2005年09月01日

9/1 【TV】電車男 第9話

 
ずっと思っていたのですが、
原作どおりの数々のエルメスの台詞が
うまくはまってない傾向がありますね。

原作のほうが、現実感薄いというところでしょうか。

「ニセツヨシ」とは、ツボを押さえてますね。
(「メカツヨシ」は無理としても、)
最後までその調子で行ってほしいものです。

2005年08月27日

8/25 【TV】電車男 第8話

 
今回は、ワシントンが誤って木を切ってしまう話でしたっけ。(笑)
筋の骨格は、ドラえもんとかにありそうな気がしませんか?
あまりに素朴な話になってしまっているようにも思いますが、
このドラマはそこが良いということでしょうか。

わざわざ、電車がアクセスできない期間を作って、
ネットの住人たちが中心になるときがあるのはいいですね。
皆さん、何故に、ディスプレイを抱きしめる(笑)

(我修院さんの世界遍歴に最後はオチがあるとうれしいなあ)

最初、弟が謎のキャラクターになっていて、
次は、桜井さんでしたが、
桜井さんとやら、あんた、ちょっと変。
ということで役割が終わったようで、
今度はエルメスのお父さんが...
鞄の名札を見せるなんて、なんと素朴な演出なんでしょう。
でも、バックの音楽が良かったです。(笑)

2005年08月18日

8/18 【TV】電車男 第7話

 
このドラマは、

誰にでも楽しめる恋愛ものとして、
非常に正統的にできていると思いますが、

一方、「マチルダさ〜ん」なんてのも、説明なしなんですよね。

そのあたり、どちらから見ても、ウケるように、よくできていると思います。

陣釜さん、いい役でしたねえ。
引き続き、重要な役目を果たすといいですねえ。

2005年08月11日

8/11 【TV】電車男 第6話

 
今回は、とってもよくできていて、面白うございました。
 
エルメスの家に行った時の、
電車男のスリッパの音が引きずっていて、気になっちゃいました。
慣れてないのか?スリッパ。
というより、お呼ばれだから、そういうところ、お行儀よくな。

わざとそういう音を選んでいるところがこだわりですね。

コミケがどういうものか、何も説明してませんでしたが、
日本中で「コミケって何?」って多くの人が言ってるのでは?

今回のエルメスの勤め先の外観は、丸ビルでしたが、
以前の回では、違っていませんでしたか?

ベノアティのショップのシーンは、爆笑しました。
原作に沿ったとも言えますが、
ある意味、夢のシーンじゃないでしょうか、
ネットの住人たちが一堂に揃うという点で。(*1)
そして、次のシーンで我修院さんがロンドンにいるべきだったのですが。

順調にピークを迎えると見せかけて、
カタストロフィが待っていたわけですが、
これをどのように解決するかというところで、
陣釜さんたちが活躍するのでしょうかね。

私が望む展開はですね、
原作では、ゴールデンウィークにエルメスが海外旅行に行って、
物語の進行が止まるところがあります。
この間に、
電車男だけの回を1回、エルメスだけの回を1回、入れて、
それぞれがひとりで、それぞれの想いを見つめさせて、
いわゆる「決戦」に向かうようにするのはいかがか。

(*1)このシーンで 小栗旬がいないのは、
    意味があると後でわかりました。

2005年08月04日

8/4 【TV】電車男 第5話

 
ストーカーが大倉孝ニさんでした。

毎回、同じ色のストーリーなので、
面白いですが、新鮮味がなくなってきました。

2005年07月28日

7/28 【TV】電車男 第4話

未だ明かされない過去の出来事もありますが、

なんだか普通のお話でした。

最後のヒキは、興味を引きますが、
興味を引いているだけ、ということもよくありますので。

第3回の佐藤江梨子の登場時にダースベイダーのテーマが
流れたと思いますが、
今回の最後に、白石美帆が現れたときも、
同じダースベイダーのテーマでした。
電車男にとっては、同じような天敵なのかもしれませんが、
少し工夫が足りない印象も持ちました。

毎週、毎週、「電車、頑張れ!」では、だいぶ飽きてきました。

2005年07月21日

7/21 【TV】電車男 第3話

 
面白かったですけど、パターンに変化が欲しいですね。
 電車男側は、
 ・オタク仲間の話
 ・仕事場での話
 ・家庭での父親や妹との話
 ・ネットの住人のプライベートとの絡み
 が、基本パターン。

 エルメス側は、
 啓介(速水もこみち)とやらの正体はわかりましたので、
 後は、桜井さんとやらがからむ話の展開に期待です。

こうしてみると、電車男の話は、
1クール分のドラマとしては、少し短いのですね。
膨らませ方で決まるということですね。

・須藤理彩が個人的には好きなので、道化役でちょっと嫌。
・陣釜美鈴(白石美帆)っていいですよね。
 でも、物語上の位置づけはどういうことなのでしょう。

2005年07月14日

7/14 【TV】電車男 第2話

 
私は原作本を1度読みましたが映画は観ていません。

ちょっとやりすぎだろう、と思いながらも、笑って観てました。

筋もわかっている、何が物語のポイントか、わかっているなかで、
主人公の過剰な演技を、安心しながら楽しむという感じです。

何の前提知識もなしに観るのとは違う感想かもしれません。

これもこれから、毎回観ることになるのかなあ、
キリがないんだけど...

2005年07月07日

9/5 【TV】電車男 第1話

 
再放送で見ました。

1回目を見ていなかったので、いろいろ発見がありました。

電車男のお母さんは同居しているのですね。
まだ起きてこないという台詞がありました。

我修院さんは、世界一周ツアーに出ていたのですね。
(世界1周90日間幻のツアー)

電話をするかしないか、次のスレで決めるって言ったけど、
そりゃどういうことか、普通のひとにはわからない。
けど、必要以上に説明しようとしないところが
このドラマのいいところですね。

2005年03月27日

3/22 救命病棟24時 最終回

最終回限りの登場人物のうち、
相島一之は、まだしも、
西村雅彦は、難しい役でしたね。
あれは、スペシャルな配役でなくても、
入院していた郵便局員とつながりのあるという背景を
もたせた無名のAさんで問題ないように思えました。
「がんばりましょう」とどんなにうまく言っても、
内容そのものは、前のエピソードが伝えるものと重複しています。