2020年11月07日

【書籍】 大林宣彦、全自作を語る (書きかけ)



聞き手は、馬飼野元宏、秋場新太郎



自分のための索引を作るためにエントリーを作成しました。

自作の打ち明け話よりも、
映画業界の話、しきたりや外部プロデューサーの行状などを気楽に披露しているので、
そういうことに詳しくない私は興味深く読んでいます。

私は、監督のことを
映像の魔術師ではなく、言葉の魔術師と考えているのですが、
本著に収められている、
「私の好きな大林映画」の文を寄せた方々からの質問への回答も、

「目くらましのお題をください」みたいに感じました。


・p190 「ウソから出たマコト」の監督の説明






大林宣彦監督映画の感想

 http://inatt.tokyo/article/462052806.html


posted by inatt at 06:01| Comment(0) | 感想など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。