2009年07月12日

20090711 【TV】 佐野元春のザ・ソングライターズ THE SONGWRITERS Vol.2 小田和正 Part2

 
NHK教育の番組

収録終了後の感想で、小田和正は、
もっとうまくしゃべれるつもりだったけど、
と言っていましたが、

学生の前で語るという前提で、
喋る内容を選んでいたのだろうと思いました。

この人は無目的に余計なことは喋らない。

学生に向けて語るということで、

 さらさらとフレーズが思いつくわけでなく、
 試行錯誤して、あきらめないで、
 もっといいものはないか、という積み重ね。

 埋められないときは、必死になって、
 埋まるまで考える。
 何かが間違っていると思ったら、
 つらくても最初からやり直すこともある。
 ふって涌いたように、
 埋まることはあんまりない。
 そこは頑張って頑張って
 埋めるしかないんだな。

というような話を伝えたと思います。


佐野元春は自分よりもアーティストだ、
と言っていましたが、
自分はある種、職人(アルチザン・artisan)だと言いたかったのかなと、
私は思いました。



「言葉にできない」についての話は、
そんなに深い洞察というわけではなくとも、

「嬉しくて」というフレーズを思いついたときの
エピソードを小田和正から引き出して、

この曲の素晴らしさが誰にでも分かるように解説されて、

佐野元春も非常に手ごたえがあったのではないでしょうか。

小田和正を語るに欠かせない記録となったと思います。

( 82年のコンサートは、オフコースの解散ありきで、
 「言葉にできない」は、
 そのクライマックスに使うために作ったと、
 はっきりと断言していました。 )
 
 
( 前回の感想
   http://inatt.seesaa.net/article/398822333.html )
  
  
posted by inatt at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

20090704 【TV】 佐野元春のザ・ソングライターズ THE SONGWRITERS Vol.1 小田和正 PartT


 
NHK教育の番組。

歌から主に詩に焦点をあてているようです。

しかも、数多ある曲のなかで、
最も主張が直接的なもの2曲が紹介されました。

・the flag
・生まれ来る子供たちのために

これらが代表的な作品であることには間違いなく、
佐野元春の朗読も素晴らしかったですが、

40年間ものキャリアのなかの数多い作品のなかで、
類似のものが少ないものは、
はたして作家を代表しているものなのだろうか、
とふと思いました。

そうであるならば、
40年間活動を続けていって、2曲!

長期間こつこつとやっていくことや
巡り合わせや機会を逃さず生かすことの大事さなど、

あまり認知されていない、
この作家の特徴を認識しました。
  
  
このあとの予定を見ると、
ゲストに女性は登場するのかどうか
興味を持ちました。





・「ホントは全部、『風』でもいいんだ、俺」

・好きな映画は「ローマの休日」


posted by inatt at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

3/16 【TV】 知るを楽しむ この人この世界。 「顔」って何だろう? 馬場悠男 第6回 日本人はウインクが苦手?

 
NHK教育の番組。とても面白かった。

アフリカから世界へ進出していく過程で、
ホモサピエンスには様々な変化が発生した。
その中での北方アジア系の特徴。

日本人はウインクが苦手。
できる人は3割程度。米国白人は5割程度。

手や足は、左右を別々に動かすことができる。(脳の片側支配)
頭の上方は、日本人の場合、両側支配になっていて、
片側だけを動かすことが苦手。

20万年前にアフリカに誕生したホモサピエンスは、
5万年前にアジアに進出し、(南方アジア系)
その一部が3万年前にシベリアにたどりついた。(北方アジア系)

北方アジア系は、寒さに適応していく過程で、
様々な特徴を持った。

体毛が少なく、皮下脂肪が多く、顔が平坦で、
瞼が厚く、一重になった。
( この特徴で私はいつも朝青龍を思い出す。 )
そして神経が片側支配となって、
ウインクが苦手になった。


一方、耳垢のかさかさタイプとベトベトタイプの違い。

日本人は7割がかさかさタイプだが、

実は、ウインクができない人には、
耳垢がカサカサタイプが多い。

耳あかの外耳道のアポクリン腺が多い人が
ベトベトタイプ。
これは、耳の中に虫などが入らないための防御と考えられる。

アポクリン腺は、わきの下、陰部、乳頭などに多いが、
アポクリン腺からの分泌により、体臭が発生する。

他の哺乳動物では、
その体臭が個体認識やセックスアピールに用いられている。
また、その場所は、お尻など下半身に多い。

腋の下にアポクリン腺が多いのは、人間の特徴で、
これは直立したことに関係すると考えられる。

北方アジア系は、アポクリン腺が少なく、みみあかのかさかさタイプが多く、
南方アジア系は、アポクリン腺が多く、べとべとタイプが多い。

北方アジア人は、髭などが凍りつくと不便なので、
眉や髭が薄くなったと考えられており、
毛根に存在するアポクリン腺も少ないと考えられる。

北方アジア人は、哺乳動物の特徴であるアポクリン腺が少ない、
世界でもめずらしい特徴を持っている。


もともと日本には南方アジア系の縄文人が住んでいたが、
2800年前、北方アジア系の弥生渡来人が日本にやってきた。

つまり、
縄文人は、南方アジア系で、ウインクがうまく、耳垢がべとべと
( 縄文人の系統と考えられているアイヌの人たちは、
  ウインクがうまく、耳垢がべとべとタイプが多いらしい。)
弥生人は、北方アジア系で、ウインクが下手で、耳垢がかさかさ。

今の日本人は、それらの特徴が交じり合っている。

ウインクの下手な日本人は、別のコミュニケーションを発達させた。
それが目配せや眉上げ、流し目。
posted by inatt at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

2/14 【TV】 美の壷 File 117 金箔

 
金箔は古来世界中で使われている。

キトラ古墳の世界最古の天文図にも金箔が使われている。

金閣寺の復元に使われた金箔は、20万枚。

日本の金箔の98%以上が金沢で作られている。

箔打職人が和紙に挟んだ金箔を
何十万回と打ち、延ばしていく。

ぎりぎりの薄さは、1万分の1ミリ

金箔にも種類があり、色に微妙に違いがある。

金箔の原料は、金に、銅と銀を僅かに混ぜた合金

1kgの原料から、幅10センチ、長さ10メートルに伸ばす。
これを短く切り、和紙に挟む。

1分間に700回のペースで打つ。
完成までに5万回打つ。

1000分の1ミリなら、透かしても光を通さないが、
10000分の1ミリなら、光にかざすと透けて見える。

金箔を挟む和紙を箔打紙という。

藁の灰汁に柿渋と卵白を混ぜるとせっけんに似た成分となり、
これに和紙を浸すとなめらかに

紙を叩いては液に浸すという作業を繰り返す。
このように作られた箔打紙には凹凸がないため、
金箔を伸ばしていくことができる。

金箔を取り扱うときは、
静電気を帯びない竹の器具を用いる。
posted by inatt at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

1/24 【TV】 美の壷 File.114 民芸

 
民芸という言葉の生みの親、
哲学者の柳宗悦(やなぎむねよし)。

普段の生活に用いる品々を
柳は民芸品と名づけた。

民芸は、民衆的工芸の略で、柳の造語。

第一は実用品である事、
第二は普通品である事。
沢山出来る器、
買いやすい値段のもの。
民衆の生活に即したものが
民藝品なのです。
(「民藝の趣旨」)
  
  
なるほど。
posted by inatt at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

12/17 【TV】 しぜんとあそぼ 雪の中の生き物

 
NHK教育の番組。

この子供向け番組では、
生き物の生態の映像が観られて好きなのですが、

時に、捕食、生殖、出産などの映像を、
生々しくそのまま見せるときがあります。

その意味で、
表面的でなく、良質な教育番組なのですが、
子供たちがそれを観て、
どのような反応を示すのか、
教師はどのように説明するのか、
私には、想像できません。


今回は、クリオネの捕食シーンに吃驚しました。

あの見た目かわいらしい、クリオネ頭部が、
まるで、寄生獣のように、ぱっくり割れて、
獲物を捕らえていました。

いろいろ検索してみると、
トリビアの泉にも紹介された有名な事柄のようですけど。
posted by inatt at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

20080814 【TV】 にほんごであそぼ

 
きょうの名文

ほんたうのさいはいは
一体何だろう。

「銀河鉄道の夜」宮沢賢治


不思議なもので、
胸の中で唱えると
何かひたひたと感じるものがあるのです。
崇高なるものや、はかないものや
そのほかにもいろいろな何かが。

まるで賢治の作品や人生の
全てがこめられているかのような。



ーーーーー


10分の番組ながら、6分余りの大作。

この番組で作られたもののなかでも、
最優秀なものかもと思います。




posted by inatt at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

4/20 第10回 長野オリンピック記念 長野マラソン

 
NHK教育で放送されていました。

沢山の市民ランナーが列をなして、
スタートしていくところを延々と映すだけで、
少し感動するのが不思議。


ふたりの市民ランナーに取材していました。

女性ランナー最高齢の76歳の女性は、
あと数十メールのところで
14.8kmの時間制限の関門を突破できず、

3時間をきるサブスリーに挑戦する、
マラソンを始めて6年の63歳の男性は、
惜しくも3時間3分でゴールしました。

この予定調和的でない、
盛り上がらない展開が、
変な話ですが、印象的でした。
posted by inatt at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

12/19 【TV】 10min.ボックス 消費者教育 2007年度 第11回 食の安全

 
NHK教育の番組

食品表示の見方

消費期限は、製造・加工日から約5日以内で傷む食品に表示。
・食べても安全な期限
・期限内に食べたほうがよい

賞味期限は、製造・加工日から約5日以上もつ食品に表示。
・おいしく食べられる期限
・期限を食べても食べられる

表示義務のあるアレルギー物質は、
小麦、そば、卵、乳、落花生の5つ。


和牛
黒毛和種など、品種が決まっており、
日本生まれ、日本育ちでないといけない。

国産牛
オーストラリアで生まれた子牛が日本で肥育された期間が長い場合、
国産牛と表示される

国産牛には個体識別番号が振られ、
携帯やPCで品種、生まれた場所、流通経路を確認できる。
( 牛の個体識別情報検索サービス )
posted by inatt at 13:53| Comment(0) | TrackBack(1) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

12/15 【TV】 美の壷 File.73 かやぶき屋根

 
かやぶき屋根に用いるのはすすきや稲わらなど。

茅とは、屋根を葺くために用いるこれらの草のこと。

油が含まれているため雨をはじく
音を吸収するので中は静か


屋根の一番高いところ、棟(むね)に、
生い茂った草や花を、芝棟(しばむね)という。
植物の根を張り巡らせることで屋根を補強している。


いろりの煙に含まれる有機化合物が
屋根の縄に少しずつ染み込んで固めていく。
また煙には防虫効果があり茅が長持ちする。
posted by inatt at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする