2020年10月10日

【テレビ】 タモリ倶楽部 FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE

 
タモリ倶楽部って、毎週毎週、題材が面白くって、
よくもみつけてくるなあ、と感心しています。

一番好きなバラエティ番組はタモリクラブ、って言うと、
下ネタも多いし、
人によっては、
問題発言ということか、
ちょっと引かれることがある。
でも、本気でそう言ってます・笑。


20160603放送 メンマの由来

メンマ(麺麻・麺碼)とは、麺にのせる麻竹(まちくという竹の種類)を
乳酸発酵させたものだから、
日本の輸入元だった丸松物産社長松村秋水氏が名付けた、

という説が紹介されてました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%9E
  
 
  
 
20170915放送 地下鉄路線図(都営版)

2000年に都営大江戸線開業の際に大幅にリニューアルされた路線図
これはフリーデザイナー大西幹治さんがてがけた。
・大江戸線を楕円に
・駅名を白枠に入れる
・枠で乗換可能を表現
・丸の内線の赤色は、イギリスの煙草ベンソンアンドヘッジスの缶の色
・東西線の水色は、たばこのハイライトのブルー
・新宿駅の真ん中に点線が入っているのは、
 大江戸線と丸ノ内線が乗換できないことを示している
地下鉄路線図都営201704.JPG




20170929放送 船底塗料

船の底が赤いのは、
塗られている船底塗料の色。

船底塗料の目的は、
フジツボなどの付着防止。

赤いのは、
生き物を寄せ付けないよう、
主成分に亜酸化銅が含まれているから。


20180921放送

クリーニング屋さんに〇〇舎という名前が多いのは、
明治40年に日本で初めてドライクリーニングを導入、
全国に展開した最大手の白洋舎に倣っているから。
白洋舎は、創業者五十嵐健治が、
明治39年操業時に会社組織でなかったので、
社でなく、小屋の意味の舎をつけた。

ところが、白洋舎の「しゃ」は、
正式には、
白洋で旧字体を用いている。
ドライクリーニングとは、石油などが原料の有機溶剤を使用した洗濯方法

20181116放送

空耳アワー

在庫8万枚 を誇る、
1981年創業、神保町のCDレンタルショップ「ジャニス本店」が2018年11月に閉店とのこと。
音源確認のために、25年以上毎回80枚~100枚を借り続けていた。


20200515放送

中学入試に出る、鉄道問題に挑戦。

開成中学校、2005年の入試問題。

上野御徒町駅で大江戸線に乗るときに、
都庁前駅に行くためには、1番線、2番線どちらに乗るか。(三択)

答え どちらに乗ってもよい。

このような首都圏に住んでいない小学生には無理筋と思われる出題は、
腕試しで受け、合格しても入学手続きをしない、
例えば関西の子供を落とすためのご当地問題であると、
森上教育研究所の早川明夫先生が解説していました。

なるほど。

20200710放送 みうらじゅんの絶対くるブーム

法枠工(のりわくこう)をワッフルと言い張るみうら。
( 法面・のりめん=斜面 )

「あおのりのせたりするからワッフルというんですか?」
というみうらのボケに、
「そういうことですね」
とのっかる堀本興行(和歌山県)の社長・笑
「社長はやっぱりワッフルとか好きですね」に、
「ワッフル好きが嵩じてのりわくですね」
あくまでものっかっていく社長・笑。

https://www.google.com/search?q=%E6%B3%95%E6%9E%A0%E5%B7%A5&sxsrf=ALeKk00i4eIiWUmorN-fGKIqhjZvlqg9Dw:1594419368211&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwimq8KA28PqAhUjw4sBHVHmCV0Q_AUoAXoECAwQAw&biw=960&bih=936

20201009放送 異業種テイクアウトカレー相談室






posted by inatt at 11:52| Comment(0) | 感想など・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

20200112 【将棋】 将棋フォーカス 永瀬拓矢「 2万時間あればかなり良いところまで行く」

 
永瀬拓矢2冠へのインタビュー


どれくらい勉強すればトップになれる?という質問に、


「2万時間あればかなり良いところまで行く」
「6年間毎日10時間をやれば、まあ、
ある程度いいところまでいくんじゃないか」

1日10時間で、年間3000時間、
6年くらいで、2万時間は大概いく、
とのこと・笑

1日10時間で、年間3600時間と言ってないから、
有難いことに、
週1日休むことは認めているようだ・笑
いや、
週1日は対局で勉強できないだけで、
365日全部将棋なのかも・怖

