2017年11月12日

20171104 【TV】 祝60歳 きょうの料理伝説60


 
今日の料理の60周年記念番組

10年前に50周年の番組の感想も書いたので感慨深い。
 20070321 【TV】 きょうの料理50年 時代を映す懐かしの100レシピ
  http://inatt.seesaa.net/article/398821852.html

家庭料理の番組が社会の移り変わりを映し出し、
14700回放送し、1200人の講師たちが4万のレシピを紹介して、
最後に紹介する伝説レシピが土井善晴の塩むすび

「家庭料理いうのはばらつきがあって大きさが違って、
 これが家庭料理の特権です」
先生、カメラ目線で力をこめてきっぱりと話しました。

社会が進歩するとか、生活が豊かになるとかって、どういうことなんだろう、
なんてことまで考えさせられる、

土井先生渾身の料理でした。





第1回のテーマは、「今月の食事プラン」
健康をつくるよい食事の型紙で、バランスのよい食事の大切さを説明

きょうの料理という名前を誰が考えたのかわからない

テーマ音楽は冨田勲が、初回放送前日に作った。
「食欲の増す音楽」というオーダーだった。

手書きの料理名は40年以上ひとりのデザイナーが描いている

テキストは663号 4億3850万冊

白黒放送では白がみえにくく、白衣は水色。
大根も青く染めたことがある

最初の料理はかきのカレーライス

作る分量は5人分から4人分、2人分と変化

小野正吉(おのまさきち)は、フォン・ドゥ・ヴォーのレシピを30人分で紹介した。
この分量でないと本物の味は出せないということだったそう。
子牛のすねの骨1kg、子牛のすね肉1kg...

 20071029 【TV】 きょうの料理 村上信夫と小野正吉
  http://inatt.seesaa.net/article/398822132.html?1510422902

辻 嘉一(つじかいち)は、
「味は舌で覚えよ」と分量を示さない

村田吉弘 (むらたよしひろ)は、
味つけをしょうゆとみりんが1:1というように割合で示した

20分で晩ごはんを始めたのは小林カツ代

肉じゃがは料理研究家尚道子(しょうみちこ・岸朝子は妹)が命名した
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%9A%E9%81%93%E5%AD%90

昭和30年代のチャーハンのレシピには卵が入っていない。
当時は卵は高級品

昭和30年代は生しいたけより松たけのほうが手に入れやすかった。
昭和33年秋のテキストには53レシピのうち10品に松茸が入っている。


ーーーーーーーー

今までのきょうの料理の記事は、
右上の検索ボックスにきょうの料理で検索してください。

  
NHKきょうの料理 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)

B06XFWV289

関連商品
NHKきょうの料理 2017年10月号 [雑誌] (NHKテキスト)
NHKきょうの料理ビギナーズ 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
NHKきょうの料理 2017年9月号 [雑誌] (NHKテキスト)
NHKきょうの料理 2017年12月号 [雑誌] (NHKテキスト)
NHKきょうの料理ビギナーズ 2017年10月号 [雑誌] (NHKテキスト)
NHKすてきにハンドメイド 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
NHKきょうの料理 2017年8月号 [雑誌] (NHKテキスト)
NHKきょうの健康 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
NHK趣味の園芸 やさいの時間 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
3分クッキング 2017年11月号

  
    
posted by inatt at 08:50| Comment(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。