2006年01月03日

20060103 古畑任三郎ファイナル 第1夜「今、甦る死」

 
題名の意味をずっと考えていました。

だから、最後まで観て、とても納得しました。




posted by inatt at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20060103 【ドラマ】 新選組!! 土方歳三 最期の一日



ごめんなさいでいいじゃないか




続編として楽しめる、美味しい台詞連発。

 「待たせたな」

 「山南総長は武士の中の武士だ」

 「みんないなくなっちまった」

 
土方の最期の台詞は、予想どおりでしたが、
あのような形で、勇から繋がるとは、予想していませんでした。

筋書きとしては、
敵の姿が表現されないなか、
結局のところ、敵の戦術が運命を変えたところが、
少し納得し難い部分になりました。

立派な「最終回のあとの1回」でした。
本編で語られなかった土方の最後をきちんと補いながら、
物語としては、本編と同質の終わり方になっていました。

運命は悲劇的でも、
草原を走る市村鉄之助(池松壮亮)に託した想いは、
本編で語られたそれと同じものでしょう。

(新撰組)



posted by inatt at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/3 【TV】新選組! スペシャル 再放送

 
・「新選組!!」の前に、楽しみました。

・勇は、「清河さんは、本当の武士だ」と言って、
 浪士組への参加を決断しました。
 彼はそのような眼力であったわけです。
 このドラマはそういうところをきっちりと示しています。

・最初観たときは、あのシーンもこのシーンもない、って思いましたが、
 お母さんの「あなたは私です。」とか、
 芹沢鴨のやさぐれぶりとか、
 このドラマ独自の史実でない部分の、
 重要なところを押さえていますね。

・でも、池田屋での、土方の「待たせたな」はありませんでした。
 池田屋そのものは、物語上の通過点なのでしょうね。

・隊士座談会もやってましたね。更なる再編集版でしたけど。
 でも、工夫した編集でした。

(新撰組)
posted by inatt at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【本】新選組!! 土方歳三 最期の一日 メイキング&ビジュアル完全ガイドブック

 
予習完了しました。(笑)

しかし、NHKなら解りますが、
産経新聞社系列のテレビ雑誌が、
何ゆえに、ここまでの情熱を持って、
新選組!に肩入れするのか?

古畑のファイナルの裏番組なんだけど。

ともかく、ファン必携のムックです。


・三谷さんが、勇のドクロの模様の赤いネクタイをしていて、
 新選組!の取材ではいつもそれをしているとのことでした。
 それで、どんとこい新選組!の隊士座談会では、どうなのか、
 と思いましたが、
 赤いネクタイではあるのですが、
 ウチのTVでは、確認できませんでした。


ドラマ 新選組!! 土方歳三 最期の一日 の感想
 http://inatt.seesaa.net/article/398821388.html
  
   
  
(新撰組)
 
posted by inatt at 10:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

12/31 古畑任三郎 すべて閣下の仕業 2004

 
赤い洗面器の話は、スペイン語でどこまで語られているのですか?

・もっと、贅沢にロケがあれば、という感想がありますが、
 セットが十分に豪華で、
 美術さんはとても素晴らしい仕事をしていると思います。

・筋はよくできているし、
 脅迫文の謎、死体の隠し場所、そして、
 最後のトリックは、非常に特殊なストライクゾーンを用いていて、
 小説等ではうまく使えないような、テレビドラマならではもので、
 うまい脚本だと思います。
 ( そうは言っても、いつも思いますけど、
   犯人は、放っておけば、
   遅かれ早かれ、破滅したのではないかと。 )

・大使が外出して、運転手も付かないのは、変。

・ただ、松本幸四郎にあまり魅力を感じないんですよねえ。
 実は叩き上げの苦労人、っていうのを感じないのが弱点でしょうか。
 医師役の津川雅彦が、代わりにそれを示したり、
 その男にくっついて生きてきた人生の悲哀を上手に見せていました。

 面白いのは、一度犯人役をやった津川雅彦を、
 あえて、この役にセッティングする必然性を作り手が感じている、
 松本幸四郎だけでなく、
 津川雅彦が必要だと考えているらしいことです。
 結果的に津川雅彦の方が印象に残るような結果になったとしても。
posted by inatt at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

【ドラマ】 警部補・古畑任三郎スペシャル 笑うカンガルー v.s. 二本松晋(数学者)[陣内孝則] 199504

 
・犯行の経緯や動機にまつわる事柄など、面白かったです。

・結果的に古畑は、美女に無駄に甘かったりしますが、
 それへの納得感が、水野真紀になかったです。


(20051230記)
  
  
 
posted by inatt at 19:21| Comment(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

【書籍】三谷幸喜のありふれた生活4 冷や汗の向こう側



「大河な日日」の終わりをどんな風に書いているのか、
興味があったのですが、案外、あっさりとしていました。

面白かった話

・新人ドラマ俳優野田秀樹
・武田観柳斎と土方歳三の喧嘩

和田誠と清水ミチコの巻末対談が裏話として興味深い。

大河が終わっても、たくさんお仕事されています。


posted by inatt at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

12/22 古畑任三郎 3rd season 第10話『最も危険なゲーム(後編)』VS日下光二(江口洋介)

 
今回は、どのように想像しても、
現実には成立しない事件でした。
鉄道会社側の対応が密室内で完結することなどありえない。

穴がありすぎて、
犯人の心情、信条云々という話も無意味に思えました。
posted by inatt at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

12/20 古畑任三郎 3rd season 第9話『追いつめられて』VS臺修二(玉置浩二)

 
なんか、職業、性格に特徴のない犯人でした。
変な服装だなあ、と思ったのですが、
後で、理由がわかりました。
犯行のきっかけもなかなか簡単なものでした。
昔のザ・ガードマンとかキーハンターとか、
そういうので、こういう適当な展開をよく見たように思います。

私は、ああいうドラマが大好きですから、
これも好きです。
ただ、最近はあまりないだけです。

向島巡査も出てきましたが、何もなかったですね。
posted by inatt at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

【ドラマ】 古畑任三郎 3rd season 第8話『頭でっかちの殺人』VS堀井岳(福山雅治)

 
1時間ドラマではいつも尺が足りない感じなので、
よくできた短編小説のように感じられるときは面白いですね。

・犯人の障害の原因(動機の遠因)
・凶器の像に古畑が気づく経緯

などが、簡潔かつ明快に説明できていたので。

突っ込むところは、他にいっぱいあるのですが、
ポイントが押さえられていることが肝要かと。
そういうところにキレがないと、
どんどん説明不足になっていく傾向があると思います。

それにしても、今泉は便利な登場人物だ。
  
  
posted by inatt at 18:33| Comment(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする