2007年03月08日

【iTMS(17)】 じぶんの詩 - A BEAUTIFUL DAY (Single Version) | The Whey-hey-hey Brothers

 
山口智充、山本耕史、佐野元春のユニット、
日本テレビ水曜深夜の音楽番組「MusiG」から結成された。

さて、聞いた感想ですが、
成熟した、というか、
円くなった、というか、
角が矯められた、というか、
小市民的、というか、
お腹には何も溜まってない、というか、

これはこれで、何も悪くないと思うけど、
「ロックじゃない」んじゃないですか?佐野さん。

真昼間のドライブもいいんですけどね、

確かに、いい歳になって、妻や子供もいるのに、
「つまらない大人になりたくない」
( ガラスのジェネレーション )
と、歌うのは、どうかと思います。

でも、40歳になろうが、50歳になろうが、真夜中に、

Rock & Roll Nightに、
今夜こそ、たどりつきたい、

と歌ってもいいじゃないですか。

(たったひとつの夢が
 今 この街の影に横たわる
 でも今夜は思いっきりルーズに みじめに
 汚れた世界の窓の外で
 全てのギヴ&テイクのゲームに
 さよならするのさ

 Rock & Roll Night Rock & Roll Night
 今夜こそ
 Rock & Roll Night
 たどりつきたい

 ( ロックンロール・ナイト ) )

ジェームスディーンと
スティーブマックイーンと、
クリントイーストウッドが
ほぼ同世代(1930年31年生)で、
70歳をゆうに超えて現役のイーストウッドに対し、
70歳のマックイーンは想像できないと
どこかで読みましたが、
私には、
ジェームスディーンは、60歳になっても、
らしいかっこいい老人になっていると思えるんです。

だから、この曲の、平和ぶりが少し、物足りなく感じました。

( iTMSのURL )

カップリングには、「グッドバイからはじめよう」が。
( iTMSのURL )
とても好きな曲なので、嬉しいですけど、
これも、アレンジが修飾過多な感じで、
ちょっと違うような感じもしました。
(ストリングスの編曲は井上艦)


じぶんの詩-A BEAUTIFUL DAY
The Whey-hey-hey Brothers 佐野元春 山口智充

B000MGBORA

関連商品
The Essential Cafe Bohemia(DVD付)
佐野元春 AND THE HOBO KING BAND TOUR 2006「星の下 路の上」【初回限定盤】
陽炎ノ辻―居眠り磐音 江戸双紙
Hedwig And The Angry Inch: Original Cast Recording
音楽のちから ~吉野金次の復帰を願う緊急コンサート

  
  
(0306)

2007年02月09日

iTMSに改善してほしいこと。

 
新譜が、iTMSに乗るかどうかが、予め分らないので、

AMAZONで、CDを予約してしまってから、

あとで、iTMSに出たので、後悔したり、

かと思えば、

内容がちょっと違って、

結局両方買うはめになったり。

そこのあたり、何とかしてほしいなあと思います。

2006年11月14日

【iTMS(16)】 Somewhere Over the Rainbow / What a Wonderful World | Facing Future | Israel Kamakawiwo'ole


 
イズラエル・カマカヴィウォオレ(IZ)のこの曲は、
ER 緊急救命室の第8シーズンで、
マークグリーン医師が死ぬ場面で流れる曲です。
( ER8-21 #178 託す思い On the Beach
  http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533232.html  )

オーバーザレインボーは、綺麗なだけの曲ではなくて、
歌詞をよくよく味わっていると、
アメリカ人が思う、死後の世界観に
関連するような感じがしてくるのですが、

どこか、虹の向こうに、青い鳥が飛んでいる、
というのは、アメリカ人が思う死後の世界の描写に
なっているのではないでしょうか。
日本であれば、三途の川の向こう、とか、涅槃とか、
と同じものを語っている曲なのではないでしょうか。
日本より、随分カラフルではありますが。

明るいから、哀しい、みたいな名曲です。

Somewhere Over the Rainbow / What a Wonderful World - Israel Kamakawiwo'ole
[iTunes]Somewhere Over the Rainbow / What a Wonderful World - Israel Kamakawiwo'ole


Facing Future
Israel Kamakawiwo'ole
B00000JFG3



2006年11月02日

【iTMS(15)】 銀の龍の背に乗って | 中島みゆき

 
・テレビドラマ「Dr.コトー診療所」が2003年7月に放送されたとき、
 初めて聴いたこの曲は、そのときそんなに好いとは思いませんでした。
 しかし、最近、「Dr.コトー診療所2006」で聴いて、
 今更にすごく好いなあと思いました。
 ドラマの中で何度も聴いた結果で、ドラマの勝利ということでしょうか。

・「銀の龍の背に乗って」という歌詞を聴いて、
 どんな状況を想い描いていますか?
 私の場合、視覚的に銀色の龍を想い描くというよりは、
 銀色の龍という言葉から感じる観念的なイメージで聴いていました。

 しかし、
 「わたボコリみたいな翼でも、木の芽みたいに頼りない爪でも」
 という歌詞を聴いたとき、
 最初、この描写は、
 龍の足元へ崖を登る「僕」の非力さの比喩と思っていたのですが、
 龍のことをそのまま描写しているのではないか、
 と思ったのです。
 すると、
 まだ幼い龍が、頼りなくも懸命に空を駆け、
 雨雲のなかをのたうつようにあがいている様子が、
 視覚的にイメージできたのです。

 さらに、
 「さあ、行こうぜ」という台詞も、
 聴いている私に呼びかけている雰囲気で理解していましたが、
 「僕」が龍に呼びかけているのだとイメージしました。

 この曲では、
 「僕」だけでなく、
 「さあ、行こうぜ」との呼びかけに応え、
 体はまだ幼くても、空を駆けようとする、
 「龍」も、主人公ではないでしょうか。

 そして、「雨雲の渦」のなか「命の砂漠」へ、
 何を、届けにいく、運んでいく、のか?
 歌詞ではそれは明らかにされていません。

 「僕」や「龍」も分っていないのかもしれない。
 けれど、その謎が、
 この曲に永遠の命を吹き込むことになるのでしょう。

2006年10月19日

【音楽】 恋つぼみ | 奥華子

 
急にこの曲にはまりました。

NHKのみんなのうたでやってたのは知っていましたが、

今月みんなのうたで再放送されていて、
バックのアニメーション(稲葉卓也)も、とても叙情的で、
ツボにはまったみたいです。

( iTMSのURLは、こちら )

CDを買ったら、みんなのうたで流れているのは、
ピアノ弾き語りバージョンのほうでした。
私はこの方が好きになりました。

恋つぼみ
奥華子 本多俊之
B000DZJL6G


絵本もあるそうです。

恋つぼみ
奥 華子
4198622426

2006年09月27日

iPod nano 8G

 
iPod nano 8Gを買いました。
今まで、mini 6Gだったのですが、
思ったより、小さくて、薄くて、びっくりしました。

こういう小さな瓦せんべいがあるなあ、と思いました。

使いやすさで言えば、もうこの小ささ軽さで十分。
手の大きな人には使いにくいくらいかも。

Apple iPod nano 8GB ブラック MA497J/A
B000IDHI9A

2006年09月24日

9/24 【音楽】 これってホメことば? ことばおじさんとアナウンサーズ

 
NHK教育でやっている、

ことばおじさんのナットク日本語塾って、

結構、ためになってる番組なのですが、

その、ことばおじさんが、歌う、

これってホメことば?って曲を演奏する、

ことばおじさんとアナウンサーズ

全員NHKのアナウンサーなんですか?

BS2で、ミュージック・エクスプレスという番組で演奏を見ました。

バンド形式だったけど、カラオケだったように思う。

それなら、バンドにする意味がないような。

これってホメことば?
ことばおじさんとアナウンサーズ
B000HA481A

2006年09月19日

【iTMS(13)】 ルパン三世’80 (2005ニュー・ミックス) | ルパン三世・ジ・オリジナル -ニュー・ミックス2005- (Digital Edition) | ユー&ザ・エクスプロージョン・バンド

 
こういうカッコいい曲に子供の頃、接することができて幸せでした。
聞いてると元気が出るし。

また、大野雄二だけでなく、こっちも忘れられない。
 
ルパン三世 THE 1st SERIES ANTHOLOGY - MUSIC by TAKEO YAMASHITA
山下毅雄 チャーリー・コーセイ よしろう広石
B00008BDEE

2006年09月03日

【iTMS(12)】 サザエさん | 宇野ゆうこ

 
誰もが知ってるこの曲(筒美京平作曲)をダウンして、改めて聞いてみて、
思いましたのは、

この曲の音ひとつひとつが、
この身に染み込んでいるかのように、
深く馴染み深いものであること。

わざわざダウンロードして聞く必要などないと思えるほどに。

この番組を習慣的に見ていたのは20年以上前のことですけど。

これまでの人生で聞いてきた音楽の中で、
この曲が一番自分に染み付いているのだとすれば、
少し恐ろしい(笑)

何十年もの長い間通用する曲を作曲・編曲する筒美京平おそるべし
特に編曲が凄いと思う。
  
  

2006年08月09日

【iTMS(11)】 String Quartet No. 1 in D Major, Op. 11: II. Andante cantabile | Peter Ilyich Tchaikovsky

 
映画「転校生」を観て、
「アンダンテカンタービレ」をiTMSからダウンロードしたくなりました。
よく分らないけど、こんな有名な曲がないはずがない。

でも、それからが大変。
えっと、作者は誰だっけ、Googleで検索して、そうか、チャイコフスキーか、

でも、カタカナで、アンダンテカンタービレやチャイコフスキーで検索しても、
見つけられない。

チャイコフスキーのつづりは?
Wikipediaだと、ロシア文字綴りで、これもiTMSではヒットしないなあ。

Andanteは綴りが分ったので、これで検索して、
かたっぱしから確認して、
この曲をダウンすることができました。

やれやれ。