2021年12月23日

【ドラマ】 カムカムエヴリバディ 2021年 ( A family story that spans 100 years Come Come Everybody - Since 1925- ) (書きかけ)



2021年下期の朝ドラ





【各回の感想】

■EPISPDE001 第1週「1925-1939」

「あかにし」の店に「損得にこだわる餘り儲け減る」の張り紙

「安子へ
 ちょっと早ええけど
 クリスマスとやらの
 おくり物じゃあ。

 おぢいちゃんより」

 最初から、京都らしい話しぶりの清子さん


■EPISPDE007



稔が軍人に宴席で挨拶するなども含めて安子の運命の方向性が切り替わったことが描かれていたのですね。


■EPISPDE010

橘家の庭に咲く紫陽花の花


■EPISPDE011 第3週「1942-1943」

週の始めの回のアバンタイトル、

・「わしゃあ吉右衛門にひもじい思いさせとうねえんじゃ」
という父の思い。
・足袋はともかく、学生服の布地の支給は承認してもらえないので軍服を作るしかない
・学生なら軍服を着せられんで済むもんね
・杵太郎のご愛用の足袋
・母が作る赤いチョッキ

あとから観返すと、
ひとつひとつの台詞・シーンに詰め込まれた意味の濃密なこと。


■EPISPDE013

冒頭、庭の紫陽花を切り花にする小しず母さん。

ラジオが伝える偽の戦果。


■EPISPDE015

「稔さん、意地悪せんでください」


■EPISPDE017


影が滲むように色が変わっていく紫陽花、黒く光る旭川


岡山大空襲は、1945年6月29日だそうです。


■EPISPDE019

復興し始める商店街の遠くに焼けたあかにしの看板が見えるけど、
赤螺家がどうなったのか何も触れられない。



算太の言い様はなんか変だなと感じていて、
あっと気づいたのです。
そしたら、
身体の中から強い衝撃が膨れ上がってきて、
耐えられず、
机をばんばん叩いて、
物理的に外に出すことしかできなかったのです。

恐ろしいドラマ鑑賞体験でした。





■EPISPDE020

「稔さん...意地悪せんで...帰ってきて、稔さん」


■EPISPDE022



■EPISPDE024

パーマネント
ラジオ受信機
甲子園
自転車
「たちばな」の幟


■EPISPDE038

安子は、

稔に、「意地悪せんで」と
ロバートに、「アメリカに連れていって」と

と頼む人でした。

娘と孫はどのような人物として描かれるのか。


ーー



脚本に「安子の中で何かが壊れた」という記述があったと聞きました。
どうすればよかったか、正解を述べているツイート・笑。


■EPISPDE039



巧みな第2部第1回でした。

安子の物語を土台に、
描かなかった10年分の時間を
なにげない描写で観る人に豊かに想像させる。

英語の代わりにキャッチボールを教え、
るいの相手をしてきた勇。
かつて安子とるいを逃がした彼は
るいが出ていくといっても引き止めない

おせんべいを手で割ってから口に運ぶ、
るいの育ちのよさ。

岡山ではおせんべいのかけらをこぼしても
拭いてくれる人はいなかったのかもしれない。

連続テレビ小説第1作「娘と私」最終回放送は1962年3月30日だそうです。

ミュージカルシーンは
るいのわくわくした気持ちの表現だけでなく、
鬱展開に終わった前回の雰囲気を変える意味、
観ている私たちの気持ちを切り替えさせる
意味があったと思います。

名前が重要な 藤本有紀脚本で、
(タミさんだって苗字があるのに−村野タミ)
苗字が示されない雪衣には、
隠された物語があるのかも思っていたのですが。



■EPISPDE041

あわれの・こわもての田中さんは、
主人公の進路に
ちょっとした分岐点を造りに現れる。
さて今回は。


■EPISPDE042

第9週の次週予告は、
シーンや台詞をばらばらに並べ直して、
全然別のお話のように見せていましたね。


■EPISPDE047

地蔵盆のお知らせの横には、

朝のラジオ体操に関するお知らせも貼ってありました。


■EPISPDE055







【呟きの記録】

・語り



語りで、かつ、登場人物と関わりがあることを予想。

三代目ヒロインの息子とか。

あるいは、安子が語る過ぎ越してきた昔話を聞いた人。(20211205追記)

ロバートの息子か孫だな(20211218追記)



・公式Twitterの慧眼



超ロングパスがよくでてくる藤本有紀脚本では、
制作に関連する方たちは、
どのお仕事の担当の方も
先を見て準備することが大変だろうなと思いながら、
プロフェッショナルなお仕事ぶりに
感嘆することも多いと思うなど。

・トンボ学生服の歴史

  https://www.tombow.gr.jp/corporate/enkaku/

・濱田マリさん








本ドラマと同じく、
ラジオ放送開始から始まる、
藤本有紀脚本のドラマ
「名探偵 赤富士鷹」 第一夜「ABC殺人事件」
  http://inatt.tokyo/article/398821379.html?1637683953




posted by inatt at 22:28| Comment(0) | ・感想など・TVドラマ・NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。