この回答で分かることは、
自分がどれくらいの時間を割き、
どれくらい成果があったか、
自己評価して、把握している、ということ。

「最近、まあ具体的な数字で、分かってきたんですけど、
歳を重ねるにつれて」

漠然とした努力は努力でないのかも・笑


一番意識している棋士は、藤井聡太。

「まあ、大きなことは言えませんけども、
まあ、そうですね、
藤井聡太さんが今後必ず台頭してくると思うんですけど、
その藤井聡太さんと良い勝負をしたい。
藤井聡太さん、別格中の別格なので、
将棋を教われば、こちらが得ることばかりなんですね。
彼は絶対止まってくれませんので、
こちらも一生懸命走り続けなければいけない、
それはとても刺激になることではあるので、
それをプラスの材料に変えて
一生懸命走っていきたいなと思っています。」

タイトル2冠保持者が、
当の藤井氏と毎月研究会をしていて、
実際に頻繁に将棋を指している相手のことを
別格中の別格と評価していることも
相当な驚きですが、

この話で一番恐ろしいのは、
自分よりも、10歳年下の人を別格ととらえて
(精進の)刺激にすると言っており、
(67歳くらいまでやってみたいゲームを我慢するといっているので)
あと40年くらい今の努力を継続する気満々なんですね・笑

人間、努力しなければ始まらないと思いました。




202006243追記

20200623の第61期王位戦挑戦者決定戦で、藤井七段と対局し、
敗れた後のインタビューで、
(普段から指していて、実力は知っているが、)
指してみて、こちらが力負けしてしまったような気がします。
と発言しており、

・真剣勝負して初めて感じること
・もの凄い努力をしている人が力負けと語ること

など、二冠タイトルホルダーが飾らず語ったことが印象的でした。

この結果、
藤井聡太七段は、
棋聖戦と王位戦、挑戦者を決定する対局で
永瀬二冠に続けて勝利したことから、
ふたつのタイトル戦に同時に登場することが
大きく報道されましたが、
永瀬二冠も叡王戦を戦っている最中であり、
これに勝っていれば、
2つないし3つのタイトル戦に
同時に登場する可能性もあったわけで、
その成績が素晴らしいことは
間違いないのですが。

( あと、余計なお世話ですが、
  少し肥満気味に見えましたので、
  心技体あわせての観点から、
  身体の調整もされたら、
  もっと素晴らしいのではと愚考しました。 )



六段の頃






posted by inatt at 14:09| Comment(0) | 感想など・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

20170813 【TV】 小田和正 100年インタビュー完全版〜時は待ってくれない〜

 
20170320にBSプレミアムで初回放送された、
100年インタビュー 時は待ってくれない「アーティスト 小田和正」
の完全版と銘打った3時間の番組。

ひとりの人のインタビュー/過去映像で
3時間というのも破格なのではと思いました。

小田和正(の事務所?)自身が権利を持っていると思われる映像はじめ、
いろいろな素材がたくさん使われていて、
この番組はNHKが威信にかけて100年保存すると思うので、
・ヤマハライトミュージックコンテストでのジ・オフコースの音
・生まれ来る子供たちのための演奏時に使われた映像
・1980年のライブ映像
・1981年の武道館ライブ映像
・2本の映画
・青木功のキャディをしている姿
などのほんの一部ですが、
100年後も残ることが確かになったわけです。


母親が歌う唱歌、
実家の店のある商店街で流れていた歌謡曲、
野球部の練習中に守備位置で歌う。その場所で風を感じて聴こえたもの。
学校の帰り道に、鈴木康博とビートルズをハモって歌った。
などの、子供のころに触れていた音楽のエピソードが
学校の講堂やグラウンドなどの実際の風景もあいまって
印象深かったです。

歌詞に「風」が多いというのは、本人も認めているところですが、
その原風景のひとつが、
野球部の練習をしていた、学校のグラウンドにある、
ということを映像で示していました。


ーーーーーーーーーー

そのほか、覚書しておきたい、エピソードや言葉。

清水仁がシャウトする歌い方をアドバイスした

俺と同じ感覚を持っている人と繋がりたい

ああ、これで俺は(音楽を)やめるんだなと思ったのね
ヤスがいなくなって音楽ができるっていうイメージがなかったからね
これで終わりだ
武道館の10日間で終わっていくんだ

(オフコースの再結成・再結集について)
やんないほうがいいですよ
そんな時間が残ってない
やるなら、上にいかないと意味ない

楽したものは、信用できない

(音楽は国境を)基本的には越えないよね
その基本的じゃない何かが加味されたときに越えてく
ああ、なんかつながったなというとき、
遥かに越えていくね
  
ーーーーーーーーーーー

今までの小田和正に関する記事
http://inatt.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8F%AC%93c%98a%90%B3

今までのオフコースに関する記事
http://inatt.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83I%83t%83R%81%5B%83X

  
posted by inatt at 12:43| Comment(0) | 感想など・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

【TV】 球辞苑

  
NHKBS1の番組。
プロ野球を題材に、こんな狭い話題でと思いながら、1時間楽しめる。

私は、プロ野球や高校野球を観ながら育った世代ですが、
実は、今は、試合の中継にチャンネルをあわせないし、
スポーツニュースですら観ていません。

だから、最近登場してきた新鋭の選手を全然知らないのですが、
それでも、取り上げられる内容は、とても面白く感じるのです。

前に、ディープピープルという30分番組をNHKでやっていましたが、
実は、プロ野球限定で、1時間番組をいくつも作ることができるのでした。

かつて、なでしこジャパンの宮間あや選手が、女子サッカー人気について、
「これをブームではなく文化になっていけるように」と語ったが、
日本では、まさしく、野球は文化になっている、
ということをこの番組で感じました。

( ひとつのスポーツがその国の文化のひとつと感じられるまでに、
  1917年生まれの沢村栄治から1994年生まれの大谷翔平まで、
  とてつもなく長い年月が必要で、
  一選手がテーマにすることではないのかもしれません。 )

 
posted by inatt at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

20160625 【TV】 100年インタビュー「澤穂希」

 
最も、印象に残ったのは、澤選手のお母さんの言葉

サッカー少年団に娘を受け入れさせるのに、
「前例が無いならウチの子で新しい歴史を作ってください」

アメリカに単身向かう娘が頼りにした言葉、
「チャンスの波に乗りなさい」

それら、娘を思う母の言葉が、
澤穂希を日本女子サッカーの開拓者にしたんだと思いました。
  
  
posted by inatt at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

【TV】 ぼくらはマンガで強くなった「柔道・野村 “背負い”の秘密」【スポーツ・ラボ】

 
NHK BS1の番組
 http://www4.nhk.or.jp/P3215/x/2016-01-31/11/26376/2549134/

古賀稔彦が
1988年1月の正力国際学生柔道大会準決勝でやった
片手の背負い投げを、
小林まことが、
「柔道部物語」に描き、
それを中学生のときに読んだ、
野村忠宏は、
アトランタオリンピック(1996年)の3回戦で、
当時の世界チャンピオンオジェギンに対し、
残り15秒絶体絶命のタイミングで、
釣り手片手のみで技を出し、逆転勝利した。


  

柔道部物語 全7巻 完結コミックセット(講談社漫画文庫)
小林 まこと

柔道部物語 全7巻 完結コミックセット(講談社漫画文庫)
帯をギュッとね! 文庫全16巻 完結セット (小学館文庫) 小室宏二 柔道固技教本 〜寝技で勝ちたいすべての柔道家へ!〜 少年柔道 基本げいこ―道場で習うけいこ・技術のすべてがわかる! (ジュニアスポーツ) DVD付 心・技・体を強くする!  柔道 基本と練習メニュー (池田書店のスポーツ練習メニューシリーズ) 劇画・長谷川 伸シリーズ 瞼の母 (イブニングKC)
by G-Tools
  
 
posted by inatt at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

20140906 【TV】 本棚食堂

 
なんとか、再放送を観ることができました。

8月に2本放送して、ホームページもきちんと作ってあるのに、
「こちらの番組は終了しました」

NHKのお洒落で面白い新番組は、突然放送されるの法則。

もっと観たいと思わせるのに、
手間も時間もお金もかかっていそうだから、
次はいつ作られるのかもわからない法則。

のちにシリーズ化されることもあるけど、
最初のパイロット制作が
伝説的に面白い法則。

http://www4.nhk.or.jp/honshoku/ 


( NHKネットクラブのキーワードウオッチに
  ときどき助けられています。
  https://pid.nhk.or.jp/pid04/NoticeTop/Show.do
  再放送ウオッチも人気投票になると思うので、欠かせない・笑 )
 
20140922に22時30分から、「魚料理編」が再放送されるそうです。

20141215に本棚食堂「魚料理編」がBSで再放送されるそうです。

20150705に「ニンニク編」「魚編」が再放送されるそうです。

20150707 ホラー飯編から、新シリーズがはじまるそうです。

ーーーーーー

20150802

ホラー飯編〜憧れのグルメ漫画編を観ました。

期待以上に楽しめました。

ニンニク編や魚料理編では、
いろいろなお約束でできあがっている、
物語の構造を楽しみながらも、
料理を作り始めるまでのドラマ部分に、
料理を作るきっかけ作りのための添え物のような
弱さを感じましたが、

今シリーズでは、
登場人物それぞれに共感できるエピソードがある、
ドラマになっていました。

最初は、
梅ちゃんが他の人と食事をしないのは、
ドラマの中のお約束のためと捉えているのですけど、
回を重ねると、少しずつ不自然にも感じるところ、

ついに、今シリーズの最後、
真田が作った料理を梅ちゃんが食べました。

そういう連続ドラマらしい物語や人間関係の展開を観るところができて
とても満足しました。

10月に放送されるつづきのシリーズでは、
真田や山田が仕事のストレスからの逃避じゃなく、
周りの人たちのために食事を作るエピソードを
観てみたいと思いました。

料理にとって、
誰のために作る、何のために作る、
も大事な要素だと思いますので。

あと、好きになるドラマに共通した特徴として、
このドラマもBGMが好いです。
現実の日常の背景には音楽は流れていないのですが、
ドラマのなかで淡々とした日常を感じるには、
なぜが音楽が必要なようなのです。

20151013
第6話「女子ごはん編」では、
ふたりが梅ちゃんのために、料理を作る話でした。
ところで梅ちゃんは、梅田なのか梅子なのか・笑
HPでは、出身地不明とのことでしたが、
この話では、博多出身とのことでした。
明太子の料理を出すためか。
 
 

 
  
  


 
posted by inatt at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

20110813 【TV】 cool japan がんばれニッポン〜外国人が見た東日本大震災

 
NHKの番組。

この番組も長く続き、
制作者のテーマの提示も、
長年出演している外国人の反応も、
やや定型化しているのではないかと感じていましたが、

大震災をテーマにすることにより、
日本を知る外国人の目から見るという、
この番組ならではの良さが発揮されていると思いました。

たとえば、外国人から見て、
前は、
「個を大事にしない」と、
奇妙に感じ、批判していたことが、

大震災という状況のもとで、
コミュニティを大事にすることの意味が
世界に理解され、尊敬された。

(「Big Lesson」と言っていました。)

など。
 
 
posted by inatt at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

6/11 【TV】 情熱のタクト 〜指揮者佐渡裕ベルリン・フィルへの挑戦〜

 
ベルリン・フィルを指揮する佐渡裕のドキュメント。


正直、ちょっと思いました。

五月蠅い人たちだな、ベルリンフィル・笑
posted by inatt at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

1/5 【TV】 夜の毎日かあさん

 
毎週水曜日夜7時のアニメ、「毎日かあさん」を毎週録画して観ている私。

今度は深夜に「夜の毎日かあさん」という番組が出来ていることに気付いた。

10月からやってたらしいですけど。

つまり、映画の宣伝ですね。

なるほど、と思いました。

また、この記事のために検索したら、

なんだか、いっぱいホームページがあることに気づきました。

http://mainichi.jp/life/riezo/

http://www.kaasan.jp/

http://kaasan-movie.jp/


ーーーーーーーーーーー

1/5放送の第84話の『家出少女ふみ』がとてもよかったです。

ふみを励ました少女のサイドストーリーを観てみたい。

脚本:ハラダ サヤカ
絵コンテ:須間 雅人
演出:久保 太郎・An Jai Ho
演出:Yang Ji Hye
posted by inatt at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする