2011年01月12日

1/11 【TV】 歴史は眠らない 地震列島・日本の教訓

 
( この記事は、2011/3/11以降に書いています。 )

3/11の前に、放送されていた、NHK教育の番組

幕末の安政南海地震
明治の濃尾地震
関東大地震
阪神淡路大震災
から、どのような教訓を得て、
我が国が地震対策を積み重ねていったかを、
語ります。

( 第1回 過ちを後世に伝えよ
  第2回 震災復興のモデル
  第3回 君子未然に防ぐ
  第4回 耐震化への道 )

東北関東大震災が起きた今、
これら長年にわたる努力を積み重ねてなお、
あまりにも凄まじい自然の威力や脅威に、
無力感も感じながら、

きっと、私たちは、
過去と同じく、
新たな対策を積み重ねていくのだろうと
思いました。

ーーーーーーーーーーーーー

2010年3月放送の
NHKスペシャル
MEGAQUAKE 巨大地震 第4回 TSUNAMI 襲来の悪夢
という番組もありました。
この番組の最後に、

「その時」までに私たちには
何が出来るだろうか

という問いかけがありました。

私たちは、次の「その時」までに何をすればよいのか、
考え始めなければなりません。
posted by inatt at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

20101005 【TV】 にほんごであそぼ たいせつなことは目に見えないんだ

 
きょうの名文

たいせつなことは目に見えないんだ

「星の王子さま」

サン・テグジュペリ


うまく説明できなくても、なにか大事なことだということは判る。




posted by inatt at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

9/17 【TV】 シャキーン! もりそばとざるそばの違い

 
まあ、基本ですけど、

きっちり奉行(西川のりお)が、教えてくれましたので。


のりがかかっているのが、

ざるそば。

のりがかかっていないのが、

もりそば。



なるほど。
posted by inatt at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

8/27 【TV】 シャキーン! ようかんとういろうの違い


きっちり奉行(西川のりお)が、はっきり、教えてくれました。

ようかん

 あんこを寒天で固めたもの

ういろう

 主に米の粉に砂糖を入れて蒸したもの



なるほど。
posted by inatt at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

4/18 【TV】 ITホワイトボックス?第3回 ブラウザが変わってきてるって本当?

 
ブラウザを起動させるところを見せる場面、画面には、

Firefox
Chrome
Safari
Opera
IE

のアイコンが並んでいました。

そんな人いないって・笑

ときどき、NHKって無駄に大変だな、と感じます。
posted by inatt at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

3/18 【TV】 しぜんとあそぼ あめんぼ

 
NHK教育の番組。

あめんぼは、産卵のとき、
苦労して水の中に潜り、
水中に産卵する。

卵から孵ったあめんぼは、
体は小さいものの、脚が長い成虫と同じ姿で、
すぐに水面に出て、
水面を成虫とおなじようにすべり始める。
  
  
へえ。
posted by inatt at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

20091109 【TV】 にほんごであそぼ

 
去年は大きい数で、今年は小さい数。
大きいほうは、子供の頃からよく見聞きしていましたが、
小さいほうは、今までほとんど知りませんでした。

1:分(ぶ)
2:厘(りん)
3:毛(もう)
4:糸(し)
5:忽(こつ)
6:微(び)
7:繊(せん)
8:沙(しゃ)
9:塵(じん)
10:埃(あい)
11:渺(びょう)
12:漠(ばく)
13:模糊(もこ)
14:逡巡(しゅんじゅん)
15:須臾(しゅゆ)
16:瞬息(しゅんそく)
17:弾指(だんし)
18:刹那(せつな)
19:六徳(りっとく)
20:虚空(こくう)
21:清浄(せいじょう)
22:阿頼邪(あらや)
23:阿摩羅(あまら)
24:涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)



ちなみに、大きいほうは、一、十、百、千、万、億、兆、京、垓、
じょ、穣、溝、澗、正、載、極、
恒河沙、阿僧祇、那由他、不可思議、無量大数


( youtubeで探すなら )
  
  
posted by inatt at 21:06| Comment(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

9/12 【TV】 佐野元春のザ・ソングライターズ THE SONGWRITERS Vol.10 矢野顕子 Part?

 
「女だから、ということで制限されること」についての
参加者からの質問に、

矢野顕子は、

アーティストというよりも、
ひとりの人として、
その場限りでない、
しっかりとした答えをして、

感服しました。

たった30分の番組でも、
どこかしら、
その人がどういうふうに生きてきたのか、
見えてくることが
大変興味深い。
posted by inatt at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

【TV】 ETV50 もう一度見たい教育テレビ 若い広場 オフコースの世界

 
もともとは、1982年1月3日に放送されたもの。

何度も放送されていますが、
名作・代表作扱いなのでしょうか。

(この前は、2005年の1月に
 NHKアーカイブスとして放送されました。)

少しずつ短く編集されたバージョンでした。
うまく編集されていると思いましたが、
小田和正が「やらせだからね」と囁くシーンはありませんでした。

1981年8月16日から、
アルバム「OVER」のレコーディングリハーサルを
開始したということですが、
その時点で、
OVERとペインティングされたトレーラーから、
OVERのロゴのTシャツを着たスタッフが、
楽器を下ろしてセッティングしていく。

この番組自体、
オフコースの解散(鈴木康博の脱退)を前提に、
引き受けたものでしょうし、

インタビュアーの山際淳司が顛末を執筆することも、
決まっていたのでしょう。
(『Give up:オフコース・ストーリー』)

今からみれば、
OVERというアルバム・コンサートは、
1年以上の大プロジェクトであり、
非常に計画的に作られていることが
よくわかります。

リアルタイムでは、
その間、ファンは、そんな背景は皆目分からず、
オフコースは解散するのかしらん、
小田和正と鈴木康博は仲が悪いのかしらん、
と気をもみ続けたのでした。(笑)
  
  
Off Course 1981.Aug.16~Oct.30 若い広場 オフコースの世界 [DVD]
オフコース

B00005U27W

関連商品
1982・6・30 コンサート スペシャル [DVD]
Off Course 1969-1989 ~Digital dictionary 1969-1989~ [DVD]
コンサート・ツアー1987~アズ・クロース・アズ・ポッシブル [DVD]
over(紙)
We are(紙ジャケット仕様)


Give up オフコース・ストーリー (角川文庫)
山際 淳司

Give up オフコース・ストーリー (角川文庫)
ニューヨークは笑わない (角川文庫) 男たちのゲームセット 巨人・阪神激闘記 (角川文庫) ナックルボールを風に (角川文庫) スローカーブを、もう一球 角川文庫 裏方 物言わぬ主役たち──プロ野球職人伝説 (角川文庫)

 
 



posted by inatt at 21:13| Comment(1) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

【TV】 にほんごであそぼ こころよ うなりやベベン

 
八木重吉の「心よ」がとても好いです。

(作曲:うなりやベベン(国本武春))


心よ


こころよ
では いっておいで

しかし
また もどっておいでね

やっぱり
ここが いいのだに

こころよ
では 行っておいで




(NHKのホームページより)
「心よ」は明治三十一年(1898年)、
東京府南多摩郡堺村(東京都町田市相原町)に生まれた詩人、
八木重吉(やぎじゅうきち)氏の詩に、
うなりやベベンさんが曲を付けた作品です。
「にほんごであそぼ」では、
これまでに何度か「心よ」をテキストとして使用させていただいています。
自分の心に少しだけ旅をさせる不思議な感覚の、素敵な詩です。

https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D%E3%82%88%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%A7&tbm=vid

ーーーーーー

20151229

国本武春さんは、2015年12月24日にお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りします。

NHKのホームページからの引用

「うなりやベベンさんについて

 うなりやベベンさんは、ご自身が
 国本武春さんの一番弟子だとおっしゃっていました
 浪曲師としての活動と一線を画し
 子ども達に日本語を楽しく伝えることを望んでいらっしゃいましたので
 ご本人とご遺族の意向を尊重して
 「にほんごであそぼ」では、うなりやベベンは生き続けます
 国本武春さんのご冥福をお祈りいたします」




20210122追記





posted by inatt at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする