2020年06月30日

2020年4月から6月までの呟きの記録



経験的に、大きな出来事があったときに見聞きしたことや思ったことは、時をおいて振り返る必要があるので、覚書。









https://dot.asahi.com/dot/2020051100004.html
「私たちがしっかりできあがっていると思っていたグローバル経済の基盤は、実はそうでもないということがわかりました。各国の本音、国と国の関係性、コストを重視したグローバル経済のもろさが表面化したことを興味深く見ています。」
ウクライナのことなど、国際社会のもろさを露わにする出来事が続いている(20221004追記)
「今の政治家の一部は〜政策がインパクト重視でポピュリズム的と言われても仕方がないでしょう。「いかに有権者にいい顔をしながら期待される決断をするか」という意図だけが伝わってきて、結局は自分たちが損をしない範囲のことしかしないとわかってしまったため、国民の気持ちが離れています。」







2020年は、自粛期間もあり、いろいろお取り寄せしましたが、一番心に残っています。







早速、出かけたところ、とても美味しくいただいたが、いつもより少ないにしても、待ち行列があり、
店内は以前と同じ密で、どきどきしながら、味わった・笑、という過ぎてしまえばそれも思い出。









posted by inatt at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。