2015年11月07日

【映画】 ギャラクシー街道 2015年

 
事前に悪評も見ていたのですが、
だから観にいこう、と思ってしまった。

有楽町の映画館は、金曜夜というには、ちょっと寂しい観客数でした。

でも、全然「アリ」な映画でした。
もう一度観に行こうと思う。

( 後で書きますが、宣伝のしかたが間違っていると思います )

映像作品を繰り返し見たくなるのは、
共振を得にいくのかな、と思いました。

脱皮する夫だけど好き、
食べ物の食べ様が可愛くて好き、

という物語の登場人物の気持ちに共振させられたら、
それが映像作品の力だと思う。

だから、この作品はきちんと映画になっていると思う。

ーーー

20151113にもう一度、観ました。
同じく金曜日の最終上映は、がらがらでしたが、
それよりも驚いたのは、
上映中ひとつも笑い声が起こらなかったこと。
三谷さんは、生の反応を知るために、
映画館に足を運ぶことがあると
どこかで読んだことがありますが...

下ネタは、あえてやっているとすると、
もの足りないのは、音楽かもしれないと思いました。
舞台では音楽は流れないけど、
シットコムでは笑い声が必要。
映画では、劇伴が必要。

また、THE有頂天ホテルでのYOUの唄、
ステキな金縛りでの主題歌、ONCE IN A BLUE MOON、
そして今回のThe End of the Universe/宇宙の果てまで
には、
共通の嗜好があるように思うので、
三谷さんが満足するものができるまで、
これからも繰り返されるかもしれないですね。

最後、香取慎吾が、
ショップから出て行く各登場人物と会話を交わすと
よかったなと思いました。
最初と同じような愛想のない会話でも、
観ているほうは印象が変わると思う。

あと、この方向性を進めるなら、
今までの三谷映画とは
異なるスタッフと組む必要があるのかも、
とかとか、余計なことを考えながら観ていました・笑


ーーーーーーーーー

それにしても、
今、世間でこの映画が批判されているところなど、
テレビで大ヒット作品を生み出してきた、
この映画の作り手たちが事前に気づかないはずがなく、
その作品が問題作である所以は、
作り手が分かっていて、
あえてそれをやっているところだと思う。

ビリーワイルダーを敬愛する三谷幸喜の好みと
大興行収入を望む製作側の希望、
どんな折り合いをつけたのか、
お互い見えないことにしているのか・笑

だから、
子どもを連れていきたいと思う映画では決してないのに、
テレビ局資金が入っているよくある映画と同じように、
テレビCMを流す宣伝方針のほうが
作品内容よりよっぽど問題だと思った・笑

( これも作り手たちは、十分に分かっているが、
  あえて触れないことにしてるはず
  万人に受けると思って作っていない、
  と表明した宣伝なら、
  中傷まがいな批判は封じることができたのでは )

三谷幸喜は、
ビリーワイルダー作品のような映画を
いつか作ることを望んでいる。
その一方で、
日本のテレビドラマの保守本流、
大河ドラマの脚本も現在担当している。
そこでは、
日本で最も脚本家にプレッシャーのかかるテレビ番組で、
相応の世間的評価(視聴率)を得ることも
自分に課しているはず。

この両立が達成されたら、
それこそ、他で聞いたことのない稀有な事例になる。


「ギャラクシー街道」オリジナルサウンドトラック
ヴァリアス

「ギャラクシー街道」オリジナルサウンドトラック
DOUBLE-DEAL(完全生産限定盤A) DOUBLE-DEAL(完全生産限定盤B)(DVD付) J Movie Magazine(ジェイムービーマガジン) Vol.04 (パーフェクト・メモワール) 劇場スジナシ in 名古屋 第一夜 T.M.Revolution 西川貴教 完全保存版 [DVD] B-project キャラクターCD Vol.1 「 恋セヨ乙女 」





  
  
posted by inatt at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック