2020年08月21日

20200809 【TV】 NHKスペシャル 「渡辺恒雄 戦争と政治〜戦後日本の自画像〜」 (「戦争体験」と実利主義 )



NHKスペシャル、考えさせられるところの多い番組でした。


「戦争体験」を根っこに持った実利主義

それって、おしんの戦後の行動理念・笑
 (おしんは1983年にそれに行き詰まり旅に出る)


保阪正康
プラグマティックにならなきゃいけないっていうのが、あの戦争から学んだ最大の教訓ですよ。
実は、中曽根さんや渡辺さんたちは(それを)やってるんだね。
支えているものは何かといったら、彼らが共通してもっている「戦争体験」なんだと。
渡辺さんが象徴していたもの(「戦争体験の共有」)がいま終わりつつある。

御厨貴
政治の議論というのは基盤になるところが広くないとだめなんですよ。
だけど今それがどんどんなくなって、政治家にもない、官僚にもない、というところで、
何となくの行き詰まり現象が起きているんだと。
日本はこれからものを語っていく上で大変ですよ。
戦争に変わるものとして何を、皆が知っている(ものを)ね、
議論の中において、議論をやっていくのか、
それがもう、共通のベースがないもの。

現状およびこれからの問題点について、
なるほどと思うところがありました。
一方、
実利的に有能であることには、
岸も渡辺も違いはなく、

渡辺恒雄は、もう10年15年早く生まれていれば、
戦前にあって、結局、その時の権力者の誰かとくっついていたのではないか、
と私は思ってしまいました。

戦後の政治家の金のやりとりをただ見ていたように、
戦前の軍人や政治家のやることを黙過したのではないか。

日本共産党の入党経験ですら、
実利的にためになったと総括しているくらいだ。
主義・思想は関係ない。

だから、大事なことは、
実利先行的な考え方や「戦争体験」のような共通のベースとは異なる何かのような気がする。
「戦争体験」を軽視するわけではないが、
今の状況を、終戦から75年、「戦争体験」共有の喪失が問題ととらえても、
同じく、たとえば、
戦前の状況を、「明治維新から終戦まで77年、維新時の危機感を忘れ、日露戦争などの成功に驕ったことが問題だった」と言っても、
今後の道標にはならない気がする。


実利選好一辺倒ではいけない、ということが戦後の振り返りなのではないか。
(たとえば、統合型リゾートとか、
よそで儲かっているものを持ち込むことばかりになるなど)
そのような意見は、たとえば、「おしん」とか、
もう1980年代には提示されていたことかもしれない。

あるいは、
戦前、戦後に共通するもの、
岸と渡辺に共通するもの、
こそ、批評の対象にすべきものかもしれない。

現在は、
(戦前は、欧州状況を見ながら極東を考えるというようなことだったことが、)
グローバリズムのなかで、
世界は一体となっていて、
自分の国だけ、
仙人のように生きていくこともできず、
実利を考えないことはありえず、

それに付け加えるものは何か、

ということが論点なのかもしれない。


https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2020108752SA000/






著名な記者が3人登場する。
渡辺恒雄だけでなく、西山太吉も出てきたので、
戦前、戦後のジャーナリズムを題材にしたNHKスペシャルも観てみたい。

・政治家の金のやりとりを目の当たりにしながら、記事にしなかった人

・国家機密を倫理的に疑問な方法で入手し、特定の政党に情報を流した人

戦前戦中のジャーナリストの体験を明らかにすることは、

重要な記録、振り返りだと思うのですが。


posted by inatt at 11:39| Comment(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

20191128 【TV】 クローズアップ現代 「大林宣彦監督 生きる覚悟」

 
2020年4月19日にNHKで放送された、
「大林宣彦監督をしのんで」という番組で、
2019年11月28日に放送されたクローズアップ現代を観ました。


表現で過去は変えられないが、
未来を変える力はあるんじゃないか。
変えてごらんよ、
変えてみせようよ、
人間である俺たちを、
な、
それが生きてるってことだよ


ーーーーーーーー

【大林宣彦監督映画の感想】
http://inatt.tokyo/article/462052806.html



posted by inatt at 23:53| Comment(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

【TV】 あの人に会いたい 森繫久彌 (1913〜2009) (の妻) NHK映像ファイル #307

 
敗戦で満州から引き揚げる際、


何を持ってるのか、
女房の背中にね、
変なものがついてるなと思ったらね、
紙芝居の、道具の枠を持ってんですね、
それで、
もうともかくみんなものを言わないですからね、
で、子供は可哀想でしょ、
そしたら、
そこで女房が紙芝居やるんですよ、
汽車の中で、
無蓋貨車の中でね。



(森繁杏子
 萬寿子
 萬壽子夫人)



posted by inatt at 08:44| Comment(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

【TV】 NHKスペシャル 全貌 ニ・ニ六事件〜最高機密文書で迫る〜

 
二・二六事件といえば、
結果論的には、
後の日本に良いことをもたらしたとは言えない出来事と
認識していますが、


この番組で興味深かったことは、


決起部隊の、
・一日も早く悪い者を殺す
・国民の腹の底にある考えを吾々が実行したのだ
・上御一人(かみごいちにん)をして御安神遊ばさるよう、
 国家皆様も安心して生活することが出来る様に
 出動したものである
との訴えに、
集まった群衆が、
・是れから尚国賊をやって仕舞え
・腰を折るな確かりやれやれ
・妥協するな
・諸君の今回の働きは国民は感謝して居る


と言ったという記録。


大きな出来事には、
それを起こした人だけでなく、
為政者だけでなく、


人々ひとりひとりの気分や意見が
確かに繋がっているものなのだと思いました。

https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2019100082SC000/




posted by inatt at 12:03| Comment(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

20181208 【TV】 NHKスペシャル「ロストフの14秒 日本vs.ベルギー 知られざる物語」

 
数々の証言、解説のあとで、
ロストフの14秒が実況音声だけで示されると、
そこで起こったことが鮮明にイメージできた。

本田が蹴る、
クルトワ出ました、
さあカウンター、スピードがあがる、
デブルイネのスピードがあがる、
デブルイネについていきたい、
あーフリーの選手がひとりいる、
長友がそこについている、
ルカク、スルーして、シュートー!

鳥海貴樹アナウンサーの実況も素晴らしいものであったことを実感。
 ( NHK、日本対ベルギー戦前に実況を“勝利を呼ぶ男”鳥海アナに変更していた
   https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180704-OHT1T50089.html )


・2点リードした後の戦術修正を指示できなかった西野朗監督
・試合の流れを変えた長谷部誠のパスミス
・ポーランド戦最後の時間稼ぎのパス回しの影響
・研究されていた本田のキックコース
・カウンターに走り出したデブルイネに気づいていたクルトワ
・切り替えが遅れた吉田麻也
・意図した緩急で山口蛍をかわしたデブルイネのドリブル
・山口は足元に飛び込んでファウルするしかないというイビチャオシム
  だが、
  「故意のファウルは日本人らしくない」
  「望ましい結果が得られなくても、それが日本人なのだ」
・仲間が戻ってくることを信じてマークを切り替えた長友
・ルカクを追い、シュートコースを塞いだ長谷部
 「いちばん大事な場所にいてくれるというのは長谷部さんだったからこそ」
・スルーに反応して伸ばした長谷部の右足はボールに微かに触れた
・シャドリに向けたスライディングが届かなかった昌子源が見たロストフの空
・酒井宏樹「現場で残した後悔は現場で解決したい」


ーーーーーーーーーーー


オシムが言うファウルで思い出しました。
2011年女子ワールドカップ決勝での
なでしこ岩清水梓選手がレッドカードを受けたスライディング。
あれは澤のゴールに引けを取らない伝説のプレーですね。

( 岩清水選手の証言
  「レッドカードは想定していませんでした。
   しかし、スピードもあり、シュート技術も高い選手ので、
   ペナルティーエリアに入られたら確実に得点される。
   だから、ペナルティーエリアに入る前に、
   確実に止めなければならないと思っていました。
   その為、ボールに対し深〜〜いタックルを行い、
   ボールに触れず、相手を倒したので
   レッドカードになりました」
  http://blog.tiasusana.ciao.jp/?eid=1112427 )



posted by inatt at 16:41| Comment(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

20181007 【TV】 目撃!にっぽん「それでも僕は映画を撮る〜監督・大林宣彦 80歳の決意〜」


NHK総合で放送されていたのを観ました。

大林宣彦監督の新作映画「海辺の映画館−キネマの玉手箱」の撮影風景。

かつて、「転校生-さよなら あなた-」で、
「物語の命は永遠」と語った、
大林監督が、
クランクアップ時に、
映画の俳優・スタッフたちに、
「君たちは俺の未来だから、がんばれよ」
と話したことが、
非常に興味深いことでした。 

厚木拓郎氏が
「音楽とかダンスで観客をもうとにかく楽しくさせる」
「監督へのリスペクトをしっかり出せるように」
と言ったことが引っかかったのですが、

「監督への」とは、テロップの表示で、
実際は、
「〇〇の監督のリスペクトをしっかり出せるように」と
言ったのかなとも思いました。

何の証拠もありませんが、

ミュージカルシーンとは音楽とかダンスで観客をもうとにかく楽しくさせる(もの)、
そんな映画(へ)の監督のリスペクトをもうしっかり出せるように、

と言ったのではないかと思いました。



ーーーー

20170902 【TV】 青春は戦争の消耗品ではない 映画作家 大林宣彦の遺言
 http://inatt.tokyo/article/453187435.html


今までの大林監督のエントリー

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A4%A7%E6%9E%97+site%3Ainatt.tokyo&rlz=1C1EJFA_enJP727JP727&oq=%E5%A4%A7%E6%9E%97%E3%80%80site%3Ainatt.tokyo&aqs=chrome..69i57.11813j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8






posted by inatt at 08:28| Comment(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

20171031 【TV】 サラメシ シーズン7 第20回 ホスピスのリクエスト食

 
淀川キリスト教病院、金曜日の午後、
病院食の調理師がホスピス緩和ケア病棟へ。
管理栄養士とともに病室を回り希望を訊く。
土曜日の夕食は本人が食べたいものを
なんでも提供するリクエスト食。

2人の調理師がこれに専念する。
作っている途中で、欠食になることがある。
「切ないこともようけあるんですけど」

凝って美しく盛り付けられたサンマのお造り、
お子様ランチ、
鍋焼きうどん、すき焼き、ビーフカツ、
たこ焼き...
リンゴ飴だって作ったことがある。
14人におよそ30品を作った。

病棟の入口で膳が下げられるのを待つ。
看護婦さんたちがそれぞれの状況を伝える、
「完食です、めずらしく」
「きれいに完食で。よろこんでました」
調理師の顔がほころぶ。

お造りが見た目にはほとんで手付かずで戻ってきた。
「ふだんの3倍くらい召し上がって頂けたみたいです」
「来週もちょっと減らし目でお刺身頼むかなって」
ほっとしながらも唇を少し嚙み、
複雑な表情の調理師。

リクエストされた料理の名前を打ち込んでいると、
胸に何かこみ上げてくるものを感じました。

お造り、
すき焼き、
ビーフカツ、
鍋焼きうどん、
たこ焼き、
リンゴ飴…



 
posted by inatt at 17:52| Comment(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

20161113 【TV】 NHKスペシャル 「終わらない人 宮崎駿」  業の深い人、悪魔的な人

 
「後継者を育てたよ」
「育ててやらせると結局食べちゃうことになるんですよ」
「その人たちの才能を食べちゃう」
画面には際限なく周りのものを食べるカオナシ
「コイツにやらせてみたいっていう人間はもう一人もいなくなった」
「スタジオは人を食べていくんですよ」

CGで短編を作ることを勧める鈴木プロデューサー
( CGクリエイターのプレゼン時に川上量生氏も出席していました )

CGディレクターの櫻木優平氏の参加
最初、「作り出したら早そうな気がする」と言っていたが。

宮崎氏は、「去年より100倍元気ですよ」と言われる。
でも、CGの仕上がりに納得できない。

鈴木プロデューサー
「自分の神通力が通用しない。
 本当の引退?
 ただ、そこでの七転八倒でしょ」

最初のシーンにアイデアを足し、
CGに触発されて、カットを手書きで書きだす。

引退したはずなのに、
今作るなら、何を作るのか、なんて言い出す。

そして、ドワンゴ会長川上量生氏がプレゼンする、
AIが作ったゾンビの映像を見て、
「極めて不愉快」
「地球最後の日が近いって感じがするね」
「人間のほうが自信がなくなっているからだよ」
と語り、
ついに長編企画を持ち出す。
( 「手描きでやる」と書いてある・笑 )

そして
「鈴木さんがどういう錬金術使ってもいいですから、
 この映画作れるだけの金かき集めてください」
という。

人のゾンビ映像を批判するいっぽうで、
自分の描きたいもののために、
何してもいいから金を作ってくれという。

なんてことだ、
あなたが一番、業が深い!

「何もやってないで死ぬより、
 やっている最中に死んだほうがまだましだね、
 死んではならないと思いながら死ぬほうが。」

しかし、
宮崎映画の色彩設計を担った保田道世氏が亡くなる。

後継者はいない、
仲間たちは先にこの世から去っていく、
それでも
長編映画を作ろうとするのだろうか。

それにしても、
引退した映画監督に、
ドキュメンタリーのカメラを入れ、
CG制作に触れさせ、
人工知能が作った映像を見せ、
業の深い人の新たな業を引き出す、
すべては、
鈴木敏夫プロデューサーの掌の上のことであるなら、
こんなに悪魔的なことはない。

(荒川格ディレクター)



posted by inatt at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

20161015 【TV】 あの人に会いたい 作詞家 藤田まさと (1908〜1982) NHK映像ファイル #484


100万人の歌を書いても
ひとりの人は泣いてくれない
ただ
その中の100万分の1である
ひとりの個人の
悲しみ喜びを書けば
100万人の人が
泣き、喜んでくれる
  
  
posted by inatt at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

20141110 【TV】 サラメシ さし飯 in 田んぼ



私は、この番組の内容に大変驚きました。
私は、農業について偉そうに語る立場にはないけれど、
直感的に、
これでいいのか、と
正常でない何かを感じてしまいました。


お米を作っているみなさんは、
どんなランチを食べているんだろうという取材から。


■新潟南魚沼の9月下旬、稲刈りの日

(何人かに取材を断られた描写もあり)

6件の農家が共同で、機械で稲刈りから脱穀まで済ませ、
JAのカントリーエレベーターと呼ばれる貯蔵施設まで運び、
乾燥機にかける。

軽トラックに積んで、1日10往復。
貯蔵施設では、軽トラックが何十台も列をなす


・私たちのランチはスーパーのお弁当なんです、田んぼのへりで
 全部で12人分。
 ありふれた、ホイコーロー弁当、シャケ弁当、カツ丼弁当

・圧倒的に兼業。専業は1割もない
 機械化が進むから、土日あれば十分なんですよ。

 語るのは、兼業農家志太さん66歳
 趣味はバイクツーリング

・このようにみんなで作業するのは、
 田植えと稲刈り、年2回。

・機械は高額で1年に1日2日しか使わないから
 みんなで共同で借りるなり買うなりして、
 3〜4日で共同で刈る。

・軽トラよりひとまわり大きいようなコンバインが
 だいたい1千万円
 このコンバインを操縦しているのは、ひとり。
 全部の田んぼを関さんひとりで刈る。
 ( 関さんが、コンバインを操縦している様子が
   遠くから撮影されるだけで、
   関さん自体は、この取材に登場しない )
 この人は休憩をとらないで、コンバインを稼働しつづける。
 機械になれてないと機械がこわれやすい。
 だからオペレーターを決めて、その人が専門にやるほうが
 機械が壊れない。

・(みなさんその間なにをやっているんですか)
 こうやって休んでる
 楽しい農業をしてるんだよ
 本当は3人ぐらいいればいいんだよね。
 でもこうやって10人いたほうが
 楽しいじゃないですか、農業が。
 農業はね、つらくて暗い見通ししかないけど
 米の値段も下がるしさ、
 なんだっけ、ほらTPPだっけ?
 でも、いつも暗い顔ばっかしてたって
 しょうがないもんな
 米を食べて元気よく楽しくね
 (食べているのは、
  魚沼じゃなく新潟市のコシヒカリかもしれないスーパーの弁当)
 少しばかりもうからなくてもいいや、
 兼業だから言えるよね。
  
■山口県長門の棚田

80歳の永松さん
歩行型のバインダーを操り稲刈り
正月用の自家用のマンゲツモチ
稲架掛けで乾かす
「手間暇があればこちらがいい、らしい」

ふだんは妻とふたり、ごはんとお漬物だけど、
いつものごはんでなく、
娘にお弁当を買ってこさせた。

「新米がおいしいとは限らん
「昔の羽釜で炊いたごはんはおいしいよな
「今どこでも後継者がおらん
「もう5年したら田んぼは光らんじゃろう
( 田んぼは光るものなんですね )

取材者「今日、経験させていただいて、
 お米を大切にしようって思いました
永松さん「今大切や言うてもな、
 明日はどっちの風が吹くかや(穏やかに笑う)」



  
お米を作る人たちのお昼ごはんは、
都会のオフィスの人たちがコンビニで買って
お昼に食べているのと同じ、
プラスチックの容器のお弁当でした。

おそらく取材する側もあらかじめ期待していたのとは、
違うものを見たのではないでしょうか。

そして期せずして、
私のようなものが、少し農業について考えさせられる、
映像を見ることができた。




20201027記

20201020放送のサラメシ(おにぎりがテーマ)で、
さし飯in田んぼが再編集されて、とりあげられていました。

TPPについての発言などが、
編集されて、なくなっていました。

私の興味は、

2014年放送時に感じた違和感が、
2020年の今、どうなっているのかにありますが、

TPPとか、今の状況と異なる部分のみ削除して、
6年前の素材をそのままに使用しているところに不満を覚えました。

長門の棚田の永松さんは、今どうしていらっしゃるんだろう。

6年前の映像をほとんどそのままに放送したのだから、

永松さんは今も変わらず稲作をされているのだろうと、想像しました。





posted by inatt at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする