2020年01月18日

【ドラマ】 カーネーション 2011年

  
2011年度下期の朝ドラ。

数ある朝ドラのなかで、

一番大好きなのは、「ちりとてちん」で、
ひとつ代表を選べば「おしん」ですが、

一番の傑作は、「カーネーション」ではないかと思っています。

濃厚な泣き笑いの物語(そのうち結構な部分が実話・笑)、
人生はしんどくて素晴らしい。
それを教えてくれる癖の豊かな・笑、登場人物たち、

その代表は、
朝ドラ主人公なのに、
「あんたの図太さは毒や」とまで
言われてしまう人・笑。

演技、演出、音楽、
「泣き」のシーンでも、「笑い」のシーンでも、
極上のお仕事。


( 不満はひとつだけ、
  最終回に、吉沢加奈子(中村優子)が登場すること。
 「奇跡」はそこじゃないのに、と思いました。)


素晴らしいシーンはたくさんありますが、

ひとつは、ラストシーン。

長い長いひとつの物語が、
完結したことを示すだけでなく、
虚構として閉じてしまわず、
物語を観てきた現実の私たちに繋がってくる。

誰もが生きて、去っていく、

でも、糸子は居る、

(奈津も目の前にそこに居るかもしれない)


それを表現するために、

主人公の俳優を変えたり、
ほとんどの登場人物を入れ替えたりするようなことが、
(画質すら変えた?)
必要なことだったのだと思い知りました。

ーーーー

#カーネーション 脚本家 渡辺あやさんのTwitter降臨とその反響
https://togetter.com/li/727839

ーーーー

(自分のツイートの覚書)


ーーーーー

(印象的なツイートの覚書)











ーーー



posted by inatt at 17:33| Comment(0) | ・感想など・TVドラマ・NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。