2006年11月03日

【ドラマ】 天下御免 1971年

 
BSでやっている、昔のテレビ番組を語る番組「週刊お宝TV」で、
天下御免という昭和46年のNHKの時代劇をとりあげていました。(20061103)

脚本が、早坂暁で、
音楽が山本直純、タイトル絵が黒鉄ヒロシ。

私はこの番組を観ていました。
中身はほとんど覚えていないのですが、
非常に型破りで斬新なスタイルだったことは、
子供の私にも理解できて、面白がって観ていました。

映像が第1話と最終回しか残っていない。
それも、主人公平賀源内を演じた山口崇が私的に
テレビ画面をビデオカメラで撮ったものだという。
しかも、最終回の最後の10分間が失われている。(*)
( 山口崇が素材をNHKに提供したのに、
  NHKが最後の10分間をなんらかのミスで消したとのこと! )

映像が失われた最終回(1972年(昭和47年)9月29日放送)の最後がどういうものであったか、
早坂暁に取材して、説明してました。

私はこのラストを朧げながら覚えています。
とても強烈な印象を当時の私に残したのです。

ストーリーとしては、
時代とかけ離れて型破りな主人公は、
江戸に居場所がなくなってしまう、せつない終わりを迎えるのですが、
一番最後に、源内たちは気球に乗り、日本を脱出しようとするのです。

そして、彼らがフランスに居たことを示唆して物語は終わります。
ドラクロアの民衆を導く自由の女神を模したカットで、
平賀源内がシルクハットを被り銃を抱えて自由のために闘う。
日本では駄目だったけど、
もっと大きな舞台で活躍しているという希望を見せたのです。


と、いう私の記憶を記録したいというのが、このエントリーの作成動機です。 
放送当時、私は小学校低学年で、
しかも、当時のテレビドラマですから、
1度しか観ていないのに、

自分の才能が世の中で活きない主人公の無念、
しかし、舞台を変え、
生き生きと活躍しているのかもしれないという救い、
などのメッセージを感じとり、
そこで見た画がどんなだったか覚えている。


類まれな作品とそれに出会えることの素晴らしさ。




20130323追記

NHKアーカイブスのページで一部観ることができます。

http://cgi2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010167_00000 

(ニコニコにアップされている最終回の一部)


・殺そうとしているのは、このわしではなく、自由なんだよ。
・ねえ、どうしていい暮らしをしちゃいけないの。
・百姓、町人、漁師のいない国がはたして日本でしょうか。それが国でしょうか。



20200523追記

早坂暁の本、「天下御免」第3巻で、最終回の「さよならだけが人生さ」を読むと、とても面白く、ドラマをもう一度観てみたい思いが強まります。
特に、右京之介(林隆三)が、
「オレのうぬぼれを斬ったのよ」と呟くところなど。




夢千代日記の感想
 http://inatt.seesaa.net/article/398821794.html



天下御免〈3〉 (早坂暁コレクション)
早坂 暁

天下御免〈3〉 (早坂暁コレクション)
天下御免〈2〉 (早坂暁コレクション) 天下御免〈1〉 (早坂暁コレクション)
by G-Tools






おまけ
 子供の頃、好きになったドラマ類を見渡すと、
 ちょっとふざけたような見せ方をしているスタイルのものを
 印象深く覚えています。

 それらは、この「天下御免」のほか、
 実相寺昭雄×佐々木守のウルトラマン34話「空の贈り物」等
   http://inatt.seesaa.net/article/398821761.html
 大林宣彦監督の「HOUSE ハウス」
   http://inatt.seesaa.net/article/398821810.html
 ピーマン白書
 などです。


posted by inatt at 20:17| Comment(2) | ・感想など・TVドラマ・NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Hosei様
コメントありがとうございます。

放送当時、私は小学校低学年で、
1度しか観ていないのに、
覚えていることがある。

優れた作品の持つ力なんでしょうね。

その自分の記憶を言葉に残したものが、
少しお役に立てたのなら、
嬉しいです。  

20151117
 
 

 
Posted by inatt at 2015年11月17日 05:40
はじめまして。
今日、TV朝日の「Qさま!!」で「民衆を導く自由の女神」が問題になり、シルクハットの男がドラクロワかもしれない、と言っていたのを見て「天下御免」の最終回を思い出しました。
このラスト、私もしっかり覚えています。当時(9歳か10歳でした)本気で「シルクハットの男は平賀源内なのか」、と感嘆したものです(笑)。
ググってみたのですが、この話はこちらのブログにしか載っていないようですね。NHKが映像残していないので、忘れ去られてしまうのか、と思うと、ちょっと寂しいです。
Posted by Hosei at 2015年11月16日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。