

それらは、
菅波が自ら起こした発言と行動であり、

百音との交流により「自分が少し変わった」から
百音にもたらされたもの。

「正しいけど、冷たいよ」
じゃあどうすればいいのか。

今までの物語にその糸口があることを示す美しいシーンでした。

( 「分かりたいと思っています」とは、
  アンチやヘイトとは逆の位置の
  大事な心持ちなのかもしれません )


(りょーちんとみーちゃんはどうなる)





第16週の特に亮と未知の顛末の描き方は、被災者の気持ちに寄り添えていないのではないかという指摘。


■第81回

冒頭のコインランドリーは、2016年11月28日月曜日で、
登米にいたのは、2016年12月24日土曜日。
25日の日曜日は気仙沼にいたことになるのだが、
気仙沼の状況には一切触れずに、
2017年3月まで時間が飛ぶ。

・「説得力」

・「(足りないもの)そんなものがあるんだったら、みつけましょう」と良いアドバイスはするが、若さやキャラを数値(視聴率、いいね)で評価される恐ろしさや悔しさは中継キャスターである自分にも近しい問題なのだが、神野さんに共感はしていない感じが、モネの特性なのかも。


■第82回

野坂さんのプレゼンについて、
安西社長の評価力、コメント力からみて、
( ・前よりデータがリアルになっている
  ・良いことだとしても、気象のビジネスと植樹との関連のなさ )
過去3回のプレゼンから、
何がポイントになるか(「うちでやる理由」)予想できると思うので、
野坂さんが立ち往生するのが、
ちょっと不満でした。

「説得力(実感を持って説明する)」を強化するために、
あらかじめ、百音に話を振ることを頼んでおいた、なら
野坂さんにも見せ場になったように思いました。

発揮されたのは「説得力」だけでなく「クソ度胸」・笑

「世界の全ての根源は水である」といったタレスのことを
百音に教えたのは、菅波先生ですが。(第56回)

百音が正社員になったのか否か、また思い出しちゃった・笑。

(安西社長の評価は、
 気象との関係はわかったが実行する具体論に欠ける、でした。
 自治体のお金を防災で節約する、というのは、
 コストをかけることの「説得力」をあげるためのヒントを与えている。)

内田さんのプレゼン
 資料じゃなく実物
  社長の好きな傘イルカを取り込んでおく・笑
 採算はとれるの、という質問に答えを用意してある→「仕事が早い」という評価

「若いのに、妙な説得力」「なんか話聞いちゃう」


■第83回

宇田川ヒロ君の絵。




■第85回

「ずるいです」
「分かんないんですか」
「会いたかったんです」

勝鬨橋のシーン、
普段の強い理性を超えて、
百音の心に、
今までにない、知らず湧いてきた強い感情が溢れるように表現されて、
つい、
鍵をなげつけたり、
駆け寄ったりするところが、
もっとあったらよかったのに、と感じました。

( 菅波先生のキャッチ能力の変遷
   スイカ受け取れず(第11話)
   柚子つかめず(第41話) )

おかえりモネ・第85話・勝鬨橋・スクリーンショット 2021-09-13 142734.jpg

(第85話が放送された20210910の勝鬨橋)



■第87回


民宿再開についての耕治の意見が、

「正しいけど、冷たい」

ものになっているというつぶやきをみて、なるほどと思いました。


菜津さんのスケッチだけでなく、

宇田川さんの絵も後々出てきてほしいですね。


台風12号のお話は、2019年9月11日(水)から。

( 令和元年東日本台風(台風19号)が上陸したのは2019年10月12日(土) )


■第88回


( 「光太朗さん」呼びするお母さん、
  リアルなサメの写真をLINEのアイコンにする三十男、
  ちょっとやばい感じがしますし、
  登米の診療所に専念すると聞いて、
  お母さまは、
  医師のキャリアも私生活も大変心配されていると思うのですが、
  この物語では、
  そのあたりまるごとスルーされると思います・笑 )


■第90回


ハイヒールの足元のスローモーションカットに、
目が熱くなるのは、
だいぶ前の何気ないシーンがあるから。
朝ドラの醍醐味。


「助けることに成果を求めてはいけませんよ」と言われて、

即座に「そうですね」と答える主人公の心のうちがすぐに想像できる、

これまでの物語の積み重ね。


■第91回


・記憶に残る仕事
・プロポーズ
・実家の厄災

が同じ日に続けざまに起こるのですが、

お話を盛り上げていこうとそうなるのか、
これも意味のあることなのか、

それにしても、相変わらず主人公はその割に淡々としている、
と思う人もいるのかも。

視聴者が、これを自分事として捉えることを示しているのか。

自分が幸せな状況にあるそのときに、
辛い状況にいる人たちがいる、ということを
どうとらえるのか。

「あなたが抱えてきた痛みを想像することで、自分が見えてる世界が二倍に」なる、

とはそういうことなのか、どうか。


■第92回


私ならどうしただろうか。

仕事を休みタクシーを長距離使ってまでも実家に戻ろうとはしない

宮田さんだと気付いたが声はかけない

予想していなかった楽しそうな地元の人たちに気後れして、顔を出さずに踵を返す

かもしれない。


百音と菅波先生は「橋を渡った」


■第97回

宇田川さんは、
文字通り「顔のない」登場人物なのかもしれないが、
百音やスーちゃんの3年半と同じく、
何か前向きな変化があってもいいと思う。

それを願う。

だから、
菜津さんが「私たちは」と言ったところが好かった。


「これが精一杯、これでも、私たちは、前に、進んでいると思う」


菜津さんや宇田川さんこそ「私たち」なのだから。


■第98回





■第99回


前回、最後のカットは百音でなく未知で、

今回も百音とお母さんを離れてみている未知のカットがありました。

未知の抱えているものはなにか。


■第100回


空と山と海が混然と描かれたような
宇田川さんの絵に、
百音、三生、悠人が何を感じ取ったのか、
私にはしかとはわからなかったけれど、

絵をみつめる百音の回想から、

ボランティアの水野さんの話が挟まって、

3人の顔に戻ると、

3人の考えていることがわかるような気がして、

ドラマ演出の妙を感じました。


■第109回


「西がらの風に、舳先を向けでくれ
「多分、あど6時間したら、波は収まる
「それまでパラアンカー打って、耐えでくれ

伝説の漁師の的確なアドバイスも凄いですが、


それに匹敵する内容だった、
若き気象予報士たちの「チーム戦」が好かったです。


■第119回


( コロナがあったから、
  植樹祭できてないだろうな... )



■第120回

(20220615記)



(20220711)
第7波がきているようだ。現実は厳しい(涙)

(20220729記)
20220728の東京都の新規陽性者数は40,406人、
菅波先生は、
第7波の本格化前に、ちょっと気仙沼に顔を出した、
あるいは、作り手のミスで、
本当はラストシーンは、2023年だった、ということか・笑



posted by inatt at 10:56| Comment(0) | ・感想など・TVドラマ・NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする