2021年08月31日

【ドラマ】 ウルトラマン 「故郷は地球」 イデ隊員から教わったこと



ウルトラマン」というお話が好きな理由の半分以上は、
イデ隊員でできていることをいつか文字にしようと思いながらものぐさしていたら、
二瓶正也(にへいまさなり)氏がお亡くなりになりました(悔)。

ご冥福をお祈りいたします。(2021年8月21日逝去)

イデ隊員は、
コミックリリーフ要員だけど、
面白いだけでなく、
スマートでクレバーで、繊細な面も併せ持っている。

一言でいうと、
「故郷は地球」(脚本・佐々木守、監督・実相寺昭雄、特技監督・高野宏一)などのお話で、

イデ隊員から、

「正義や真実は一面的ではない」

ことを教わりました。


「ウルトラマン」は舞台設定が1990年代前半だとして、
(ジャミラの生没年が1960-1993)、

2021年に60歳くらいになったイデ隊員は、
テレビを観ながら、
「犠牲者はいつもこうだ。文句だけは美しいけれど」
などと呟いていたのか、どうか。


つまり、ウルトラマンを観た子供たちは、

イデ隊員とは同世代で、

2021年の今、何を感じ、何を考える?



(「故郷は地球」のラストシーンのロケ地は国立代々木競技場?)


■ジャミラの墓碑銘


















ウルトラマン 第34話 空の贈り物 の感想

 http://inatt.tokyo/article/398821761.html





私が「ウルトラマン」が好きなところ ( 書きかけ )

モダン(モダニズム)な近未来表現

・大人になる未来が楽しみになる、健全に進歩していく技術、社会

・装飾的でなく、シンプル。雑然としたものを排除

・直線的でコンクリートな建築物

・流線形の飛行機




posted by inatt at 12:01| Comment(0) | 感想など・TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。