2018年08月11日

からあげ座・食パン座 ( 夏休み子ども科学電話相談 20180723 )


 
「夜になったら、星をながめておくれよ。
「星がみんな、きみの友だちになるわけさ。
「きみにとっては、星が、ほかの人とはちがったものになるんだ......
(星の王子さま)




【書き起こし】「からあげ座つくりたい」(7月23日放送)
  http://www.nhk.or.jp/radio-blog/pr/r1/303126.html

この番組では、ときどき、
子供たちの質問に答える先生がたは、
かつて、質問者と同じような子どもであった、
と思わせられることがあります。




星座は全部で88個、世界共通で決められているらしい。

だけど、
5歳の女の子の
からあげ座を教えてください、
からあげ座を作りたい、
という、
突拍子もないと思えるような質問に、
真摯に回答する永田美絵先生。

先生は最初に、
星座を作りたいという人はぜひ作ってほしい、と言ってから、
一応、星座って世界共通で88とか決められているのだけれども、
ぜひ質問者にはからあげ座を作って欲しい
と話しています。

持っている知識に縛られたつまらない大人は、
私もそうですけど、
つい、最初に、
星座はもう88個に決められているんだけどね、
って言ってしまいそうに思いませんか。

事前に回答を準備できない番組で
先生のこの回答の仕方に感動します。

その先生が、
番組の終わりに、
「『こんな質問があるんだ!』と驚いた」といいながら、
藤井彩子アナウンサーの
「からあげ座を作りたいって女の子がいましたねえ」
という発言に、食い気味に・笑
「わかりますねー」と言って、
実は、
「私もねー、食パンが結構好きなのでね、
 食パン座っていうの、
 自分の中では、もう作ってるんですよ」・笑

「皆さんも是非作ってみてください」

自分の星座を持っていると一生ものだと。(*)

そのようなことが言える大人だからこそ、
唐揚げ座を作りたい、という質問に
きちんと答えられるのだなと思いました。

(*)
諸行無常なこの世ですが、

ひとりの人生からみると、
星座はほぼ変わることがない、
というのは、
思わず目が開くようなお話でした。


































永田美絵先生の素敵な回答その2






後日譚20181008







posted by inatt at 04:25| Comment(0) | 感想など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。