2007年06月12日

6/12 【TV】 サラリーマンNEO SEASON2-9

 
・angel A

 とても、面白かったんですけど、
 何をやりたくて、これを思いついたのか、
 全然想像できません。(笑)

 このコントの何が難しいかと言うと、

 このコントの主人公を最もうまくやれるのは、
 アンジェラアキその人かもしれません、
 結構、やりそうでしょ。

 なのに、本人以上に、
 本人がやりそうな、でも、本人がやらないことを
 やってみせなきゃなんない、っていう難しさのように思います。

 原さんには、セクスィー部長をお手本に(笑)
 もっと弾けていただきたいと思います。

 セクスィー部長って、その辺、凄いな。
 どこかで見た様な、でも、見た事ないものになっているもの。

2007年06月05日

20070605 【TV】 サラリーマンNEO SEASON2-8

 
This is a COMEDY program.と、予め言ってしまうと、
わざわざ冒頭にニュースコントを持ってきても、
効果が薄れてしまってもったいないのですが、
NHKの良心というか、限界というか。

でも、いつか、1回だけでも、
これを逆手にとったギャグをやって欲しいのですが。

( コメディと言っておいて、
  本職のアナウンサーにコントのニュースを話させたり、
  コントとは言わないで、
  中山ネオミにあのセットで本当のニュースを読ませ、
  This is NOT a COMEDY program.とテロップを出すとかね。
  紅白の直前にそれをやったら凄いぞ(笑) )


・苦情審査部災川秀子

 面白かったかというと、今後に期待するとして、(笑)
 印象深かったのは、
 ライティングを意識した計算した動きをさせていること。(笑)
 そんなテレビコントは、この番組だけだと思います。


・セクスィー部長 #3

 八十田さんは、またまた、難易度の高いオトシを担当していました。
 ( 担当させられている?、みたいな )
 ちょっと、成功しなかったようです。(笑)
 意図は伝わりましたけど。

( 070616追記
  このオチは、例えば、吉本の池乃めだかさんなら、
  落とせるような気がしました。
  やはり、ベテランは侮れん(笑)
  と、すると、
  女優を野川由美子さんや高畑淳子さんにして、
  他の出演者を全部、吉本新喜劇の人たちでやると、
  おもろいような気がしてきました。 )

 この後は、毎回、大物女優にゲスト出演してもらって、
 スケールの大きなくどきを。
 最後は、エリザベス女王を落として、
 国際問題になる。(笑)


・明細書

 田中要次のせつない表情で締めるところがこの番組らしいところ

  
  
 

2007年05月29日

5/29 【TV】 サラリーマンNEO SEASON2-7

 
・出張します
 
 生瀬勝久がペットボトルのお茶を飲むところで
 唐突に思いましたが、
 小林よしのりのギャグマンガを実写にするなら、
 生瀬勝久が必ず必要だと思いました。(笑)

・果てしなき退職願い

 十分に面白いのですけど、
 彼(中村靖日)は、
 何故そんなに退職したいのか、も気になってしまうのです。
 シチュエーションにうまく乗れないっていうか、
 この番組のコントでは時々私はそう感じるのです。
 でも、君島洋一という彼の名前は、
 絶妙な設定だと思います。

・20年目の再会

 よくできていましたけど、
 昔、志村けんと石野陽子で、
 おんなじようなのを観たことがあるような気がする(笑)

2007年05月22日

5/22 【TV】 サラリーマンNEO SEASON2-6

 
・よく見る風景 エステサロン

 中田有紀、田口浩正、双方にはまり役で、
 しかも、内容も、
 台詞や音の使い方など、かなりバージョンアップしていて、
 もはや、よく見る風景などでは、なくなっていますが。(笑)

 「正確には笑ったのではございません、
  笑わされたのです。」

 「その意味はお客様ご自身が
  一番骨身に染みて分ってらっしゃるかと存じます。
  私はその運命に同情し励まそうとしただけでございます。」

 爪を磨く音と、体の中が痛い音(笑)

 八十田勇一さんは今回不要になってましたけどね。

2007年05月08日

20070508 【TV】 サラリーマンNEO SEASON2-4

 
・社内カウンセラー

 これなどが、この番組で、
 私が好きになれないパターンです。

 10年前なら笑えたかも。
 でも、今は、こういう内容なら笑えない。


・大河内透の恋愛ブログ 5月8日「共有」

 特に感想はないが、( 結末は分っているので。)
 毎回、題名だけは書いておこう。(笑)


・セクスィー部長 #2

 中田有紀の新境地が。(笑)

 テレビで、
 キャラクターの特徴を「匂い」で表現しようとするところが、
 この番組らしいなと思います。

 しかし、2回目にして、
 オチなんて必要ないコントになっているところが凄い(笑)
 それを自覚してのことか、
 最後の、半分素になってる演者を映しているのが面白い。

 締めの八十田勇一の台詞が今回関西弁になっていますが、
 よく考えると今回は前回と違う会社の話なので、
 掃除のおじさん八十田勇一は同一人物ではないわけです。
 そういうことが示したくて関西弁にしたのかな、と思いました。
 この番組の作り手はそういう真面目さがあるように感じます。




2007年05月01日

5/1 【TV】 サラリーマンNEO SEASON2-3

 
・サラリーマン百景

 ああいう凝った小道具はこの番組ならでは。
 メダカ8匹買ってこなきゃいけないし。

・夜のテレビ小説 おかんとみどり
 第一回OLそれは犬を飼いたくなるもの

 面白かったですが、それでいいのか、宮崎美子(笑)
 テーブルを2周もしてました。

2007年04月10日

20070410 【TV】 サラリーマンNEO SEASON2-1 セクスィー部長初登場

 
再開しました。サラリーマンNEO、

今度も、面白かったり、面白くなかったり、
毎週、観るか観ないか、悩まされそうです。


・大河内透の恋愛ブログ 4月10日 「始動」

 Reの続編になりますが、
 面白くなりそうです。
 でも、結末どうなるか、わかりきってるけど。(笑)

 前シリーズの三条かほりさん(旧姓むらた)、
 祐天寺18−3フルール祐天寺502在住、は、
 実際に姿を見せることはなかったんですけど、
 今度の、小島まりえ(いとうあいこ)は、
 姿を見せて、皆が納得する笑顔も見せるという、
 難易度高いことをやらされています。
 これから、毎回、大変なのではないでしょうか。
 その笑顔の瞬間をホームページに貼るべきです。(笑)

・Sexy-bucho

 セクシー部長(笑)とは、てっきり南野陽子のことかと思いきや、
 沢村一樹の色香恋次郎という、
 達者だが、俳優として必要なのかどうか分らない(笑)、
 オチない芸が続いて、
 わざわざ、八十田勇一でオチをつけてました。
 ( つまり、オチないとわかっていて、
   あれをやらせているわけで )


ーーーーーーーーーー

(20180701追記)
20180629放送のコンとコトンで、
セクスィー部長の第1回を11年ぶりに観ました。
上の表記は、セクシーじゃなく、セクスィーだよという
突っ込みはともかく、
回を重ねて、パターンを作り上げたのではなく、
初回にして、
キャラクター設定が完成していたことを
確認しました・笑



2007年02月08日

【TV】 謎のホームページ サラリーマンNEO シーズン2放送決定

 
サラリーマンネオの第2シーズン作成が決まったそうです。

07年4月より放送されるそうです。

楽しみですね。

過去のサラリーマンNEOの記事については、

左上の検索ボックスで、「サラリーマン」で、

検索してみてください。

2006年12月24日

12/24 【TV】 謎のホームページ サラリーマンNEO クリスマススペシャル

 
まあまあ楽しみました。

私は今回、サラリーマン体操で初めて、
くすっと笑いました。
「次は、ワカメです。
 サラリーマン海草〜。」
 (もちろん、皮肉)

( でも、バックの人たちが、
  航空会社の一般の方たちなのであれば、
  大真面目に体操してて、
  それには好感もてました。
  
  後に、分りましたが、
  この撮影は、
  社員の人も事前練習なしに集合して、
  全てを2時間で撮ったそうです。
  素晴らしいですね。 )

中田有紀(なかだあき)さんを使いすぎだと
思うんですよね。
今回、
田口浩正にも茂木健一郎にも、
同じようにツッコミしていて、
(同じようにしか、できないので、)
違うテイストのコントが、
似た雰囲気になってしまう。

最後のコントですが、
小松政夫から、
ワールドカップ日本優勝おめでとうユニフォームシャツを買った、
生瀬勝久、
あんた絶対騙されてる(笑)

でも、コントそのものは、
なんとなく、暖かなムードになって、
終わりました。
このコントの題名は、
「幸せですか?」。
普通にクリスマスを楽しんでいるあなた、
あなたも騙されているんだよっていう、
または、
騙されても、幸せな気分になればいいんだよ、
っていう、
毒のあるコントなのかな、と思いました。
(無粋な感想でごめんなさい)

2006年09月26日

9/26 【TV】 謎のホームページ サラリーマンNEO Season1-21 Extra

 
・窓際 my patience

 このコントはRe:の最終回より前に作られていますね。(笑)

 こういうのは、私、好きです。
 通路側の人(生瀬勝久)だけでなく、
 窓側の人(田口浩正)に対しても、
 そうそう、でも、しょうがないよねえ、って共感しながら笑えるから。

・最後の一杯

 これも好きですね。
 最終的には、この主人公は救われていると思うので。

 ( 店の名前は、「麺屋寧応亭」でしたか? )

今回は、最終回の次の特別編でしたが、
どういう位置づけだったのでしょう。
いずれも、今までとは少しテイストが違うコントのような気がしました。

それなりに好評なので、放送を1回増やして、
惜しくもお蔵入りになっていた未放送分を使ったものだったのでしょうか。

それぞれ、この番組が狙っているセンと
少し違うということになったコントだったのかもしれません。

「地味かな」(窓際)とか、
「ありきたり」(BSE)とか、
「ちょっと下品?」(at home of the boss)とか、
「少し暗いか」(最後の一杯)とか。

でも、この番組の狙いと自分の好みの差が分ったように思いました。
この番組では、ウェットなものはなるべく避けているのです。

コント番組は続けていくのが大変だと思うので、
少し間を空けて、
でも、いつか、また始めて欲しい番組ですね。