2018年12月08日

【ドラマ】 俺たちの朝 第48回(最終回)「絶望と出発と雨の中の接吻」

 
1976年10月から約1年間放送されたテレビドラマ。

子供のときに観て、
この物語の終わり方に、
とてもせつない気持ちになったことを覚えていて、

40年以上ぶりに、
テレビ神奈川で再放送されたものを観た。

物語の最後に、

これから
どうしたらいいのか
三人には分らない
でも
明日の分ってる人生なんて
つまらないじゃないか

と示され、

つまり、作り手も、これから3人がどうなるか、わからない・笑、

大団円でもなく、何かの決着でもない、
物語の終わらせ方をあえてしたのだなと思いました。

様々なエピソードを生み出すもととなる、
男二人女一人のシチュエーションを
永続的でないものとして、
清算させる最終回でした。


(「俺たちの旅」が30年かけても物語が着地しないのと対照的・笑
   俺たちの旅の感想
    http://inatt.tokyo/article/398822443.html )

( あと、
  ジーンズショップを閉めることになった、
  出来事の衝撃を覚えているのですが、
  第何回かわからず見落としました。 )






posted by inatt at 17:18| Comment(0) | 感想など・TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。