2006年12月11日

12/11 【TV】 のだめカンタービレ Lesson 9

 
原作を読んでいれば、
このあと、どのように話が展開するか、
なんとなく、想像できますし、
きっとそのようになると思います。

( そして、半年か、1年後に、
  留学を題材にした、特別編が作られる。(笑) )

でも、それでも、
最後まで楽しんで観ることができると思います。

今まで、原作と映画・ドラマの違いについて、
いくつか感想を書いてきましたが、
どちらを先に観ても両方とも楽しめる、という点で、
とても珍しいケースだと思います。

連続ドラマとして大変な傑作とは言いませんが、
原作を十二分に生かしている点で、
素晴らしいと思います。

( 原作を読むと、
  のだめの台詞が上野樹里の喋り方で、
  頭の中で聞こえるようになってきました。(笑) )

・原作よりも、視聴者や千秋に対してわかりやすく、
 のだめがコンクールを狙う心情を説明していました。

・ハリセン(豊原功補)の奥さん、江藤かおりは、
 登場するのか、誰が演じるのかと思っていたら、
 白石美帆さんで、登場するなり、なるほどと納得しました。

・黒木くんは、のだめのことを誤解したままでしたが、
 原作では、7巻で誤解して、
 真実を知るのは、12巻でした。
 このドラマでは、誤解したままかも。

・原作を読み返して気づきましたが、
 のだめの「あの口」は、
 原作では、
 瀬川悠人が、「ひょっとこメグちゃん」と呼ぶ、
 熱い飲み物を吹くときに同じ口をしている、
 リュカがタコみたいだと笑う、
 孫Ruiが、池の鴨だかアヒルだかを見て、のだめを連想する、
 ということで、
 もっと、おおげさに唇を丸めた形だと思うのですが、
 美人女優があまりやらない、口の形だから、
 控えめにしているのでしょう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

のだめカンタービレ、主人公「野田恵」のモデルは実在します!
Excerpt: 218.224.196.242 BLOG NAME: 今日の気になるニュース@総合 DATE: 12/15/2006 18:56:17 のだめカンタービレ1巻の表紙(講談社) 「のだめカンター..
Weblog:
Tracked: 2070-01-01 00:00