2021年03月14日

【ドラマ】 純と愛 第26週「いきる」 (最終回)



2012年下期の朝ドラ

20210314記

宮古島のホテル、サザンアイランドは、
2021年も営業しているのでしょうか、
コロナの影響を受け、苦闘しているのでしょうか。

ほら、現実に生きるって、そういうことが起きるのだ、
と脚本家がしたりと言いそうですが、

同じく、コロナで打撃をうけた、
北三陸市では、
お馬鹿な人たちが、
大変だけど、明るくばたばたしてるような気もする・笑。


20130330記
 
物語の一番最後のまほうのくに写真館は、

ジュークボックスの前で白いユニフォームに身を包んだ、

宮古島市の待田純さんですが、

その写真とそこに映る表情から、

ホテルは魔法の国として立派に営業されている、

ジュークボックスも必ず修理される、

しかし、いとしは、目覚めていない、

と感じました。(*)

「生きる」とはそういうことなんだ、

と言いたいドラマだったのでしょう。


ーーーー


被災者の方やその家族のための様々な支援活動をされている
堀内正美さん(待田謙次役)が、
「このドラマは、愛する人を失った人たちのための物語。
純はそういう人たちにとってのジャンヌ・ダルクなんだよ」
と言ったそうですが、

観る人にそう思わせられたかどうか、
脚本家をはじめとした作り手に対する評価を
計る目安のひとつかもしれません。


ーーーーーーーーーー

20130420記

(*)「純と愛スペシャル 富士子のかれいな1日」でも、

同じような状況を感じました。











夏菜、朝ドラ賛否から立ち直ったのは最近だった
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab911354c29d1d6dbab964edef0f9d7e7d482aff



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック