2020年09月08日

【演劇】 12人の優しい日本人



20200505の12人の優しい日本人を読む会を観た。

この物語が終わったときに、
なぜか微かに胸に残るわだかまり、

私たちの普段している「話し合い」とはなんだろうか、
という思いかもしれない。

法でなく、事実でなく、理屈でなく、
「2号は自分の今の状況からムキになっているにすぎない」
と、
(2号も含めて)全員一致した思いに落ち着いた。

有罪、無罪に関係なく、
陪審員たちは、自分たちの「話し合い」に満足して帰っていった。

登場人物たちは、
いつもの三谷幸喜の物語と同じく、
癖があるけど、
どこか現実にもある行動・発言をしているが、
しかし、
事は判決という
人の生き死にの問題なので、
笑って済ませられないところが、
この作品の特徴のひとつだと思う。

それにしても、
若き日の、
相島一之さんや西村雅彦さんたちの舞台を観てみたかった。
成熟した今の相島さんたちには、
もっと別の素晴らしい役があると感じたので、
なおのこと。





20200907

BSプレミアムで映画版が放送されました。






20061213記

DVDで観ました。(2005.12.28パルコ劇場版)

最初は、やる気なしでも、
だんだんと、
皆がそれぞれなりに、
一所懸命になっていくところが、
印象深いと思うのですが、

最終的にカタルシスに欠ける展開であったのが、
個人的には不満でした。

かなり難しい、演者と演者の連携が必要な、
脚本だと思いました。

でも、
特典映像で、千秋楽のカーテンコールの映像などを見ますと、
その場の感激が伝わってきますので、
現場で見ると楽しいんだろうなあと思います。

(特典DVD)
浴衣事件の映像が。(笑)
三谷さんはこういう遊び、悪戯のために、
舞台の仕事をやっているのでは?




https://ja.wikipedia.org/wiki/12%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%84%AA%E3%81%97%E3%81%84%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA
十二人の優しい日本人
posted by inatt at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

【ドラマ】 真田丸 2016年 各回の感想

 
■第14回 大坂

もう、しょうがないですよ
裏切ってしまったんですから
先が読めないのは、皆同じです
だから必死に生きているんです
人をだましたり、裏切る事もあるでしょう
でもそれは善とか悪で計れるものではないと、
私は思うのです
とりあえず先に進みましょう


■第19回 恋路

大阪城の蔵とか、その中にあった長巻とか、
お市の方が好きだった山吹の押し花とか、
「わたしたちは同じ日に死ぬの」とか、

そして、
茶々の呪いがかかった押し花をきりが食べちゃったので、
きりが死ぬ日は、そういうことなのか、と思ったり、
この先、もうひとひねりあるかどうか楽しみだったり。

まだ、物語は半分も終わってないんだけど、
こういうのを覚えておかないといけない・笑

それにしても、
きりの最初の悪評、
いらないとか、いらいらするとかの意見は
どこにいったのか・笑。

私も最初、きりの役目はなんなんだろうとおもい、
次に、うざい発言をコメディリリーフとして
楽しむようになり、
今は、大坂編で重たいシーンが続くなか、
きりが出てくるとほっとしている・笑。


■第21回 戦端

こう(長野里美)は、
このままずっと、真田家の一員として、
描かれ続けるのではないかと思い、
なんだか暖かい気持ちになった。

( 稲もいずれそうなるのだろう。 ) 

( 物語を最後まで観ていないけど、
  この大河ドラマは、
  正室と側室の両方を一族家族として、
  描くことに成功した時代劇に
  きっとなると思う。 )


■第27回 不信

真田家という家族を描くことの背景として、
天下人の一族となってしまった豊臣家の悲劇を描いているわけですが、
両家では、何がちがうんでしょうねえ。

とり(草笛光子)は、一族に囲まれて、幸せそうに亡くなりましたが、
秀吉、昌幸ともに、実母を人質に出してるわけで・笑。
今作では、恐ろしい秀吉が描かれていますが、
昌幸も相当ひどいですし・笑

いろんな両家の対比を楽しみたいと思います。
・兄弟が助け合う
・正室が側室を慰める、元正室・笑が現正室・笑を励ます


■第28回 受難

呂宋助左衛門(松本幸四郎)登場



というツイートを見ました。同感です。
 
   20050430 【DVD】新選組!スペシャル ( 隊士座談会と黄金の日日 )  
      http://inatt.seesaa.net/article/398821138.html


■第35回 犬伏

昌幸が差し出したこよりは、スローで確認したら、両方豊臣の朱色でした。
信幸はそれも分かっていたんでしょうね。  

また、信繁が聞いた韓信についての父と兄の話、
これらは大坂城での戦い方の伏線のひとつになるのだろうな、
と思いました。  


■第39回 歳月

世の中では、
「今年の関ケ原は西軍勝つんじゃない?」と
いう声も出た・笑、本ドラマですが、
今回は、
「大坂の陣はなくてもいいんじゃない?」
と思ってしまう、
暖かくてせつない日常を描いた回でした。


■第40回 幸村

回想につぐ、回想、
それを観ながら、
「そうなんだよ、そうなんだよ、だけど、だけど」
という気持ちになりました。

そのように感じさせられることはめったにありませんので、
40回分のドラマの力、素晴らしいと思います。

一方、冷静になると、
信繁は、息子の大助のことをどう思っているのか、
第39回に囲碁の好いシーンもありましたが、
いまいちよくわからないとか、
人生の決断のときに、  
きりと大助しか登場しない不自然さも感じました。


( 「カベムシしかできません」→ 豊臣方しかできません・笑
    http://inatt.seesaa.net/article/398822384.html ) 



■第41回 入城

この長編ドラマの最大のマジックは、
「苦労、大好きですから!」などと
きりがドヤ顔しても、
 (冷静に観れば、どうみても、うざったいが・笑)
もう誰も「うざい」と言わなくなったこと・笑
  

■第44回 築城

40分間のアバンタイトル・笑



大河ドラマを作る人たちへの最高の賛辞だと思う・笑。

三谷さんが子供の頃、大河ドラマ黄金の日日に感動し、
そのことを忘れず大河ドラマの脚本を書き、
そのドラマに感動した子供が
いつか、また大河ドラマの作り手になったりしたら素晴らしいですね。


家康の「仕寄せ」の指導、
今まで、なんとなく、
1600年も1614年も同時代的にとらえていましたので、
なるほどと思いました。

確かに、当人にとって当たり前な15年前のことも、
経験していない年下にとっては、
具体的に想像できないことですね。

おなじく、
15年間の幽閉は、とてつもなく長いということだと
あらためて感じました。


■第46回 砲弾

家康からの文を「読まんでいい」と渡す真田信尹。
発した言葉ではなく、
源次郎の肩に手を置き、口にしなかった言葉が、
観る人に伝わるところに感動した。


■第47回 反撃

幸村に
「お前にしかできぬことだ」と言われて、
これが惚れた弱みなのか、
「おまかせ、あれ!」
と言ってしまう、きり・笑

そんなこんなで
降りかかる無茶ぶりをこなすうちに、
図らずも高スキル者になってしまって、
女ぶりもあがり、
世間ではすっかり高評価なのも、
なんだかせつない感じもいたします・笑


■第49回 前夜

脚本家が、
「誰々の娘であろうが、誰々の妻であろうが、1人の人間として実際に存在していたんです。」
と49回分の物語を作り、
それを演じて血肉とした俳優のアイデア(口吸いしながら喋る)も加わり、
魅力的なシーンが生まれ、
ナレーターが、
「高梨内記の娘に関しては〜」と締めたとき、
かつて確かに存在したひとりの人物が鮮やかに実体化された、
と感じた、得難い瞬間を体験した。


■第50回 最終回

観終わったとき、この回の題名は「青空」なのではと思いました。

信繁が最後に見上げた空、
信之が「参るぞ」と見据えた空。

でも、もう一度観たら、
信繁は最後に見たのは茜空のような気がしますし、
信之は自分の前に続く道を見ていたようにも思います・笑

物語全体を見渡せば、
毎回毎回、信繁が策を立てては走り回っても、
本当に成功したのは、
九度山脱出と真田丸の戦いだけだったような・笑

どんなに主人公が頑張ってもあがいても、
運命(歴史)は変えられないのかもしれないけれど、
それでも、
信繁を含めて、物語に登場したすべての人物が、
その人それぞれに生きていることを納得し、
いとおしさを感じて見終わることのできる、
素晴らしい大河でした。



時代考証を担当した、駿河台大学法学部黒田基樹教授のワンポイント解説

 https://www.surugadai.ac.jp/sanadamaru/


真田丸 完全版 第四集 [DVD]
真田丸 完全版 第四集 [DVD]


 
 
 
  

 
 
posted by inatt at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

【映画】 ギャラクシー街道 2015年

 
事前に悪評も見ていたのですが、
だから観にいこう、と思ってしまった。

有楽町の映画館は、金曜夜というには、ちょっと寂しい観客数でした。

でも、全然「アリ」な映画でした。
もう一度観に行こうと思う。

( 後で書きますが、宣伝のしかたが間違っていると思います )

映像作品を繰り返し見たくなるのは、
共振を得にいくのかな、と思いました。

脱皮する夫だけど好き、
食べ物の食べ様が可愛くて好き、

という物語の登場人物の気持ちに共振させられたら、
それが映像作品の力だと思う。

だから、この作品はきちんと映画になっていると思う。

ーーー

20151113にもう一度、観ました。
同じく金曜日の最終上映は、がらがらでしたが、
それよりも驚いたのは、
上映中ひとつも笑い声が起こらなかったこと。
三谷さんは、生の反応を知るために、
映画館に足を運ぶことがあると
どこかで読んだことがありますが...

下ネタは、あえてやっているとすると、
もの足りないのは、音楽かもしれないと思いました。
舞台では音楽は流れないけど、
シットコムでは笑い声が必要。
映画では、劇伴が必要。

また、THE有頂天ホテルでのYOUの唄、
ステキな金縛りでの主題歌、ONCE IN A BLUE MOON、
そして今回のThe End of the Universe/宇宙の果てまで
には、
共通の嗜好があるように思うので、
三谷さんが満足するものができるまで、
これからも繰り返されるかもしれないですね。

最後、香取慎吾が、
ショップから出て行く各登場人物と会話を交わすと
よかったなと思いました。
最初と同じような愛想のない会話でも、
観ているほうは印象が変わると思う。

あと、この方向性を進めるなら、
今までの三谷映画とは
異なるスタッフと組む必要があるのかも、
とかとか、余計なことを考えながら観ていました・笑


ーーーーーーーーー

それにしても、
今、世間でこの映画が批判されているところなど、
テレビで大ヒット作品を生み出してきた、
この映画の作り手たちが事前に気づかないはずがなく、
その作品が問題作である所以は、
作り手が分かっていて、
あえてそれをやっているところだと思う。

ビリーワイルダーを敬愛する三谷幸喜の好みと
大興行収入を望む製作側の希望、
どんな折り合いをつけたのか、
お互い見えないことにしているのか・笑

だから、
子どもを連れていきたいと思う映画では決してないのに、
テレビ局資金が入っているよくある映画と同じように、
テレビCMを流す宣伝方針のほうが
作品内容よりよっぽど問題だと思った・笑

( これも作り手たちは、十分に分かっているが、
  あえて触れないことにしてるはず
  万人に受けると思って作っていない、
  と表明した宣伝なら、
  中傷まがいな批判は封じることができたのでは )

三谷幸喜は、
ビリーワイルダー作品のような映画を
いつか作ることを望んでいる。
その一方で、
日本のテレビドラマの保守本流、
大河ドラマの脚本も現在担当している。
そこでは、
日本で最も脚本家にプレッシャーのかかるテレビ番組で、
相応の世間的評価(視聴率)を得ることも
自分に課しているはず。

この両立が達成されたら、
それこそ、他で聞いたことのない稀有な事例になる。


「ギャラクシー街道」オリジナルサウンドトラック
ヴァリアス

「ギャラクシー街道」オリジナルサウンドトラック
DOUBLE-DEAL(完全生産限定盤A) DOUBLE-DEAL(完全生産限定盤B)(DVD付) J Movie Magazine(ジェイムービーマガジン) Vol.04 (パーフェクト・メモワール) 劇場スジナシ in 名古屋 第一夜 T.M.Revolution 西川貴教 完全保存版 [DVD] B-project キャラクターCD Vol.1 「 恋セヨ乙女 」





  
  
posted by inatt at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

12/24 【演劇】 90ミニッツ



 
三谷幸喜作演出の演劇。

ここは、笑うところなのか、そうでないのか、と
迷ってしまうところがあるような、
過渡期なのかしらん、と思うところもある作品でした。
posted by inatt at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

11/5 【TV】 ステキな隠し撮り 完全無欠のコンシェルジュ

 
 
大変、楽しみました。
まして、
映画「ステキな隠し撮り」を観て、
三谷幸喜の映画監督日記「監督だもの」を読んでありますので。

( 逆でも楽しめるとおもいますけども。 )
( 「監督だもの」を読むと、
  相島一之氏が漆原という名前で出演している意味がわかります。 )
( しかし、
  飯田基祐氏だけ、どこに出ていたのか、見落としました。 )

三谷氏は、自分のホンと、
自分が信頼できる役者とがいれば、
これくらいはいくらでも作れるということかしらん。

  
できれば、ホテルものなので、
「THE 有頂天ホテル」がらみのネタがあっても、よかったな。

ボーイで香取慎吾がカメオ出演するとか、
台詞だけでも、
・行方不明の支配人とか、
・ホテル探偵とか、
・ヨーコというコールガールの商売敵とか。
  
  

監督だもの 三谷幸喜の映画監督日記
三谷 幸喜(話)

4838723679

関連商品
ウレぴあ 創刊号
三谷幸喜のありふれた生活9 さらば友よ
「ステキな金縛り」オリジナル・サウンドトラック
冬のサクラ 豪華版DVD-BOX 【初回限定生産】
幸せになろうよ DVD-BOX
by G-Tools
posted by inatt at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

20110731 【演劇】 ベッジ・パードン

  
三谷幸喜作演出の演劇。

2回目でしたが、今日は最終日でしたので、

・浅野和之氏がちょっと動きを追加したことに反応して、
 野村萬斎氏が素で笑ってしまったこと。

・ベッジが味噌汁の豆腐の量を増やしたこと。

・三谷氏が乱入したこと。

などがありました。

ひとつめ、ふたつめはともかく、みっつめも打ち合わせなしでやったのでしょうか。

そういう千秋楽らしいアドリブも含めて大変楽しみました。

1回目観たときにはなかったカーテンコールが

千秋楽ということからか、今回はありました。

細かい感想は、後日。

ーーーー

20110729に観たとき、俳優の小野武彦さんが観に来ていました。
なぜ分かったかというと、
休憩時間にロビーの目立つところで、
携帯に向かって少し大きな声で話していたからです。
「それじゃ、テレビドラマのなかのキャラとおんなじ」
と思いました・笑。
  
  

posted by inatt at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

20110429 【演劇】 国民の映画



三谷幸喜作演出の「国民の映画」、神奈川芸術劇場に観に行きました。

観終わったあと、劇場を出て、
このお芝居を観た人たちが、おそらく頭の中で、
あまりにも重たいエンディングを受け止めながら、
ゴールデンウィークを中華街で楽しんでいる人たちのなかに紛れていくことに、
とても不思議な感覚を覚えました。

ーーーーーーーーーー

感想としては、
起こる出来事が少ない上に、
転回点となるポイントにも、
あらかじめ気づいてしまうので、
演じる人たちにとって難しいお芝居なのだろうと思いました。

内容は、
「国家」「映画」「狂気」とか、そういうものとは、
関係がないと思いました。
「ナチス」だから「狂気」?
では、「原発」なら?
( このお話の構造は、「原発」でも構築できそうですね? )
そして、
自分のことに結びついて感じられれば、
とても心に痛いところに当たるものを含むお話だと、
感じました。

だからこそ、
屋敷を去っていく人たちの行動にも、
少し納得感がないように思えた部分がありました。
執事の秘密の暴露の内容が重いことは確かですが、
それだけであんなに急に皆の態度が変わるとは。

たとえば、
ヤニングスの場合、
権力に阿ることにより映画を作ろうとすることより、
一人の執事の運命に憤ってみせることのほうが、
私にとって偽善的に感じる部分がありました。

ヤニングスは、
自分を恥じたから、屋敷から出ていきたくなった、
のなら、私は納得できます。

そんなわけで、
もっともっといろんな演出がありうるような気がしました。

また、マグダの最後の台詞。
さりげなくも、悪魔的な、
観る人に大きな衝撃を与える台詞ですが、
それがゆえに、
演じる人自身の心にも相応の傷を与えるのではないかと
私には思えました。

あれを演劇として効果的に上手に喋ることが可能なのでしょうか。
しかも、毎日何日間にもわたり、それを演じ続けることができるとしたら、
それこそ、悪魔的なことではないでしょうか。

そのような、
いろんなことを考えさせられました。



posted by inatt at 05:25| Comment(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

【映画】 ザ・マジックアワー 2008年

 
公開前の三谷氏の過剰露出に、
録画を駆使して、かなりつきあった結果、
映画館に足を運ばなかった私。

そんな人が何万人もいるような気がしますが、(笑)

DVDをわざわざ買って観ましたので、
許していただくことにして。

初回で観たときは、
途中、なんか微妙に思うところもありましたが、
ラストがとても爽快なので、
好い映画だと思います。

すぐに飛びついて大好きになる感じでは
なかったのですが、
じわじわと好きになるような映画だと思いました。



素人の猿知恵ですが、
村田が映画撮影中と思っているところで、
画質を変えるというのはどうでしょう。

ところどころ、
このタイミングでこの人は、何を考えているのか、
よくわからないと、
と感じて、醒めるところもあったので、
もう少し、絵空事感を強調して、

最後は、ひとつの調子に統一されるというのは
どうでしょう?

( そのあたり、演者がうまくやるのが、
  演劇的で、
  映像をいじるのが、
  映画的なように思いました。 )


( 稲川素子事務所とは )
posted by inatt at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

6/7 【映画】 THE 有頂天ホテル THE WOW-CHOTEN HOTEL 2006年

 
テレビで放送されていました。

部屋を掃除しながら、
つい部屋に置かれた指輪を松たか子がはめてしまうシーンで、
堀内敬子が唄(iTMSのURL)を歌っています。
この曲は、
後半のいいところで使われていますので、
前振りなんでしょうね。
  
  
( 今までのこの映画の記事は左上のボックスから
  有頂天で検索してください。 )
posted by inatt at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

20080525 【TV】 サラリーマンNEO SEASON3-8 mitani special

 
三谷幸喜スペシャル。

結局、NHKで堂々と映画の宣伝してたなあ。

しかし、何と言っても、
生瀬勝久、堀内敬子、三谷幸喜、
3人で演じるコントが観れるとは。



「覚えてるだろ、同期の吉成、
 ほら、俺がゴッホってあだ名で、
 あれ?ゴーギャンだっけ?
 まあ、いいや、もう一人須田って奴もいてさ、
 それで、この吉成は、なぜか、
 すぐ寝る奴でさ、
 しかも、こいつ馬鹿だからさ、
 パーですぐ寝る男って呼ばれてたよ。
 でも、俺たち気があったから、
 コンフィダント・絆っていう喫茶店にたむろって。
 みんなは、まとめて、
 ゴーギャン・ゴッホ・スーラ、
 〇〇、〇〇〇〇〇〇〇ってね、
 言ってたさ」
 
 
おそまつ。


posted by inatt at 00:10| Comment(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする