2023年01月13日

匂いの記憶 (書きかけ)



・百貨店

 初めて日本橋の高島屋の1階に足を踏み入れた際、
 この匂いはどこかで、と思いました。

 それは、子どもの頃行った、
 心斎橋の大丸の匂いと同じでした。

 あれは何による匂いなのだろう。

 ( 化粧品の香料とは違う、何か空調の匂い? )




posted by inatt at 11:37| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月01日

ドラマやマンガに登場する携帯電話その他情報機器

【日本】

●(大阪万博で携帯電話初公開)(1970)
  21センチ 600グラム

●(自動車電話サービス開始)(1979)

●(携帯電話サービス開始)(1987/12/21)
  アナログ 750グラム 月額2万3千円レンタル

●私をスキーに連れてって (1987/08)
  http://inatt.seesaa.net/article/420524640.html
  オフィスのバックにドットプリンタの発する音が多用されている
   公開当時は邦画としてはリアルな処理だと思いました
  ワープロ専用機もある。
  東京の電話番号が7桁
  アマチュア無線を活用している

●異人たちとの夏(1988/09)
  http://inatt.seesaa.net/article/398821197.html
  小さなカセットテープで録音する留守番電話
   (当時私が使っていたものと同じ)
  公衆電話で連絡
  携帯電話なんて出てこない
  脚本家が卓上ワープロで執筆
   病院では5行表示くらいの持ち運びできるワープロを使うが
    現実的ではないだろう

●王様のレストラン (1995/04)
  http://inatt.seesaa.net/article/398821169.html
  国会議員がトランシーバーのような携帯電話を使う(第7話)
  しずかが橋幸夫のCDを携帯CDプレーヤーで聞いている(第11話)


●理由(映画 2004)
  http://inatt.seesaa.net/article/398821630.html
  1996年の設定で、かなり小さい折りたたみ携帯が出てくる
  これは間違いと言えるだろう

●踊る大捜査線(1997)
  http://inatt.seesaa.net/article/398822114.html
  テレビシリーズでは、室井だけが携帯電話(折りたたみ式)を持っていた。

一緒に遭難したい人 5話(初出1997年8月)
  1話(初出1990年11月)から4話まで携帯電話は登場しない。
  マキちゃんは出先から公衆電話から絵衣子の携帯へ電話をかける
  絵衣子は携帯も固定電話も持っているが、
  サラリーマンの中尾も青谷も携帯電話は持っていない様子。


●ドラマ「しんがり」(2015年)
  山一證券の自主廃業は1997年。
  当時の山一證券のオフィスのシーンでは、
  ブラウン管のパソコンディスプレイがずらりと並ぶ。  

●携帯メールで漢字が打てるようになった。(1998年)

●(iモードサービス開始)(1999年2月22日)

●カラー液晶の携帯が登場(1999年12月)

●池袋ウェストゲートパーク(2000/04)
  折りたたみ式がまだない
  電話にでるとき、
   「もしもし」と言わず、「はい、マコト!」と言って出る。
   個人名を名乗るのが新しい。
   着メロが個性を表す演出に使われている
  誰からかかってきたのか判ることが、演出に使われている

●〜2000年
 このあたりまでのマンガなどでは、将来に、
 海外や宇宙への通信が携帯端末で可能と想定されていない。
 そういう場合、公衆電話的なものが登場する。
 パトレイバーや、エヴァンゲリオンや、
 プラテネスなどで、
 それをうかがい知ることができる。

●ドラマ「ハゲタカ(第3回・2000年)

 三島由香の携帯はドコモp502i(1999年冬モデル)

●最初の写真メールは日本で2000年11月に登場

●携帯電話に初めて予測変換が搭載された(2001)

●木更津キャッツアイ(2002/01)
  折りたたみ式を使っている
  ひとりだけポケベルを使っていることがギャグになっている

●ロッカーのハナコさん (2002/08)
  http://inatt.seesaa.net/article/398821137.html
  幽霊が着信メッセージを残す
  幽霊が特別な着メロを流す

●池袋ウェストゲートパーク スープの回(2003)
  着メロが16和音に?

●木更津キャッツアイ 日本シリーズ(2003/11)
  ポケベルしか持ってなくて、
  携帯を持ってないことがギャグに使われている

●ドラマ「ハゲタカ(第4回・2004年)

  鷲津の携帯電話はノキア・Vodafone 702NK(Nokia 6630)(2004年12月発売)

( 筆者がiPod nanoを買った。 2006/09
   http://inatt.seesaa.net/article/398821658.html )

●グッジョブ (2007/03)
  http://inatt.seesaa.net/article/398821860.html
  会社のパソコンのディスプレイが全部、
  20インチ?くらいの大型だったのが印象的。
  大型の液晶ディスプレイが当たり前になっている?

●怪奇大作戦セカンドファイルゼウスの銃爪(2007/04)
  携帯にGPSが内蔵されていることが前提になっている。

●HERO 映画・2007年
  久利生は、iPod shuffle(第2世代)を使っている。
  折りたたみ携帯で撮る写メ
  メールアドレスの交換

●iPhone 3G 日本発売(2008/07/11)
 

【韓国】

●冬のソナタ(2002/01)
  http://inatt.seesaa.net/article/398821060.html
  折りたたみ式携帯電話を使っている


【米国・フランス】

●ザ・ホワイトハウス1(1999/09)
http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533034.html
  大統領のスタッフたちを呼び出すのに、ポケベルが使われている(1話)
  レオやジョシュが携帯電話を使っている。(4話)
  サムが通常、ポケベルと携帯両方を持っていることが示される(14話)
  ジョシュやサムが使用している携帯は、折りたたみ式だが、
  日本のものよりも小さく薄く、余計な機能がないものだろう。(15話)
  
●ザ・ホワイトハウス2(2000/09)
http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533047.html
  携帯電話があれば、
   簡単に連絡がとれるはずなのに、という場面がある
   (大統領が撃たれた晩にドナが病院に入れない、など)

  一方、携帯が頻繁に使われている。特に後半。
  (3年前?の回想でジョシュが携帯を使っているけど、
   どうだろう?)

●ER8(2001/09)
  http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533230.html
  ケリーに連絡するのにポケベルが使われる
  また、置き忘れるという筋書きは、携帯よりポケベルで使いやすい

  マークが死の床で、音楽を聴くときにCDの携帯プレーヤーを使っている

●ザ・ホワイトハウス3(2001/09)
  http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533083.html
  携帯電話が頻繁に使われている

●ER9(2002/09)
  http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533143.html
  カーターやアビーが頻繁に携帯(折りたたみ式)を使う

●ER10(2003/09)
http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533184.html
  カーターがアフリカにデジタルプレーヤー(ipod?)を持参
  (でも、充電できるのか?現実的でない設定かも)
  レギュラーたちが普段携帯を使っている気配がほとんどない
  (病院内の描写がほとんどなのでそれが普通なのか)

●ER10(2004/09)
  「プラズマテレビってキレイ」

●デスパレートな妻たち (2004/9)
  http://inatt.seesaa.net/article/398821391.html
  ガブリエルがジョギングするとき、iPod miniを身につけている


●ザ・ホワイトハウス7(2006)
  http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533436.html
  仕事中毒のジョシュの携帯は、BlackBerry(ブラックベリー)。
  原語では、「携帯」ではなく、BlackBerryと言っている。

●ER12(2006/09)
  モリスがブログを持っている
  ( という台詞を解説なしでメジャードラマでやっている )

●20070629 米国でiPhone発売
  
●ER13(2007/09)
  ルカがスマートフォンを持っている。

●グッド・ワイフ (2009/09)
  http://inatt.seesaa.net/article/398822424.html
  登場人物たちが情報を得るのは、テレビニュースではなく、
  もっぱらyoutubeのようなサイト。
  弁護士たちはBlackBerryのようなスマートフォンを愛用。

●アストリッドとラファエル 文書係の事件録 (2020/3)
  ダークウェブから東欧の青酸カリを入手




posted by inatt at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月13日

場所の記憶 (書きかけ)



■東京

・丸の内

シン・ウルトラマンで現在の実景で表現されていることから、
フジ隊員が巨大化した場所が、
私にも分かるようになりました。

シンウルトラマンの感想
 http://inatt.tokyo/article/488010932.html


・新宿御苑

ぼくの大好きな青髭 庄司薫 1977年
 http://inatt.tokyo/article/468154755.html


■大阪

・大阪駅

改札を抜けて、少し階段を上り、地下の通路を渡り、階段を上り、各ホームに出る。
幼児のときの記憶では、そっけない四角いコンクリートの通路。

今はなくなっているが、
「ちりとてちん」第18回で2007年頃の様子を垣間見ることができる。

  https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2010015105SA000/index.html


ソニータワー大阪
 大阪市中央区心斎橋筋1-1-10

ソニーは子供の頃、かっこいい会社で、
最寄りの駅近くにソニーのお店があり、
ソニータワーに行けば、近未来とつながっているような商品を触ることができた。 


大毎地下劇場 ( 毎日大阪会館・南館 )

 ヒッチコックやジーンケリーのミュージカルなどをここで観た。
 上映予定は「ぴあ」で知る。
 ( 風の谷のナウシカを毎日ホールで観た )




・小田原 オリオン座

 一番小さなスクリーンの会議室みたいに少ない客席数に吃驚した(失礼)

 「私をスキーに連れてって」を土曜日の深夜に何度も観にいった。


posted by inatt at 22:29| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月02日

日本サッカーの坂の上の雲



【サッカー】日本代表 イラク戦・17秒の伝説
           FIFAワールドカップUSA94 アジア地区最終予選第5戦
  「あの試合は体がすごく重かった」
   http://inatt.tokyo/article/398821634.html

20051120 【雑誌】月刊[バーサス]VS. 「ドーハの悲劇」はドイツに通ず
  「日本に足りないものがあるとすれば、経験である」
   http://inatt.tokyo/article/398821326.html

20081206 イビチャ・オシムのリハビリテーション
  サッカーは、人生の縮図だと言ってもいい。
  人生のさまざまな要素が凝縮されている。
  http://inatt.tokyo/article/398822274.html

20100702 駒野が外したPKも「あれがあったから」と、いつか語れる日が必ず来るだろう
  「日本サッカーは、上がり下がりしながら1本の稜線の上を歩いている」
   http://inatt.tokyo/article/398822378.html

20131017 【雑誌】 Number 839 ドーハの悲劇 20年目の真実。
  一度は触れたかに思えたものに、結局は一生届くことがなかった、
  そういうことが確かに起こりうる。
  http://inatt.tokyo/article/398822478.html

20181208 【TV】 NHKスペシャル「ロストフの14秒 日本vs.ベルギー 知られざる物語」
  「故意のファウルは日本人らしくない。
   望ましい結果が得られなくても、それが日本人なのだ」
  http://inatt.tokyo/article/463338898.html

20210731 東京オリンピック、対ニュージーランドPK戦勝利。
  (川口能活GKコーチがPK戦前にGK谷晃生選手に)
  「ヒーローになってこい」
   7月31日は、2004年に川口がアジアカップ対ヨルダンPK戦でヒーローになった日。

20221123 ドーハの歓喜





20221127 コスタリカ戦

なるほどな、落ち着いたもの言いだなと感心しました。

本田圭佑「勝手に期待して勝手に失望してるだけ」
松木安太郎「ドイツに負けてコスタリカに勝ったと思えばいいんですよ」





■なでしこ

・女子の置かれた環境に不平の一つも言わず、強敵に倒されても、泥水をすするような思いで「私たちが戦うことをやめたら、将来サッカーをする女子はいなくなる」と戦い続ける先輩方を、もっと知ってほしかった。
・私たちはW杯優勝を経験した。それは、W杯を優勝してさえも変えられないことがあるのを知ったことでもある。
・先輩や私たちがピッチで戦った時間も、ピッチを離れて生きていく一コマも、女子サッカーという同じ物語の1ページとして未来へ連なればと願う。
・特別な存在でなくとも、歩みとして歴史として、きちんと紡いでいけること。それこそが文化なのだと思う。

( 宮間あや 応援したくなる文化に 20191008 日経電子版 ) 


20210809追記

東京オリンピック2020で、女子サッカーはベストエイトという結果でしたが、

当チームは、
スポーツ記事などで、
澤穂希をはじめとして2011W杯優勝メンバーなどから、
結構きびしめの意見を受けていました。

私は当初、
成果を出した先達が後輩には厳しくなりがちみたいな、
もう少し優しくしてあげたら、と思っていたのですが、

先輩たちは、その経験から、

必死にプレーし、勝たなければ、応援してもらえないのだ」と

身に沁みて、知り尽くしているからではないかと考えるようになりました。



( 比較として、
  プロ野球選手たちは、
  オリンピックやWBCで、
  ものすごいプレッシャーや結果評価を浴びながら
  プレーしていることを
  私たちはよく知っている )





球辞苑 ( 文化として定着しているスポーツ )
 http://inatt.tokyo/article/447147839.html



posted by inatt at 10:12| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月29日

【TV】 あの人に会いたい (一覧)


 
NHKの番組
「 「あの人に会いたい」はNHKに残る膨大な映像音声資料から、歴史に残る著名な人々の叡知の言葉を今によみがえらせ永久に保存公開する「日本人映像ファイル」を目指す番組です。 」
https://www.nhk.or.jp/archives/people/?year=2004


#006 大西良慶 (1875〜1983) 
そら、その三つ(食う・働く・寝る)が心に掛かるようになったら、
その心が正しい方へ向いとるの。
http://inatt.tokyo/article/398821530.html


#017 加藤唐九郎 (1898〜1985)
焼き物を作って、己が救われるまで努力するよりしょうがない
http://inatt.tokyo/article/398821617.html


#046 開高健 (1930〜1989)
見えざる危機は自分の心ですね
http://inatt.tokyo/article/398821836.html


#100 藤子・F・不二雄 (1933〜1996)
http://inatt.tokyo/article/398821613.html?1674792273


#155 角谷一圭 (1904〜1999)
安心したらあかんですわ、安心してるとね、ペケでますよ
http://inatt.tokyo/article/398822127.html


#170 升田幸三 (1918〜1991)
人生というのは話し合いだと思う
http://inatt.tokyo/article/398822201.html


#191 埴谷雄高 (1910〜1997)
書物の中に残された埴谷の魂は、精神のリレーを待っています
http://inatt.tokyo/article/398822258.html


#307 森繫久彌 (1913〜2009) (の妻)
女房が紙芝居やるんですよ、 汽車の中で、 無蓋貨車の中でね
http://inatt.tokyo/article/471423178.html


#535 海老一染之助 (1934〜2017) 海老一染太郎 (1932〜2002)
染太郎さんが病死、その棺を染之助さんは、おめでとうございます、の決め台詞で送りました
http://inatt.tokyo/article/459906584.html


#628 福本清三 (1943〜2021)
誰かが見ていますよ、ほんまに。一生懸命やる。
https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009250628_00000


#670 柳家小三治 (1939〜2021)
「おめえの噺は面白くねえな(小さん)
「落語を面白くするには面白くしようとしないことだ(志ん生)
「お客さんは何を聞きに来ているかというと、結局その人柄を聞きに来てるんですね
「まくらの長え噺家にろくなやつはいねえっていうからな
( 談志も小三治もなんで首に手拭を巻いてるんですか・笑 )
https://www.nhk.or.jp/archives/people/detail.html?id=D0009250670_00000






http://inatt.tokyo/pages/user/search/?keyword=%82%A0%82%CC%90l%82%C9%89%EF%82%A2%82%BD%82%A2




あのひとにあいたい
posted by inatt at 19:11| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月02日

大林宣彦監督映画の感想



「人の命には 限りがあるが、物語の命は永遠だろう」






( Wiki  )
( IMDb )

【監督作品】

絵の中の少女 1960年
 若き日の大林宣彦の風貌
 後に弾き直し入れ直したピアノ伴奏が相当に饒舌な(うるさい・笑)件

喰べた人 1963年 (共同演出・撮影)
 口から目ん玉
 岸田森はやはり特別な存在感があると思う

EMOTION=伝説の午後・いつか見たドラキュラ 1966年

 死んだ人たちはどこにいる
 旅に出かけておりまする

 人はいつまでも、夢の中にいるわけには、いかないのだ
ロジェ・バディム

 つんつるてんの着物
 飛び跳ねる少女

ハウス HOUSE 1977年
 Cherries were made for eating.
 http://inatt.tokyo/article/398821810.html 

瞳の中の訪問者 1977年
 ハウスの公開が1977年7月30日で、この作品は1977年11月26日公開

ねらわれた学園 1981年
 薬師丸ひろ子が大林映画にハマらない理由というのは興味深いテーマ、
 彼女がまだキャリアの浅い頃から自我のあるキャラクターだったからではないか。

(大林監督は俳優をコマのように材料として扱う。
 たとえば、
 植木等はそういうものだと心得ているし、
 三浦友和はそういうことが次第に嫌になったのでは?)

 高校を西新宿のど真ん中に置くのは80年代っぽい。

 (「セーラー服と機関銃」では、
  それとは違う「新宿」を、
  主人公が赤いハイヒールを履いて闊歩する)

転校生 1982年
 自由で幸福な映画作りは永遠にフィルムに焼き付いている
 http://inatt.tokyo/article/398821627.html  

時をかける少女 1983年
 深町君への想いを胸に秘め、ゴロちゃんを忘れて空ろなこの世に彷徨い続ける和子
 http://inatt.tokyo/article/398821629.html

廃市 1984年
 個人の趣味が最も素直に現れた作品。
 制作費のせいでもあろうが、
 ナレーションも音楽も監督自身が担当している。

さびしんぼう 1985年
 そんな光景を皆さんはなんとお考えになるだろうか
 http://inatt.tokyo/article/398821762.html
 
漂流教室 1987年
  もう会えない人たちのことを語り合う
 http://inatt.tokyo/article/431511222.html

異人たちとの夏 1988年
 てめえでてめえを大事にしなくて、誰が大事にするもんか
 http://inatt.tokyo/article/398821197.html 

ふたり 1991年
 饒舌な監督はそれでもあえて語る気がないことをたくさん抱えている
 http://inatt.tokyo/article/398821210.html

理由 2004年
 http://inatt.tokyo/article/398821630.html  

転校生-さよなら あなた- 2007年
 人の命には 限りがあるが、物語の命は永遠だろう
 http://inatt.tokyo/article/448836200.html

この空の花 長岡花火物語 2012年
 長岡花火は、とても綺麗だと毎年思うのですが、
 この映画を観ているので、
 他の花火大会の花火とはどこか違って見えるところがあります。

花筐/HANAGATAMI 2017年
 さあ、君は飛べるか、僕は...
 http://inatt.tokyo/article/476768897.html

海辺の映画館ーキネマの玉手箱 2020年
 映画に自分を塗り込めた。羽臼屋敷のおばちゃまのように
 http://inatt.tokyo/article/480250903.html





【TV出演など】

私のこだわり人物伝 植木等 世の中スイスイ無責任 第一回「引き」の喜劇人 2007年
 日本人全員が、「無責任日本人」になろうとしていた時代なんですよ
 http://inatt.tokyo/article/398822085.html

新宿ミラノ座の閉鎖(2014) 荒野の七人と時をかける少女 2014年
 タイムリープしていたとしても当劇場は責任を負いかねます
 http://inatt.tokyo/article/455739288.html  

青春は戦争の消耗品ではない 映画作家 大林宣彦の遺言 2017年
 作家の真実は映画を観て感じるしかない
 http://inatt.tokyo/article/453187435.html

目撃!にっぽん「それでも僕は映画を撮る〜監督・大林宣彦 80歳の決意〜」
 君たちは俺の未来だから、がんばれよ
 http://inatt.tokyo/article/462051557.html

クローズアップ現代 「大林宣彦監督 生きる覚悟」
 表現で過去は変えられないが、
 未来を変える力はあるんじゃないか。
 http://inatt.tokyo/article/474660109.html

映画で未来を変えようよ〜大林宣彦から4人の監督へのメッセージ〜
 カタルシスだけは絶対に描かないと、これが実はね、戦争映画を作ることの一番大事な点なんです。
 http://inatt.tokyo/article/478738063.html

大林宣彦、全自作を語る
 http://inatt.tokyo/article/478327615.html





大林宣彦監督追悼
 http://inatt.tokyo/article/474517318.html

IMDb
Nobuhiko Ôbayashi
https://www.imdb.com/name/nm0643171/





【論点】(書きかけ)

・「映像の魔術師」ではなく、「言葉の魔術師」

・1960年〜1963年頃の暮らし

・福永武彦に心酔する文学少年と自己プロデュースに長けた業界人

・企業の資金をふんだんに使い、広告を大量生産していた時代

・冒頭に映写機が回る音がする

  時をかける少女、さびしんぼう、花筐

・大林監督自身がナレーションを入れている

  廃市

・幽霊映画、化け猫映画

  ハウス、理由、この空の花、野のなななのか、海辺の映画館

・吸血鬼映画・生の象徴

  墓から血(形見)
  女性から血がたらり

・男はフラれる(あえていうと、尾美としのりはふられる・笑)

  時をかける少女( 吾朗、深町も )
  ふたり( 神永 )

・肝心なときに行動しなかった男

 時をかける少女、花筐

・お墓

 形見、EMOTION、転校生-さよなら あなた-、花筐

・白塗りの日本兵の行進

・キノコ雲・キノコ雲を見る子ども

 恋人よわれに帰れ

・エンディングがブギウギ

 野ゆき山ゆき海べゆき、海辺の映画館

・何故懐かしいと感じるのか

 尾道の風景(転校生)
 下町の両親(異人たちとの夏)

・死の気配

 青春〜の先生

・止まっている時計

 廃市、野のなななのか

・撮影、画面作りの変遷

 長野転校生の斜めに傾いた画面

・ブルーバック

 ハウスのときから、現実の背景を使おうとしていない

 晩年は、撮影場所が特定できると聖地化する現象を避けていたのか、どうか。

・作り物の背景

 嘘だとすぐに分かっても物語中の必然と受け入れることができたり、できなかったり。

 夏休みの旅行に出かける朝の青空と東京駅(ハウス)
  いつまでたっても、この東京駅が一番好きなターミナル駅だ・笑

 少女の部屋の外の景色(ねらわれた学園)
 
 浅草ビューホテルと花やしきが同じ方向に見える(異人たちとの夏)

 インターナショナルスクールの背景の山の手の家並み(漂流教室)


・リアルな背景


・曖昧な結末

 さびしんぼう

 彼のオートバイ、彼女の島(カラーの現実、モノクロの現実)

・ミュージックビデオ

 1970年代だったのでCMディレクターになったが、
 10年遅く生まれていたら、
 1980年代にミュージックビデオディレクターになったのかも。

 「HOUSE ハウス」のCHERRIES WERE MADE FOR EATING
 「ねらわれた学園」「漂流教室」のオープニングクレジット
 「時をかける少女」のエンドクレジット

 この部分に特に都会的な優れた感覚があったと思うが、
 それが一番やりたい好きなことではなかったようだ。


・あえて語らないこと

 実家との関係

 任侠の世界
  推測だけど、尾道にはその筋の方がたくさんいたのでは。
  尾道は夢の町ではない

・自己模倣を避ける、変わろうとする

 廃市が、
 やりたかったことを素直に表現できたものなのかもと
 思うときがある。

 同じ場所をくるくる回るように、
 同じような作品を繰り返し作り、
 自己模倣を続ける作家もたくさんいるかもしれないが、

 そうはならなかった。 


・「映画はウソから出た真(マコト)」

 大逆事件で死刑となった大石誠之助は、収監中に、
 面会にきた堺利彦に、
 「今度の事件は嘘から出た真(まこと)である。」と語った。
 (「道頓堀の雨に別れて以来なり」田辺聖子)

 監督が「だから、映画のウソのほうが〜」と言うかもしれない、現実の恐ろしさ。





20210130にNHK総合で1980年の山口百恵のファイナルコンサートが放送された。



興味深いお話。
嘘や間違いはないとしても、
山口百恵は本当に歌えなかったのか、歌いたくなかったのか、
内面は、外面や発言と同じとは限らない。
あるいは、
同じ画も語り方ひとつで別のものに見える、
大林宣彦監督らしい述懐に思えます。

( 「もう、忘れました」と言って断っただけの可能性も )

( 大林監督は、
  山口百恵はスパッと芸能人を辞めたのだ、
  と言いたかった、
  思っていた、
  のだと思う )








posted by inatt at 07:50| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

ゲーム音楽の記憶 ( 書きかけ )



・何百何千回と聴いて飽きず、耳に染み付いて忘れられない

 ファイナルファンタジー7 闘う者達





・特定のシーンにしか流れないので、何度も耳にしているわけではないが、そのシーンの記憶とともに忘れられない。

 ファイナルファンタジー5 エンドタイトル




 ドラゴンクエスト5 愛の旋律
  一晩中、人けのない街をただひたすら彷徨い歩いた・笑

 ファイナルファンタジー8 Love Grows
  人を背負って長い橋を渡る、それだけのシーンを音楽が成立させる。
  一歩、一歩進むにつれ、Love Grows.
  それまでに同じメロディが何度も登場している効果も。





 ファイナルファンタジー10 いつか終わる夢
  頭の中では、目の前の情景ではなく、それまでの物語が現れている





・繰り返しいつまでも聞いていられる

 クロノトリガー









・荒野をひとり

  ひとりだけど、どこまでも、征けそうな。


  荒れ果てた地にひとりであてもなく。




  ひとりだがどこかに仲間がいることを知った。








FINAL FANTASY VII REMAKE をやらない理由(わけ) (私とRPGゲーム)
 http://inatt.tokyo/article/474155120.html



posted by inatt at 04:50| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

音楽の記憶



■一番古いレコードの記憶

家にあったレコードの一番古い記憶は、
坂本九の「涙くんさよなら」(1965年発表)です。

涙くんさよなら - 坂本九
[iTunes]涙くんさよなら - 坂本九


幼児のときなのですが、
記憶に残っていて、
A面B面の両曲ともに、
なぜか、
何とも言えない哀愁、郷愁を感じたことを覚えています。
というよりも、ちっちゃい子どもですから、
そういう細やかな受け取り方でなく、
何か根源的に怖かったという思い出・笑
つまり、坂本九は凄い。


その後、長くそのことを忘れていましたが、
2004年にTOKIOがカバーしたものを聴いたときに、
思い出しました。
ちっちゃい頃、
住んでいた文化住宅で、
ポータブルレコードプレーヤーで聴いたことを。


「涙くんさよなら」は何度もカバーされていますが、
B面の「真ん中とはじっこ」は、
オリジナルでも、他の人の作品でも、
何十年も聴いたことがありません。
が、正確かどうかわかりませんが、
なぜか今でも1番は歌えるのです・笑

真ん中とはじっこ
真ん中にはハート はじっこには小指
真ん中はわくわく はじっこはくすくす
何故って僕は彼女と
指切りげんまん、
ルルル、してんのさ
(作詞:谷川俊太郎 / 作曲:芥川也寸志 / 編曲:いずみたく)

( ドラマなどで、
  非常に幼い頃の、
  情景や音楽をずっと覚えている、
  という描写がありますが、
  人それぞれにそういうことはあるんだろうな、
  と、
  このことから、経験的に考えています。 )

20210104追記

その後、ヤフオクで、レコードを入手し、
真ん中とはじっこを50年ぶり!に聴きました。

「そうそう、記憶に残ってた通り」
「記憶にないけど、こういう感じだったんだ」
「ずっと忘れてたけど、聴くと、そうだったと記憶が蘇った」

というところがそれぞれにあり、貴重な経験となりました。

( 4番まであって、
  だんだん盛り上がるアレンジになっているが、
  1番は全体が記憶どおりで、
  2番3番は、あまりに耳に記憶がないところと、
  聴いてみると、そうそうと思い出すところがあるのに、
  4番の最後の一番盛り上がるところは、
  しっかり記憶に残っていた、など )


( 20220828追記
 今の高校生は、物心ついたとき既にYouTubeがあって、
 「初めて買ったレコード・CD」という概念がないらしいと耳にしました。 )


■ものごころついたときから筒美京平

自分の耳でどこかで聴き覚え、
何か心惹かれて、
知らず口ずさんだことのある歌の、
最も古い記憶は、
「ブルー・ライト・ヨコハマ」(1969年リリース)の
「歩いても、歩いても、小舟のように」の部分です。
そのときの幼稚園の片隅の風景とともに記憶に残っています・笑。

私が歌謡曲をテレビを通じて親しんでいたのは70年代で、

つまり、最初から、筒美京平を聴いて育ったということ・笑。

ブルー・ライト・ヨコハマ - いしだあゆみ
[iTunes]ブルー・ライト・ヨコハマ - いしだあゆみ


(筒美京平氏は2020年10月7日にお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。)



posted by inatt at 19:21| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月18日

食の記憶、食べ物の記憶



食文化というものも時によって変わっていくものだと思います。

■プリン

 病気のときに母親が作ってくれるハウスプリン

 インスタントを使わず作るようになった焼きプリン

 コンビニでいろんなプリンが食べられるように

 1周回って、古くからある喫茶店のプリン


■動物園のソフトクリーム

・クリームも、シャーベットも

■鯨肉

小学生低学年頃、
給食や缶詰で、
鯨肉のカツやサイコロ状の味のついた肉が
好きだったけれど、
今、同じものを食べて、どう思うかわからない。

また、
鯨肉とはいっても、
サエズリや鯨ベーコンを食べた記憶があるわけではない。


■マクドナルドのハンバーガー

たとえば、マクドナルドのハンバーガーというものは、
いまどきの人には、生まれたときから当たり前に存在するものでしょうが、
私にとっては、70年代前半に小学2年生くらいに出会うまでは、
マクドナルドも、ハンバーガーも、自分の生活には、ないものでした。

ピクルスというものをこれで知りました。

(この出会いについては、もっと詳しくいつか書いてみたい)

2020年11月に
トリチ(トリプルチーズバーガー)を初めて食べたときに、
小学2年生くらいのときに、
生まれてはじめてマクドナルドのチーズバーガーを食べたときのことを思い出しました。
つまり、
今の私は、舌が奢っていて、
3枚重ねないと昔と同じおいしさを楽しめることができなくなっているようだ、
と気づいたのでした。


■焼き芋

学校から戻ってきたとき用のおやつの定番のひとつが

焼き芋というか、さつま芋を圧力鍋で蒸かしたもの。

一度、圧力を抜かず、蓋を開け、

爆音とともに爆発して、台所中にイモがとびちったのはトラウマ・笑。

一周回ったのかどうかしらないが、

2020年頃、スーパーの定番になって、

2022年頃には、コンビニのレジ横にも。


■たこ焼きにマヨネーズ

さて、焼きそばやたこ焼きやお好み焼きに、
ソースに加えて、マヨネーズをかけるやりかたは、
ものごごろついたときには、存在していなかったと思います。

70年代半ば以降に急に生まれたような気がするのです。
私の記憶では、小学生のとき、たこ焼き屋さんに、
ある日、突然、
「マヨネーズかけてみる?おいしいよ?」
と、言われたのです。
それは思いがけずおいしくて、
何かの発明に出会ったような気がしたものです。

70年代は、粉ものにマヨネーズをかけることは当たり前のことではなかったように思います。


■教室のストーブで給食のパンを焼く、温める

学校の大きなストーブにあわせた、

いくつもパンを焼くことのできる網、

誰が用意したのだろう。


今なら衛生が云云かんぬん。


■寿がきやのラーメンととんこつ味

小学生高学年のとき、
お小遣いを握りしめ、
ダイエーの片隅の寿がきやのコーナーで食べるラーメンが好きでした。
そのラーメンは今まで食べていたのと違って、
スープが白いのです。

そういうのをとんこつ味というのだと
もう少し大きくなってから
知識を得ました。



posted by inatt at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

「暴走」は、表向きそのようには見えない。その背景には「黙認」「追認」がある

 
・「なぜ戦争なんか始めたんですか」「いつのまにか、そんな雰囲気になっていたのです」

 http://inatt.tokyo/article/468749853.html


・NHKスペシャル 全貌 ニ・ニ六事件〜最高機密文書で迫る〜

 「国民の腹の底にある考えを吾々が実行したのだ」

 http://inatt.tokyo/article/468962434.html


・山一證券の破綻 覚書 「会社」という共同幻想

 「事法の暴走」

 http://inatt.tokyo/article/426529862.html


posted by inatt at 20:14| #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする