2007年05月24日

【アニメ】 時をかける少女 2006年



DVDで観ました。
公開当時から高い評判が聞こえて、
観たいと思っていました。

大変、面白かったです。

大林版の映画では、
主人公は、結果的に、
経験した出来事に囚われることになったのですが、
今作の主人公はどうなるのでしょう。
恐らく異なる結果を示しているようなのですが、
もう少し具体的なものも欲しかった気がしました。
そうしないと、
この出来事そのものが少し軽くなってしまうような。
お話の始めのほうの主人公の性格のノリで、
この経験を流してしまいそうで。
よく考えると結構深刻な話なんですがね。

( 千昭は結局、絵を見ることができなかったんでしょ?
  それは真琴がタイムリープを弄んだからで。
  いくら真琴がやったことでも、
  千昭は許せるのでしょうか。 )

まあ、
登場人物の性格描写や
ストーリーについての弱点を言いだせば、
まだ、いくらでも指摘可能なのですが、

観てる間は、
理屈で気づく弱点は、
全然気になりませんでした。


整理して書けませんが、
人の気持ちに働きかける力を備えた、
名作なのではないでしょうか。

ストーリーや、
絵柄や
声優を
ただ質高く揃えていけば、
必ず人の感情に訴えるものになるとは
限らないのですね。

それ以外の何かが必要みたいです。

物語の本筋とは関係ありませんが、
大林版映画が好きだったものですから、
芳山和子が自分の思い出を語るところが好かったです。

ラベンダー、男子2人女子1人の写真、
そして、紅茶とそこから立ち上がる湯気。

ーーーー

真琴は、これから、
「あの絵」を未来に届けるために、
真っ直ぐに生きてゆくのでしょうか。

きっとそうだ、と信じることができるかどうか、
それは、作品の解釈論ではなく、
観ている人の「若さ」なのかも。

経験的に思うのですが、
この映画に巡り合い、
思い切りにこの映画が好きになったなら、
心置きなく、
それを楽しんでいただきたいと思います。

( BSアニメ夜話の感想
   http://inatt.seesaa.net/article/398822007.html )


(20080719追記)

テレビで放送していたので再見しました。

原作や大林版映画との相違点に、
主人公や周りの登場人物たちの記憶が消えない、
ということがあります。

多くの人が共感できる、
人生の一時期にしかないある瞬間を
切り取ってみせたなかで、

主人公は、未熟さゆえに、
タイムリープを弄び、
取り返しのつかないことをする。

人生の一度しかない瞬間と
取り返しのつかない出来事。

( たとえば
  主人公にとって、
  初恋の人から告白されるという経験は、
  永遠に「ない」ものとなった。 )

それでも、
主人公は、未来へ「走っていく」と宣言します。
エンディングの後、「時をかけ」ていくのです。

それが主人公の記憶を残すという
原作とは異なることを入れてまで、
作り手が語りたかったことなのかもしれません。

「待ち合わせに遅れてきた人がいたら、
 走って迎えにいくのがあなたでしょ」

つまり、この物語で語られたことは、
現実にないことや特別なことでなく、
真琴や魔女おばさんだけが経験したことでなく、
かつて私たちが経験「した」ことなのでは?

そういうことを語るがためのジュヴナイルと考えれば、
この映画に対する岡田斗司夫の意見などに同感だったのですが、
この映画に言われるいくつかの弱点も
あまり気にならなくなってきました。

(だから、この物語の世界では、
 芳山和子もふたりの男友達の思い出を持っている。)

(物語のなかで、
 時間旅行の能力付与は、人生で一度しか許されていない、
 というようなことを示す必要があったと思います。)

ーーーー

 坂のモデルは、西武中井駅近辺とのこと

ーーーーー

時をかける少女 通常版 [DVD]
筒井康隆

時をかける少女 通常版 [DVD]
サマーウォーズ 期間限定スペシャルプライス版(2枚組) [DVD] おおかみこどもの雨と雪 期間限定スペシャルプライス版(2枚組) [DVD] サマーウォーズ [DVD] おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚) バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]
by G-Tools


posted by inatt at 06:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 感想など・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「仲里依紗」【気になるで賞】ピンクがよく似合いますね。
Excerpt: 122.196.116.183 BLOG NAME: アイドルCM動画を見たい!! DATE: 05/24/2007 11:31:25 ヤマザキ_テーブルロール_バターロールなにはさもう編「仲里依紗..
Weblog:
Tracked: 2070-01-01 00:00