2008年11月24日

20081123 【TV】 病の起源 第6集「アレルギー〜2億年目の免疫異変〜」

 
私は、平成4〜5年頃まで、
花粉症というものの存在を知らず、
いつ頃から生まれたものなのか、
興味がありました。


昭和32年2月、
日光で杉の伐採製材に従事していた渡邉武雄さん(当時24歳)は、
突然花粉症の症状に見舞われたという。

しかし、その原因は当時の医者には分からなかった。

昭和38年1月、斎藤洋三医師は、
イギリスで夏に大発生するヘイ・フィーバーに着目した。
ヘイ・フィーバーは、牧草の花粉により起こる花粉症であり、
日光で発生した症状は、
スギ花粉が原因であることが判明したとのこと。
  

ーーーーー

アレルギー体質は、幼児期に決まり、
ある程度不衛生で、
エンドトキシン(細菌の死などによって細胞壁が壊れることで放出される、
細胞内毒素)の量が多い環境で育つと花粉症は発症しにくいとのこと。




posted by inatt at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

20081005 【TV】 病の起源 第3集「腰痛〜それは二足歩行の宿命か?〜」

 
NHKの番組。
大変面白かったです。

腰痛は二足歩行の宿命ではなく、
むしろ、歩くことは椎間板に良い。

農耕などを始めて自然でない姿勢をするようになって、
腰の病が発生した。

また、
ストレスが腰の痛みの原因となっていることがあり、

歩くことがそのストレスも含めて、
腰の痛みを和らげる治療となることがある。



posted by inatt at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

20081004 【TV】 あの人に会いたい 作家 埴谷雄高 (1910〜1997) NHK映像ファイル#191 精神のリレー

 
埴谷雄高(はにや ゆたか)が言う。

「精神のリレーはですね、
 死んだ人のリレーを
 僕はやっているわけですよ、あなた
 仲間なんですよ、あなた
 人類は全部精神によって、
 僕がギリシャの哲学者のものを
 読んでわかるっていうことは
 全部友達なんですよ、あなた
 ギリシャの哲学者も全部。
 僕の先輩であるとともに
 僕の友達なんですよ、あなた
 その精神とか、共有して、リレーして、
 それをまたつなげなきゃ、誰かに、僕は

「ただぼくはね、
 ( 「死霊」を完成させることが )
 できなくてもいいわけなんですよ
 そういう志を立てるっていう人が
 必要だというわけなんですよ、僕の場合は。
 そういう志を立てたら
 誰かが気がついて
 300年後だか知らないが
 前にこんなやつがいた
 おれも同じことをやってみようと思うやつが
 出ないとも限らないですよ
 そういうやつは、
 ちょうどドストエフスキーに
 僕は感心して、やったら、
 ドストエフスキーは19世紀だったけれども
 僕は20世紀だから
 戦争と革命を経ちゃって
 新しい天文学、宇宙論が出たから
 新しい存在論をやれたわけだ。
 だから僕から300年後に
 僕を偶然発見したやつは、
 もっと僕より新しい所から
 出発できるわけですよ。
 古書店の隅に何か黒い本があると、
 それを読んだ人が
 「こいつばかだなあ
  おれならもっとうまくやれる」
 と思う人が必ずいるかもしれない、
 その時代には。
 そういう人に巡り合ってほしいわけですよ、
 僕の本は。


最後に、ナレーションが語ります。

「「死霊」は、平成9年、
 埴谷の死とともに未完に終わりました。
 書物の中に残された埴谷の魂は、
 精神のリレーを待っています。


私は、埴谷雄高を読んだことがありませんが、
それなら、と、
このエントリーを書こうと思いました。
  
 
posted by inatt at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

6/23 【TV】英語でしゃべらナイト

 
八嶋智人(やしまのりと)氏の
ジョージルーカスへのインタビューに少し感動しました。
posted by inatt at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

20080524 【TV】 土曜スタジオパーク ( ネオ山工業大学柔道部口上 )

 
NHKの番組。

サラリーマンネオシーズン3の宣伝で、
中田有紀さんと山西惇さんが出演していました。

以下の台詞をメモることができたのが収穫。(笑)

ネオ山工業大学柔道部口上

古き名門の乙女に恋するが純情の恋であり
酒は飲むべしこれ人生百薬の長
さあいざ歌わん我らの歌を

ーーー

今までのサラリーマンNEOの記事は、
右上の検索ボックスから、
サラリーマンで検索してください。



posted by inatt at 15:45| Comment(0) | TrackBack(1) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

20080426 【TV】 ドキュメントにっぽんの現場 旅する折り紙

 
NHKの番組。

折紙を使ったネットの遊び。(トトロのいらん旅)
そういうものがあることを知りませんでした。

結構、心温まるお話でしたが、
少し、変形なコミュニケーションだなあとも思いました。

確かに心温まる繋がりだと思いますけど、
実際のところ、
それぞれは、携帯を抱えて、ひとりきりで佇んでいる。

それは、「彼ら」だけでなく、
番組を観る「我々」も同じこと。
だからこそ、この番組に見入ってしまったのでしょう。

そのあたり、特に意見を表明するのではなく、
淡々と描きながらも、
それでも、最後に入れた鈴の音のSEなど、
単なるドキュメントでもない、
なかなか優れた番組だと思いました。
  
  
(2008年5月1日深夜NHK総合で再放送されます)
(2008年6月12日深夜NHK総合で再放送されます)

ーーーーーーーーーーーーー

20160213記

ガラ携で、mixiをする時代の話。
久しぶりにmixiに行って、
今でも続いていることを確認しました。
  
 
 
  
  
posted by inatt at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

4/13 【TV】 病の起源 睡眠時無呼吸症 石器が生んだ病

 
NHKスペシャル

睡眠時無呼吸症候群の話からはじまって、
何故人間は言葉をしゃべることができるのかまでたどりつく。

そしてこの病は、
言葉を使って進歩してきた人間にとって宿命であるという。


そんな、想像もしなかった驚きの展開が刺激的でした。
posted by inatt at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

20080408 【TV】 SONGSスペシャル 竹内まりや 30th Anniversary

 
NHKの音楽番組のスペシャル。

かねてから、
竹内まりや「元気を出して」について記事を書きたいと思っています。
それを歌うことの難しさについて。


この番組内でも、
コブクロの小渕健太郎が、
「『涙など〜』の『な』を歌っただけで空気が変わる」と
コメントしていましたが、
それを実際の映像で見せて納得させることが物凄いことですねえ。
  
  
( 前回出演時の記事
   http://inatt.seesaa.net/article/398821876.html )
  
  
幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)
竹内まりや

B0015DMNME

関連商品
ずっと一緒さ
チャンスの前髪/人生の扉
ナイアガラ・カレンダー 30th Anniversary Edition
Souvenir〜Live
Yes Forever(初回生産限定盤)

 
Souvenir〜Live
竹内まりや 山下達郎 松本隆

Souvenir〜Live
Bon Appetit! VARIETY REQUEST Longtime Favorites Portrait

  
  
posted by inatt at 17:06| Comment(0) | TrackBack(1) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

2/25 【TV】 英語でしゃべらナイト

 
驚くべき会話がありました。

松本道弘氏がパックンに向かって、

「英語がうまいわ」
「どこで英語を学んだの?
「flawlessでimpeccableだ
「普通はここまで日本にいて日本語がうまくなると、
 英語のリズムを失っちゃうの
「どこで英語を勉強したの?

パックン「駅前!

ここまでなら、シュールなジョークのような会話ですが、

パックンが、実は...と、

この番組のために毎日英語を練習していると!
I do shadowing!


松本氏が周りが思わず絶句するような一見変な質問をしなければ、
判明しなかった事実。

人間、努力しなきゃいけませんねえ。
posted by inatt at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20080225 【TV】 スタジオパークからこんにちは 加藤虎ノ介

 
「ちりとてちん」の徒然亭四草役、加藤虎ノ介が出演していました。

以前、土曜スタジオパークに出演した際、
こういう番組への出演に全然慣れていないのだと感じていましたが、

もう、滅多に出会えない、
幸せなシチュエーションを観させてもらいました。

「目から、涎が...」

 
本人の人柄、ドラマに関わった人たち、この番組のスタッフ、
すべてが噛み合って、
極上の雰囲気が作られていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

20161104

このときにツイッターがあったら、



  
同感です・笑
  
ーーーーーー

後になって、
第140回のとあるシーンが生番組で再現されている、
と思いました。

ちりとてちんの感想
 http://inatt.seesaa.net/article/398822366.html
  
  

  
posted by inatt at 15:41| Comment(0) | ・感想など・TV・NHK総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする