2021年02月02日

大林宣彦監督映画の感想



「人の命には 限りがあるが、物語の命は永遠だろう」




【監督作品】

ハウス HOUSE 1977年
 Cherries were made for eating.
 http://inatt.tokyo/article/398821810.html 

転校生 1982年
 自由で幸福な映画作りは永遠にフィルムに焼き付いている
 http://inatt.tokyo/article/398821627.html  

時をかける少女 1983年
 深町君への想いを胸に秘め、ゴロちゃんを忘れて空ろなこの世に彷徨い続ける和子
 http://inatt.tokyo/article/398821629.html

さびしんぼう 1985年
 そんな光景を皆さんはなんとお考えになるだろうか
 http://inatt.tokyo/article/398821762.html
 
漂流教室 1987年
  もう会えない人たちのことを語り合う
 http://inatt.tokyo/article/431511222.html

異人たちとの夏 1988年
 てめえでてめえを大事にしなくて、誰が大事にするもんか
 http://inatt.tokyo/article/398821197.html 

ふたり 1991年
 饒舌な監督はそれでもあえて語る気がないことをたくさん抱えている
 http://inatt.tokyo/article/398821210.html

理由 2004年
 http://inatt.tokyo/article/398821630.html  

転校生-さよなら あなた- 2007年
 人の命には 限りがあるが、物語の命は永遠だろう
 http://inatt.tokyo/article/448836200.html

花筐/HANAGATAMI 2017年
 さあ、君は飛べるか、僕は...
 http://inatt.tokyo/article/476768897.html

海辺の映画館ーキネマの玉手箱 2020年
 映画に自分を塗り込めた。羽臼屋敷のおばちゃまのように
 http://inatt.tokyo/article/480250903.html





【TV出演など】

私のこだわり人物伝 植木等 世の中スイスイ無責任 第一回「引き」の喜劇人 2007年
 日本人全員が、「無責任日本人」になろうとしていた時代なんですよ
 http://inatt.tokyo/article/398822085.html

新宿ミラノ座の閉鎖(2014) 荒野の七人と時をかける少女 2014年
 タイムリープしていたとしても当劇場は責任を負いかねます
 http://inatt.tokyo/article/455739288.html  

青春は戦争の消耗品ではない 映画作家 大林宣彦の遺言 2017年
 作家の真実は映画を観て感じるしかない
 http://inatt.tokyo/article/453187435.html

目撃!にっぽん「それでも僕は映画を撮る〜監督・大林宣彦 80歳の決意〜」
 君たちは俺の未来だから、がんばれよ
 http://inatt.tokyo/article/462051557.html

クローズアップ現代 「大林宣彦監督 生きる覚悟」
 表現で過去は変えられないが、
 未来を変える力はあるんじゃないか。
 http://inatt.tokyo/article/474660109.html

映画で未来を変えようよ〜大林宣彦から4人の監督へのメッセージ〜
 カタルシスだけは絶対に描かないと、これが実はね、戦争映画を作ることの一番大事な点なんです。
 http://inatt.tokyo/article/478738063.html

大林宣彦、全自作を語る
 http://inatt.tokyo/article/478327615.html





大林宣彦監督追悼
 http://inatt.tokyo/article/474517318.html

IMDb
Nobuhiko Ôbayashi
https://www.imdb.com/name/nm0643171/





【論点】(書きかけ)

・「映像の魔術師」ではなく、「言葉の魔術師」

・1960年〜1963年頃の暮らし

・企業の資金をふんだんに使い、広告を大量生産していた時代

・冒頭に映写機が回る音がする

  さびしんぼう、花筐

・大林監督自身がナレーションを入れている

  廃市

  いれていない( さびしんぼう、花筐、彼のオートバイ、彼女の島 )

・幽霊映画、化け猫映画
  理由、この空の花、野のなななのか、海辺の映画館

・吸血鬼映画・生の象徴
  女性から血がたらり

・男はフラれる(あえていうと、尾美としのりはふられる・笑)
  時をかける少女( 吾朗、深町も )
  ふたり( 神永 )

・お墓
 転校生-さよなら あなた-、花筐

・白塗りの日本兵の行進

・キノコ雲・キノコ雲を見る子ども

・エンディングがブギウギ

 野ゆき山ゆき海べゆき、海辺の映画館

・何故懐かしいと感じるのか

 尾道の風景(転校生)
 下町の両親(異人たちとの夏)

・死の気配

 青春〜の先生

・止まっている時計

 廃市、野のなななのか

・撮影、画面作りの変遷

 長野転校生の斜めに傾いた画面

・ブルーバック

 ハウスのときから、現実の背景を使おうとしていない

 晩年は、撮影場所が特定できると聖地化する現象を避けていたのか、どうか。

・作り物の背景

 嘘だとすぐに分かっても物語中の必然と受け入れることができたり、できなかったり。

 夏休みの旅行に出かける朝の青空と東京駅(ハウス)
 
 浅草ビューホテルと花やしきが同じ方向に見える(異人たちとの夏)

 インターナショナルスクールの背景の山の手の家並み(漂流教室)


・リアルな背景


・曖昧な結末

 さびしんぼう

 彼のオートバイ、彼女の島(カラーの現実、モノクロの現実)


・あえて語らないこと

 実家との関係
 任侠の世界
  推測だけど、尾道にはその筋の方がたくさんいたのでは。
  尾道は夢の町ではない

・自己模倣を避ける、変わろうとする

 廃市が、
 やりたかったことを素直に表現できたものなのかもと
 思うときがある。

 同じ場所をくるくる回るように、
 同じような作品を繰り返し作り、
 自己模倣を続ける作家もたくさんいるかもしれないが、

 そうはならなかった。 





20210130にNHK総合で1980年の山口百恵のファイナルコンサートが放送された。



興味深いお話。
嘘や間違いはないとしても、
山口百恵は本当に歌えなかったのか、歌いたくなかったのか、
内面は、外面や発言と同じとは限らない。
あるいは、
同じ画も語り方ひとつで別のものに見える、
大林宣彦監督らしい述懐に思えます。

( 「もう、忘れました」と言って断っただけの可能性も )

( 大林監督は、
  山口百恵はスパッと芸能人を辞めたのだ、
  と言いたかった、
  思っていた、
  のだと思う )








posted by inatt at 07:50| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

ゲーム音楽の記憶 ( 書きかけ )



・何百何千回と聴いて飽きず、耳に染み付いて忘れられない

 ファイナルファンタジー7 闘う者達


・特定のシーンにしか流れないので、何度も耳にしているわけではないが、そのシーンの記憶とともに忘れられない。

 ドラゴンクエスト5 愛の旋律
  一晩中、人けのない街をただひたすら彷徨い歩いた・笑

 ファイナルファンタジー8 Love Grows
  人を背負って長い橋を渡る、それだけのシーンを音楽が成立させる。
  一歩、一歩進むにつれ、Love Grows.
  それまでに同じメロディが何度も登場している効果も。


 ファイナルファンタジー10 いつか終わる夢
  頭の中では、目の前の情景ではなく、それまでの物語が現れている


・繰り返しいつまでも聞いていられる

 クロノトリガー



・ドラゴンクエストは、オーケストラよりもゲーム音源が好いのだけれど、
 すぎやま先生はそんなこと言われるのは嫌かな。

  ひとりだけど、どこまでも、征けそうな。



 
posted by inatt at 04:50| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

音楽の記憶



■一番古いレコードの記憶

家にあったレコードの一番古い記憶は、
坂本九の「涙くんさよなら」(1965年発表)です。

涙くんさよなら - 坂本九
[iTunes]涙くんさよなら - 坂本九


幼児のときなのですが、
記憶に残っていて、
A面B面の両曲ともに、
なぜか、
何とも言えない哀愁、郷愁を感じたことを覚えています。
というよりも、ちっちゃい子どもですから、
そういう細やかな受け取り方でなく、
何か根源的に怖かったという思い出・笑
つまり、坂本九は凄い。


その後、長くそのことを忘れていましたが、
2004年にTOKIOがカバーしたものを聴いたときに、
思い出しました。
ちっちゃい頃、
住んでいた文化住宅で、
ポータブルレコードプレーヤーで聴いたことを。


「涙くんさよなら」は何度もカバーされていますが、
B面の「真ん中とはじっこ」は、
オリジナルでも、他の人の作品でも、
何十年も聴いたことがありません。
が、正確かどうかわかりませんが、
なぜか今でも1番は歌えるのです・笑

真ん中とはじっこ
真ん中にはハート はじっこには小指
真ん中はわくわく はじっこはくすくす
何故って僕は彼女と
指切りげんまん、
ルルル、してんのさ
(作詞:谷川俊太郎 / 作曲:芥川也寸志 / 編曲:いずみたく)

( ドラマなどで、
  非常に幼い頃の、
  情景や音楽をずっと覚えている、
  という描写がありますが、
  人それぞれにそういうことはあるんだろうな、
  と、
  このことから、経験的に考えています。 )

20210104追記

その後、ヤフオクで、レコードを入手し、
真ん中とはじっこを50年ぶり!に聴きました。

「そうそう、記憶に残ってた通り」
「記憶にないけど、こういう感じだったんだ」
「ずっと忘れてたけど、聴くと、そうだったと記憶が蘇った」

というところがそれぞれにあり、貴重な経験となりました。

( 4番まであって、
  だんだん盛り上がるアレンジになっているが、
  1番は全体が記憶どおりで、
  2番3番は、あまりに耳に記憶がないところと、
  聴いてみると、そうそうと思い出すところがあるのに、
  4番の最後の一番盛り上がるところは、
  しっかり記憶に残っていた、など )


■ものごころついたときから筒美京平

自分の耳でどこかで聴き覚え、
何か心惹かれて、
知らず口ずさんだことのある歌の、
最も古い記憶は、
「ブルー・ライト・ヨコハマ」(1969年リリース)の
「歩いても、歩いても、小舟のように」の部分です。
そのときの幼稚園の片隅の風景とともに記憶に残っています・笑。

私が歌謡曲をテレビを通じて親しんでいたのは70年代で、

つまり、最初から、筒美京平を聴いて育ったということ・笑。

ブルー・ライト・ヨコハマ - いしだあゆみ
[iTunes]ブルー・ライト・ヨコハマ - いしだあゆみ


(筒美京平氏は2020年10月7日にお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。)



posted by inatt at 19:21| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

「暴走」は、表向きそのようには見えない。その背景には「黙認」「追認」がある

 
・「なぜ戦争なんか始めたんですか」「いつのまにか、そんな雰囲気になっていたのです」

 http://inatt.tokyo/article/468749853.html


・NHKスペシャル 全貌 ニ・ニ六事件〜最高機密文書で迫る〜

 「国民の腹の底にある考えを吾々が実行したのだ」

 http://inatt.tokyo/article/468962434.html


・山一證券の破綻 覚書 「会社」という共同幻想

 「事法の暴走」

 http://inatt.tokyo/article/426529862.html


posted by inatt at 20:14| #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

ハードディスクの奥底に (2004年〜2008年)

 
20200502追記

テレビ番組をHDDレコーダーに録画して観るようになって、
私の生活は大きく変わりました。

人によっては、ビデオやレーザーディスクなのかもしれませんが、
私の場合、2004年に三菱電機のHDレコーダー、
厳密にいうと、DVD録画再生機・HDD付(*)を買ったことが
きっかけでした。

2020年の今、
アマゾンプライムビデオやNetflixなど、
サブスクリプションの映像配信サービスが当たり前になってきて、
また、パラダイムが変わりつつあるのかと思います。

書籍・DVD・CDなどが並べられた本棚の代わりに、
itunesのリスト、
kindleのライブラリー、
プライムビデオのウオッチリストなどが
その人を表すようになっているのでしょうか。

私は音楽のサブスクリプションを使っていないので、
わからないのですが、
もはや、自分の好みの傾向を、
自分は知らず、
配信サービス会社が知っている、
という時代になってきているのかもしれません。

(*)
「気になる番組をEPGでジャンジャン録ってDVDに残す大容量HDD(250G)内蔵モデル」笑
とても、使い易い、好い機械だったと思います。
https://www.google.com/search?q=DVR-HE700&sxsrf=ALeKk01AHshrx0W_V4rSW0n63B29sMpTvg:1588371014282&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwjDqc-Q15PpAhUoE6YKHUUOAzsQ_AUoAnoECAsQBA&biw=958&bih=878


ーーーーーーーーーーーーーー


2004年の8月にアテネオリンピックを録画して見るために、
HDDレコーダーを初めて購入しました。


もちろん、録画したものは順次消していかないと、
ハードディスクが一杯になるのですが、
それでも、ずっと残してあるものがあります。

・残しておかないと二度と見れない

というのもありますけど、
DVDにコピー済みでも、ハードディスクに残しているものもあります。

また、

・映画、ドラマがDVDで発売されてそれを購入済み

でも、ハードディスクに残しているものがあります。

それは、自分の好きな作品、好きなシーンは、
観たい時にすぐに観たいし、何度も何度も繰り返し観るからです。
ハードディスクはその点、ビデオカセットやDVDよりも優れています。
何度も繰り返し観て飽きないものこそ、
自分が本当に好きなものなのでしょう。

そうして、
私のハードディスクレコーダーのHDDの底には、
私が大好きな映像コンテンツが並んでいます。

「あなたという人を示すために、本棚を見せよ」
というような言葉がありますが、
私の嗜好をご紹介するために、私のHDDの底をお見せします。

2004年08月22日 新選組! 第33回 「友の死」 
2004年08月29日 新選組! 第34回 「寺田屋大騒動」
 http://inatt.seesaa.net/article/398821161.html
 
2005年05月13日 タイガー&ドラゴン #05 厩火事
 http://inatt.seesaa.net/article/398821148.html
 http://inatt.seesaa.net/article/398821475.html
 
2005年07月10日 題名のない音楽会21 佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ〜吹奏楽の魅力?
 http://inatt.seesaa.net/article/398821198.html

2005年07月30日 女王の教室 5 友達も消えた…もう学校なんて行かない!先生どうして私をイジメるの
 http://inatt.seesaa.net/article/398821213.html

2005年09月10日 女王の教室 10 真矢、最後の授業
 http://inatt.seesaa.net/article/398821248.html

2007年1月2日 ハイスクール・ミュージカル HIGH SCHOOL MUSICAL
 http://inatt.seesaa.net/article/398821763.html

ザ・ホワイトハウス2 S2-9 火星探査船ガリレオ GALILEO
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533055.html

ザ・ホワイトハウス4 S4-6 幸運のネクタイ GAME ON
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533110.html

【映画】 時をかける少女 2006年
 http://inatt.seesaa.net/article/398821963.html 
  
ーーーーーーーー

2004年の8月にアテネオリンピックを録画して見るために、
HDDレコーダーを購入して、4年。

北京オリンピックの閉幕した翌日に、
突然ハードディスクがお亡くなりになりました。(泣)

いつかはあることで、DVDに焼いておこうとは思っていたのですが。
しょうがありません。

合掌。

(終わり)



posted by inatt at 06:59| Comment(1) | TrackBack(3) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

【TV】 あの人に会いたい

 
NHKの番組
「 「あの人に会いたい」はNHKに残る膨大な映像音声資料から、歴史に残る著名な人々の叡知の言葉を今によみがえらせ永久に保存公開する「日本人映像ファイル」を目指す番組です。 」
https://www.nhk.or.jp/archives/people/?year=2004


#017 加藤唐九郎 (1898〜1985)
焼き物を作って、己が救われるまで努力するよりしょうがない
http://inatt.tokyo/article/398821617.html

 
#155 角谷一圭 (1904〜1999)
安心したらあかんですわ、安心してるとね、ペケでますよ
http://inatt.tokyo/article/398822127.html


#170 升田幸三 (1918〜1991)
人生というのは話し合いだと思う
http://inatt.tokyo/article/398822201.html


#191 埴谷雄高 (1910〜1997)
書物の中に残された埴谷の魂は、精神のリレーを待っています
http://inatt.tokyo/article/398822258.html


#307 森繫久彌 (1913〜2009) (の妻)
女房が紙芝居やるんですよ、 汽車の中で、 無蓋貨車の中でね
http://inatt.tokyo/article/471423178.html


#535 海老一染之助 (1934〜2017) 海老一染太郎 (1932〜2002)
染太郎さんが病死、その棺を染之助さんは、おめでとうございます、の決め台詞で送りました
http://inatt.tokyo/article/459906584.html




http://inatt.tokyo/pages/user/search/?keyword=%82%A0%82%CC%90l%82%C9%89%EF%82%A2%82%BD%82%A2




あの人に会いたい
posted by inatt at 09:11| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

#私の平成最高のドラマ3本

 
ドラマが世の中にどれだけ影響を与えているのか、
人の生き方をどれだけを変えているのか、
いかほども関わりはないのかもしれないけど、

私の毎日の生活を豊かにしてくれた、
素晴らしいドラマたち、

作り手の皆さん、
ありがとう。








20200710追記
令和になっても、ドラマに援けていただいてます。








posted by inatt at 00:00| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

日本サッカーの坂の上の雲



【サッカー】日本代表 イラク戦・17秒の伝説 FIFAワールドカップUSA94 アジア地区最終予選第5戦
  中山雅史「あの試合は体がすごく重かった」
   http://inatt.tokyo/article/398821634.html

20051120 【雑誌】月刊[バーサス]VS. 「ドーハの悲劇」はドイツに通ず
  「日本に足りないものがあるとすれば、経験である」
   http://inatt.tokyo/article/398821326.html

20100702 駒野が外したPKも「あれがあったから」と、いつか語れる日が必ず来るだろう
  「日本サッカーは、上がり下がりしながら1本の稜線の上を歩いている」
   http://inatt.tokyo/article/398822378.html

20131017 【雑誌】 Number 839 ドーハの悲劇 20年目の真実。
  一度は触れたかに思えたものに、結局は一生届くことがなかった、
  そういうことが確かに起こりうる。
  http://inatt.tokyo/article/398822478.html

20181208 【TV】 NHKスペシャル「ロストフの14秒 日本vs.ベルギー 知られざる物語」
  「故意のファウルは日本人らしくない、望ましい結果が得られなくても、それが日本人なのだ」
  http://inatt.tokyo/article/463338898.html





・私たちはW杯優勝を経験した。それは、W杯を優勝してさえも変えられないことがあるのを知ったことでもある。
・先輩や私たちがピッチで戦った時間も、ピッチを離れて生きていく一コマも、女子サッカーという同じ物語の1ページとして未来へ連なればと願う。
・特別な存在でなくとも、歩みとして歴史として、きちんと紡いでいけること。それこそが文化なのだと思う。

(宮間あや 応援したくなる文化に 20191008 日経電子版 ) 





球辞苑 ( 文化として定着しているスポーツ )
 http://inatt.tokyo/article/447147839.html



posted by inatt at 17:12| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

ER緊急救命室 私の好きなエピソード

 
アメリカNBCのテレビドラマ、ER緊急救命室(ER)の
私が好きなエピソード


ER6-14 #127 悲報 All in the Family
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533235.html
 素晴らしいドラマ、でも「やりすぎ」た。

ER8-18 #175 空に輝くオリオン Orion in the Sky
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533230.html
 天職であってもそれを辞めなければならない時がくる。

ER8-21 #178 託す思い On the Beach
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533232.html

ER9-08 #187 初雪 First Snowfall
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533143.html

ER11-22 #245 自分への手紙 THE SHOW MUST GO ON
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533379.html
 また会うための、別れだ

ER13-11 #278 慈悲の街 City of Mercy
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533330.html
 思いやりがあって、優しくて、困っている人を助けたら、その人がサンタなんだ。

ER15-22 #331 そして最後に And in the End…
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533463.html






posted by inatt at 13:39| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・ホワイトハウス 私の好きなエピソード

 
アメリカNBCのドラマ、ザ・ホワイトハウス(The West Wing)で、
私が好きなエピソード

 
■シーズン1

明かされた秘密 HE SHALL, FROM TIME TO TIME
「その彼こそが、君の主席補佐官だ」
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533034.html


■シーズン2

火星探査船ガリレオ GALILEO
「こう言うんだよ」 ( He said it right. )
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533055.html


自由を求めて SHIBBOLETH
「私が聞きたかった言葉を貴方はずばりと言い当てた」


クリスマスキャロル NOEL
「人間はね、回復するんだよ」
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533056.html


愛する者のために THE STACKHOUSE FILIBUSTER
「へそ曲がりの頑固親父、一度でいいからこの私を信じてみろ」


決断の時 TWO CATHEDRALS
"Give me numbers."
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533070.html


■シーズン3

苦い過ち Bartlet for America
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533083.html


■シーズン4

アメリカの挑戦 20 HOURS IN AMERICA
「天国の道は、今夜、天使で埋め尽くされる」
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533103.html

 
幸運のネクタイ GAME ON
"Josh,we need your tie."
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533110.html


■シーズン5

機能停止 Shutdown 
「みんな、あなたが何をしたいのか、わからないのよ。
 自分でも分かってないんじゃないの」
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533357.html


最高裁長官 The Supremes 
「反対意見は誰が書くんですか」
 http://inattwestwingtww.seesaa.net/article/400533321.html


■シーズン6

始動 Liftoff
「克服するには、自分の問題を認めないと。」


■シーズン7

副大統領候補の討論会 Running Mates
「討論会は2度と御免だ」
「4年後にまたやりますから」






(ベストエピソード 感想)



posted by inatt at 12:43| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする