2021年01月10日

【ドラマ】 麒麟がくる ( 途中の感想 )


 
第1回から、
オープニングタイトルのキャスト等を表示する字体が
なんだかのっぺりしているなと気になっているのです・笑


誰かが、麒麟であり、
その人が世を平らかにするのか、

誰かが世を平らかにすると、
そこに麒麟が来るのか。





■第十八回


このあと、
どんな風に描かれるのか楽しみな出来事が山盛りで、
この調子で、
本能寺までたどりつけるのかしらんと気をもんでいます・笑。

・今までに見たことのない信長になるのではないか。

・濃姫は本能寺にいるのかどうか。

・駒の活躍がポイントだと思う。


■第二十一回

第二十一回で桶狭間、1560年まで話が進みました。
全44話と発表されていますので、あと23回。
その後の歴史を予習しました。
濃いなあ・笑。

義昭が信長を頼った頃から、
本能寺まで約14年ほどでしかない。

サラリーマンなら、
課長から部長を経て役員になるくらいの年月。

戦に明け暮れる10年20年30年って、
戦国時代に生きるっていうのは
大変なことだ。

織田軍団に所属するってのは、
同時代世界一ハードな職場かも。

日本を平らかにするのに邁進した、
信長と秀吉のモチベーションはなんだったのか、
素朴に知りたくなりました。

1560
桶狭間の戦い
1565
足利義輝死去
1567
稲葉山落城
1568
信長上洛開始
1570
姉川の戦い
1571
比叡山焼き討ち
1572
三方ヶ原の戦い
1573
義昭京都追放
1575
長篠の戦
1576
明智軍・黒井城敗北
石山本願寺との戦いで明智光秀倒れる
明智煕子死去
1577
松永久秀死去
1578
荒木村重討伐
1579
丹波平定
1581
京都御馬揃え
御ツマキ死去
1582
武田氏滅亡
家康饗応
本能寺の変


■第三十三回

正親町天皇(坂東玉三郎)や摂津晴門(片岡鶴太郎)など、
今までの戦国大河ではあまり登場しなかった人物により、
物語の展開を新鮮に感じています。

ひとつ疑問があるのは、
家臣になることを断ったのに、
ずっと信長軍に帯同しているような
今の光秀の立ち位置。

歴史事実では、翌年には坂本城を築城していて、
5年やそこらで、
強烈な出世をしているわけで、
猛烈なハードワークと
生え抜きからみても文句のない実績あってこそですから、
中途半端な立ち位置では
難しかろうと思います。

光秀というのは歴史的事実からみても、
やはり不思議な人物ですね。

( 藤吉郎は、
  中小企業に中途入社した社員が
  15〜20年かけて、
  企業が大成長するのにあわせ、
  役員までのしあがったと考えれば、
  そこまでは、ままあることのように感じる。
  社長が急逝した混乱のなかで、
  会社を乗っ取ったというのも
  ない話ではないか・笑 )



■第三十五回「義昭、まよいの中で」

この物語で、個人的に腹に落ちたのは、
戦国期の茶の湯の位置づけ。
交流の場、外交の場、
そして、謀略、謀殺の場ともなる。

子分や武器を傍らに置かず、
一対一で対峙する。
それで物事が決着できるなら、
非常にコストが小さく、
( 高価な茶器も大量の鉄砲よりは )
双方に効率的だから、
活用されたのだなと思いました。


■第三十六回「訣別」

足利将軍も運命に翻弄されるひとりの人間、
と感じさせる、
いつも目が赤く潤んでる、
滝藤賢一さんの
今まで観たことない、足利義昭が好かった。


■第四十回



番組ホームページに掲載された脚本家池端俊策氏のインタビューでは、

・「平蜘蛛」の意味は「それを持つ者は誇りを失わぬ者、志高き者、心美しき者」で
 松永がそれを光秀に渡すことにこめた2つのメッセージは、
 「光秀、お前が麒麟を呼ぶんだよ」
 「信長とは縁を切りなさい」
・光秀が心理的に変わっていく、信長や義昭を支える2番手の立場から自身が自立する転換点を、平蜘蛛を使って松永が仕掛けた
・比叡山の焼き討ちでは女、子どもまでも殺し、三淵も腹を斬らされて、身内さえも殺していく。それを目の当たりにした光秀
・松永も自身の死をもって光秀を試している。「信長にウソをつけよ、ここで平蜘蛛を渡したら、お前は一生2番手のままで終わるぞ」と。光秀はその意をくんでいるから、ウソをつく。きっと光秀と松永は気持ちが通じ合っていたのだと思います

とありました。

私自身は、

この時代の茶器の名器は、
(現代の外車とかタワーマンションのような、)
権力や金を持っている者が執着しているもので、
麒麟を呼ぶ人にふさわしいものという感じがあまりせず、

一方、(帝を診ている東庵でなく、)
薬を民に配る、
(直接でなく、寺社経由なのも興味深いですが、)
駒の位置づけが気になります。

池端氏は、

・もし自分(光秀)が政権を取ることになれば、帝がそれを許されるかどうかの心証を得たかったのではないか

とも言っていましたが、

これまでの光秀からは、
自分が世を治めるような考えをあまり感じていません。

この物語のゴールが本能寺と思っているからでもありますが、

信長も光秀も、
上っていく一方で、帰蝶や熙子を失い、
孤独感が増していっています。




20200621記

「麒麟が来るまでお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル 国盗物語」
を観ました。

私にとって、「国盗り物語」は、
初めての司馬遼太郎で、
初めての大河ドラマです。

だから、特に、
私の元々思う明智光秀の性格・特性はこの作品で作られたものです。
「麒麟が来る」で
それとは異なるどのような物語を観ることができるのか、
楽しみです。



20200726 「謀反に関する大切なお知らせ」






posted by inatt at 20:47| Comment(0) | ・感想など・TVドラマ・NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

ゲーム音楽の記憶 ( 書きかけ )



・何百何千回と聴いて飽きず、耳に染み付いて忘れられない

 ファイナルファンタジー7 闘う者達


・特定のシーンにしか流れないので、何度も耳にしているわけではないが、そのシーンの記憶とともに忘れられない。

 ドラゴンクエスト5 愛の旋律
  一晩中、人けのない街をただひたすら彷徨い歩いた・笑

 ファイナルファンタジー8 Love Grows
  人を背負って長い橋を渡る、それだけのシーンを音楽が成立させる
  それまでに同じメロディが何度も登場している効果も。


 ファイナルファンタジー10 いつか終わる夢
  頭の中では、目の前の情景ではなく、それまでの物語が現れている


・なぜか繰り返し聞き続けたくなる

 クロノトリガー



・ドラゴンクエストは、オーケストラよりもゲーム音源が好いのだけれど、
 すぎやま先生はそんなこと言われるのは嫌かな。



 
posted by inatt at 04:50| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

朝ドラについて(書きかけ)



いつか、大坂なおみをモデルにした朝ドラが作られるだろうか




NHKの朝の連続テレビ小説、朝ドラについてのいろいろの覚書

■朝ドラの制作目的

視聴者が、毎日、毎朝、観て、楽しい、ということが真ん中だと思います。

「ああ、おもろかった、さあ、今日も働こか」みたいな。

観た後、なぜ主人公はあんなことしたんだろうと1日頭に残るようなことがあってはイカン。

語弊がありますが、
そんなに難しいお話でなくてもいいのだと思っています。

しかし、名作と言われるものでは、

明日、どうなるか気になってしまって、
とか、
重要登場人物がいなくなってしまって、

今日の仕事が手につかない、

ということも。(*)

それは素敵な思い出になるが、
いつもいつもそういうことでは疲れてしまう・笑。


毎回、レベルの高いドラマを観たいのだという人もいるでしょう。
望むなら、私もそうです。でも、

おしんと
カーネーションと
スカーレットが
ローテーションで延々続くとしたら、

私は、

喜ぶのは最初だけで、3作全部観終わらないうちに、

ごめんなさい、もうお腹いっぱいです、私が間違えていました、

ここらで、もう少し、気楽に楽しめるやつをお願いします、

って言うと思います・笑。


(*)
私の経験では、
ちりとてちん 第115回
あまちゃん 第132回
ひよっこ 第105回
など
15年間で3つ挙げられれば、
それはとても幸せなドラマ体験なのではないでしょうか。


■朝ドラは大変特殊なドラマ

仮に大駄作だったとしても、視聴を止めずに、物語が終わるまで文句を言い続ける・笑

民放の連続ドラマなら、観なくなって、誰も話題にしなくなるだけなのに。

観なきゃいいじゃんと言われても、ムキになって言い返す・笑

ドラマに対してでなく、その人の生活に文句をつけているみたいになるのかな、

人によっては、嫌でもなんでも毎日同じ時間に観ることになっている特殊なドラマ。

ただ、ひとつ指摘しておきたいのは、

私も含めて、いわゆる、

Twitterの朝ドラクラスターは、朝ドラの作り手からみて、視聴者層の真ん中ではない。


■AK、BKという分類や系統は存在しない。


長年、朝ドラ作品およびその制作にまつわる情報に親しんでいますが、

東京制作、大阪制作、それぞれが独立していて、
まるで、各々が映画における松竹や日活であるがごとく、
各々の定めた方針あるいは特定の決定権者によって、
コントロールされているというようなことを示す事実に
触れたことがありません。

私が持っているイメージは、

サラリーマンが、ときに東京営業部、ときに大阪営業部へ
異動してお仕事するように、

サラリーマンのテレビ部長、プロデューサー、ディレクターが、
東京へ異動したり、大阪へ異動したりして、
そのときそのときのお仕事をしている、

というものです。

「今は、誰それさんが、ドラマ部長だから、」という
論評は成立するのかもしれませんが、
夕刊〇〇の記事みたいだ・笑。

TBSのドラマとフジテレビのドラマを
制作局でひとまとめにして比較するように、

(そのような乱暴な論も寡聞にして見たことがありませんが)

AK・BKという独立した制作主体があるかのように論じるのは、

前提から的を外しているように私には思えます。


(参考)

  https://otocoto.jp/interview/hiyokko01/

  http://blog.livedoor.jp/p_s_y/archives/51770206.html


■自分の嗜好がわかる

自分はこういうのが苦手なんだなと気づくことがあります。

苦手とは、

明日が楽しみだな、という気持ちにならない展開。

私の場合、

気の荒らそうな岸和田の皆さん(スカーレット)
娘を売るために営業妨害しにくる反社の皆さん(おちょやん)
気が病んでしまいそうなお姑の圧力(おしん)など。

しかしながら、
ひとりひとりにそういう好き嫌いがあり、
作品の良し悪しとは別と考えます。

万人にうけることが求められている、朝ドラ、大河、紅白は、
大変だなと思います。

( これはコンプライアンス面でアウトだろ、
  と朝ドラ、大河ドラマで思ったことはありません。
  紅白では、ある・笑 )

この論点は、
スカーレットとおちょやんで、
女性主人公を束縛する父親に拒否反応を示す方々の感想を見て、
自分はあまり気にならないことから、気づいたことです。


■朝ドラとして選択されるテーマ、内容

主人公や内容の選択も時代の流れ、視聴者の変化などとのタイミングがあるはず。

いつか、大坂なおみをモデルにした朝ドラが作られるかもしれない、

私は、いつか、
大坂なおみの小学生時代を子役が演じる朝ドラを観ることを夢想する。

でも、今(2020年)企画しても、皆が楽しめるドラマとしては、時期尚早的な意味で成立しないと思う。


■朝ドラ主題歌

朝ドラにおいて、主題歌、オープニング曲は、大変重要な要素です。

「おしん」は、全297回で4455分・74時間15分の大作です。

毎回、冒頭がオープニングタイトルで、テーマ曲が流れます。
約65秒間あります。月曜日は約80秒です。
毎週、405秒で6分45秒。

全体では、74時間のうち、5時間半余りはテーマ曲を聴くことになります。

( 月曜日放送は49回(297÷6=49.5)と仮定して、
80*49+65*(297-49)=20040秒 )


  
・必ず主題歌から始まるオールドスタイル

・パターンが変わってきた最近のパターン

 おちょやん



posted by inatt at 19:23| Comment(0) | ・感想など・TVドラマ・NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ドラマ】 刑事コロンボ Columbo 各話の感想


 
2020年4月から、NHK BSプレミアムで再放送が始まったので、
自分用の覚書・記録・メモ

(wikipediaリンク)
(imdb)



【日本語版の素晴らしさ】

・吹き替えの翻訳、演出、演技が、
オリジナルに忠実なだけでなく、
日本の視聴者に向けた、
時には一歩踏み込んだ味付けを行っている。

初放映当時、
そのころすでに耳なじみのない、
「よござんす」とかが
子供心にも新鮮な物言いに聞こえたが、

よく考えると、
70年代ロサンゼルスとは不似合いで、
あくまでも、
昭和40年代の日本で観て面白い、
を追求した吹き替え版制作なのだと思う。

コロンボの言葉遣いは、
捕物帳の岡っ引きの語り口と思えばよい。

実現しない仮定だが、
オリジナルそのままであることを第一にした
吹き替え版を作ると
オリジナルの面白さが
かえって日本の視聴者には伝わらない、
ということになるのかも。

でも、日本以外でこのドラマを観た人に、
日本の「コロンボ」は、
オリジナルと異なる味わいが時に楽しめるんですよ、
と語ってみたい・笑。

( 翻訳 額田やえ子 )


【倒叙物の主役は探偵でなく犯人】

・コロンボに登場する犯人の動機は、
それっぽく設定されていても、
物語上は重要でないことが多く、
とにかく殺すことが物語の始まりですが、

それでも、
私の記憶に残るエピソードは、
「別れのワイン」「忘れられたスター」など、
謎解きよりも、
犯人や周りの人たちに感情移入できるものです。

倒叙物の主役は犯人で、
肝はその心情描写であり、
犯人が殺人という悪行と引き換えにしても執着しているものが、
単に地位やそれに伴う金だけでないことが
上手く描かれているエピソードを面白く感じます。


【コロンボの職業意識】

・コロンボの職業意識は、
殺人犯を捕まえることを唯一の使命としており、
捜査姿勢は冷徹なもので、
犯人に共感することはなく、
犯人の気持ちはほとんど考慮していないと感じています。

それは、「別れのワイン」や「忘れられたスター」でも、
基本的に同じと思っています。

犯人の状況や心情に心を寄せているのは、私たち視聴者。

コロンボが犯人を慮っているように見えるとき、
吹き替え台本がうまくそう仕向けているところがあると思います。


【各話の覚書】

12
アリバイのダイヤル The Most Crucial Game
( https://www.imdb.com/title/tt0068402/ )


15
溶ける糸 A Stitch in Crime
( https://www.imdb.com/title/tt0069900/ )


初めて観たとき、
子ども心に、体の中で糸が溶けるということに恐怖を感じた。
( 一方、動機となる犯人の心情とかは理解できていなかったと思う )

16
断たれた音 The Most Dangerous Match
( https://www.imdb.com/title/tt0069906/ )

「お気の毒だが、縦から見ても横から見ても明らかなんだ」

17
二つの顔 Double Shock
( https://www.imdb.com/title/tt0069904/ )

子どもの頃、この殺害方法を本エピソードで知った。
なすすべなく、こんな簡単に殺されてしまうことが恐ろしかった。

溶ける糸もそうですが、
初回放送の頃は、
あまり内容を理解できておらず、
殺害方法だけよく覚えているみたい・笑

倒叙方式の物語に初めて触れて、
人を殺す意思を持った人の描写に
子供心に恐怖を感じていたのかもしれない。

ペック(ジャネットノーラン)さんとコロンボのやりとりは、
コロンボが本気で失礼なのか、わざとなのか、
もうひとつ伝わってこなくて、
空回りぎみな感じがします。

ペックさんがパリス兄弟を育てたという台詞もあったので、
彼らの関係性ももう少し深く見てみたかった。


19
別れのワイン Any Old Port in a Storm
( https://www.imdb.com/title/tt0069901/ )

面白いと感じた、一番古い記憶のコロンボ
 http://inatt.tokyo/article/476695740.html
 (NHK初回放送 1974年6月29日・wikipedia情報)


21
意識の下の映像 Double Exposure
( https://www.imdb.com/title/tt0069903/ )

サブリミナル効果を知った作品。
こうしてみると、
いろんなことをこのシリーズで教わっている・笑

最後のシーンで、
声を出して笑いながら、左目からぽろり涙を落とす犯人。

27
逆転の構図 Negative Reaction
( https://www.imdb.com/title/tt0071348/ )

「このコート、もう7年も、着ておりまして」
「まあ、気の毒にね」

「貧乏は恥にあらず」

「それじゃつまり、変装して、お仕事中で」

(コロンボのコートを見たときのシスターの台詞は、
 原語が面白いです。
 "Oh, that coat! (舌打ち3つThat coat, that coat, that coat...”)

(このシーンのコロンボの表情が大好きです。
 どんな有名人・成功者とも堂々と渡り合う彼が
 とてもせつない顔をします。
 ウィークリーさんに、
 車と運転をどんなに皮肉られても、
 いい証言がとれればニコっとしてるんですけどね。)


「お隣のコッカースパニエルに惚れてたんですねえ」

(不釣り合いな恋ですねえ・笑 − アメリカン・コッカー・スパニエルのお姿


29
缶詰買ってメキシコに行こう 歌声の消えた海 Troubled Waters
( https://www.imdb.com/title/tt0072806/ )

客船乗客として場違いなコート姿のコロンボ、
何度も話題に出るが登場しないコロンボ夫人、

今回は、プライベートなので、以下の発言は本気のもの・笑
「あれ、遊び過ぎでね、時々調子に乗るんですよ」

いつもと違って、
とても明るい音楽で終わります。

初回放映(1976年1月3日・wiki情報)時、とても愉しく観たのを覚えています。

鼻歌で「ダンジガーさん~」と歌いながら迫るコロンボ、
原語ではただの鼻歌、
日本語版制作チームも脂がのったお仕事ぶり。


32
忘れられたスター Forgotten Lady
( https://www.imdb.com/title/tt0072803/ )

私が一番好きな回
 感想: http://inatt.tokyo/article/459482045.html


36
魔術師の幻想 Now You See Him
( https://www.imdb.com/title/tt0074330/ )

「これ燃(も)しちゃってもいいですよ、まだうんとこさあるから。

「お気の毒ですが、完全犯罪なんてものはないんだよ。それこそあなたの幻想ですよ。

原題の
Now you see him
は、手品関係の言い回しと聞いていましたが、
私の英語力ではよくわかりませんでした。
DeelLに訊いてみたら、「ご覧の通り」と答えてきて、
なんだか、すとんと腹に落ちました・笑。



(エンディングで流れたのは、ダニーが歌っていた「シャレード」。)

40
殺しの序曲 The Bye-Bye Sky High I.Q. Murder Case
( https://www.imdb.com/title/tt0075864/ )

「私はこの仕事が心底好きなんです」

天才クラブでなく、
天才と凡人がともに所属する推理クラブとかクイズクラブのお話にして、
天才だが人の気持ちがわからないとか、
凡人だが地道に正解を見つけられるとか、
幅のある複数のキャラクターが登場すると、
もっと面白くなるような気がします。

「ゆうべ、お宅に伺った時、あたし、傘間違えちゃいましてね」



もし、今あえてレコードプレーヤーを購入することになったら、これにしよう。



posted by inatt at 07:59| Comment(0) | ・感想など・TVドラマ・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

音楽の記憶



■一番古いレコードの記憶

家にあったレコードの一番古い記憶は、
坂本九の「涙くんさよなら」(1965年発表)です。

涙くんさよなら - 坂本九
[iTunes]涙くんさよなら - 坂本九


幼児のときなのですが、
記憶に残っていて、
A面B面の両曲ともに、
なぜか、
何とも言えない哀愁、郷愁を感じたことを覚えています。
というよりも、ちっちゃい子どもですから、
そういう細やかな受け取り方でなく、
何か根源的に怖かったという思い出・笑
つまり、坂本九は凄い。


その後、長くそのことを忘れていましたが、
2004年にTOKIOがカバーしたものを聴いたときに、
思い出しました。
ちっちゃい頃、
住んでいた文化住宅で、
ポータブルレコードプレーヤーで聴いたことを。


「涙くんさよなら」は何度もカバーされていますが、
B面の「真ん中とはじっこ」は、
オリジナルでも、他の人の作品でも、
何十年も聴いたことがありません。
が、正確かどうかわかりませんが、
なぜか今でも1番は歌えるのです・笑

真ん中とはじっこ
真ん中にはハート はじっこには小指
真ん中はわくわく はじっこはくすくす
何故って僕は彼女と
指切りげんまん、
ルルル、してんのさ
(作詞:谷川俊太郎 / 作曲:芥川也寸志 / 編曲:いずみたく)

( ドラマなどで、
  非常に幼い頃の、
  情景や音楽をずっと覚えている、
  という描写がありますが、
  人それぞれにそういうことはあるんだろうな、
  と、
  このことから、経験的に考えています。 )

20210104追記

その後、ヤフオクで、レコードを入手し、
真ん中とはじっこを50年ぶり!に聴きました。

「そうそう、記憶に残ってた通り」
「記憶にないけど、こういう感じだったんだ」
「ずっと忘れてたけど、聴くと、そうだったと記憶が蘇った」

というところがそれぞれにあり、貴重な経験となりました。

( 4番まであって、
  だんだん盛り上がるアレンジになっているが、
  1番は全体が記憶どおりで、
  2番3番は、あまりに耳に記憶がないところと、
  聴いてみると、そうそうと思い出すところがあるのに、
  4番の最後の一番盛り上がるところは、
  しっかり記憶に残っていた、など )


■ものごころついたときから筒美京平

自分の耳でどこかで聴き覚え、
何か心惹かれて、
知らず口ずさんだことのある歌の、
最も古い記憶は、
「ブルー・ライト・ヨコハマ」(1969年リリース)の
「歩いても、歩いても、小舟のように」の部分です。
そのときの幼稚園の片隅の風景とともに記憶に残っています・笑。

私が歌謡曲をテレビを通じて親しんでいたのは70年代で、

つまり、最初から、筒美京平を聴いて育ったということ・笑。

ブルー・ライト・ヨコハマ - いしだあゆみ
[iTunes]ブルー・ライト・ヨコハマ - いしだあゆみ


(筒美京平氏は2020年10月7日にお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。)



posted by inatt at 19:21| Comment(0) | #名刺がわりのリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

【ドラマ】 タイガー&ドラゴン 2005年 (書きかけ)



2005年のドラマ ( wikipedia )

再放送され(20201228〜)、久しぶりに観ました。

・作り手は、磯山晶、宮藤官九郎、金子文紀、仲西匡をはじめとする皆さん。

・豪華なキャスト
 林屋亭どん兵衛一門は、大河ドラマで説明すると、
  西田敏行(徳川吉宗)、阿部サダヲ(徳川家康)、岡田准一(黒田官兵衛)、
  春風亭昇太(今川義元)、
  星野源(徳川秀忠)、深水元基(福島正則)、浅利陽介(小早川秀秋)、
  銀粉蝶(大政所)
 出来る俳優さんたちが、全力で、人情噺。



・劇伴(仲西匡)がいい。
(Amazonで試聴可能)


タイガー&ドラゴン ロケ地ガイド
 「喫茶 よしこ」「そば辰」のあったあたりは、まだ面影が残っているのだろうか。




■三枚起請

マクラは、どん吉。

ナンの話から始まる。
「何に書いてもらおうっつって、ナンに書いてもらったって話」

虎児「思えば、両親が死んでから、俺は一度も笑ったことがなかった。
笑うことも笑わせることも、俺の人生には必要ねえと思ったから」

いつのまにか虎児が右手にしているRELOX

「小百合ちゃん泣いてるじゃねえかよ」

「はい、ナポリタンおまたせ」


2020年年末の再放送は、かなり大胆にシーンのカットがあり、
五人起請といいながら、
それに関わる部分さえ端折っていました。
逆にいうと、
「三人起請なのに、五人じゃねえか」というアイデアは、
結果として、シーンが冗長になってしまったんだな、
と変な部分で納得しました・笑


■芝浜

マクラは、小虎。

「お義母さんが、泣いてますから」

「はい、ミートソース、お待たせ」

「どっかでお会いしましたっけ」

リサ(蒼井優)のいじらしさ、可愛らしさで成立させているお噺。


■饅頭怖い

マクラは、どん太。(どんぐりころころ)

「出川抜いたよ」

「泣いて国際通りU」(潮騒のメモリーの原型・笑)

「はじめまして」


ーーーー


松本まりかの花嫁
 すぐにも人気俳優になると思っていた

「つきあっちゃえばいいじゃん」

青山で月7千円

「かんにんにん」

ナンの話で締める

【ドラマ】逃げるは恥だが役に立つ 2016年

 
自分に呪いをかけないで




特別編 第7話


・平匡が沼田さんに対する発言を反省するというシーンがありました。
百合の部下なども含めて(ポジティブモンスター以外)、
差別的な発言をしない人たちが登場する物語ですが、
それでも解決するわけでもない、いろんな生きにくさを描いているドラマだと思います。

・ザ・ベストテンの妄想シーンが登場しましたが、
ザ・ベストテン 椅子 田原俊彦 最多出演で検索してしまいました。
(特別ソファの歴史)
http://thebest10.web.fc2.com/bestken5.html

・心のベストテン

(今月の心のベストテン)
今日はちゃんと先に寝てください
君と作る料理が好きだ
僕らの罪悪感は僕らで背負う
やってみましょうか、恋人
逃げるのは恥だけど役に立つ
下は冷えます
バニラ
上を向いて働こう
家事をお願いして良かった
ささやかですが

(先月の心のベストテン(ベスト3は欠番、4位以下))
僕らの罪悪感は僕らで背負う
逃げるのは恥だけど役に立つ
私はみくりの味方だからね(土屋百合)
好きです〜周りの意見はどうでも〜(風見涼太)
家事をお願いして良かった
二人で決めたならいいじゃない(土屋百合)

先月ランクインしてない「バニラ」が急上昇しているのは変だ・笑





『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』


デマ、争い、無益なたたき合い、密告、嫌がらせ、排除、差別、
こうも、人は愚かになれるものなのか、
自分もいずれそうなってしまうのか。


放送後、視聴率や内容について、
批判的なネット記事が出ていました。

名言がたくさんある、と主張した記事もありました。

原作の該当部分は既読でしたが、
そちらよりは楽しめました。
コロナの部分は、オリジナル要素で、
オーソドックスに好かったと思いました。

まあ、
もともと、
小賢しい女と
自尊感情の低い男の
お話で、
内容はチャレンジングなテーマを取り込み、
かつ
プライムタイムで視聴率も狙うドラマにしようとしているので、
制作姿勢は一貫していると思うのですが。

このドラマが10年後、
どのようにみえるのかは興味深いところです。



(自分用記録)










posted by inatt at 08:37| Comment(0) | 感想など・TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

2020年10月からの呟きの記録




「やられても、やり返さない、仏教だ」






筒美京平氏が 2020年10月7日逝去されました。













飛行機でなく、新幹線でなく、リニアモーターカーでなく、
新しい移動手段が将来、天下をとっている可能性。







posted by inatt at 07:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ドラマ】 アンナチュラル Unnatural Death 2018年



「敵は何だ」

「不条理な死」





「不条理な死」を題材に、
不条理な現実に絶望しないで生きることを描いたドラマ。

死を取り扱いながら、これらの台詞、

「絶望している暇があったら、うまいもん食べて寝るかな」
「あなたの人生は、あなたのものだよ」
「赦されるように生きろ」
「生きてる限り、負けないわよ」
「あなたは生きてください」

第7話で「生存者の罪悪感(サバイバーズ・ギルト)」を説明している。
不条理な死により取り残された人に焦点があたっている。

図らずも現実を予言したかのような設定も。

・MERSコロナウイルス
・自殺サイトを利用した殺人
・仮想通貨
・文書改竄
 ( 2018年3月12日 財務省が決裁文書の書き換えを国会に報告
      3月16日 最終回放送 )
 「お上におもねり、〇〇をねじ曲げるようなことはいたしません」
 「責任転嫁しないでいただきたい」
 「職員一人に背負わせて、知らぬ存ぜぬはできません」


隅々まで、神経の通った物語、
様々に繋がりあう登場人物、

どきどきする面白さ、可笑しさ、世や人の哀しさ、
社会への問題提起など、

様々な要素が同居して、

かつエンターテイメントとして成立している、極上のドラマ。





【各回の覚書】


第1話「名前のない毒」

 2017年10月頃の設定のようです。

 「法医学は未来のための仕事」
 「アメリカはいいよねー、再捜査ってなったら、お墓から死体まるごと掘り起こせばいいんだもん」
 エチレングリコール
 「あのー、PCR法での検出ならできますけど」
 「風邪ぐらいで学校を休むなと」
 「風邪で死ぬとは思いませんからね」
 「そんな気分じゃないから食べるんです」
 「女がいつどんな服を着ようがいいじゃないですか」
 MERSコロナウイルス検出キットは1個12万円
 「ウイルス漏れを隠すことは名前のない毒をばらまくことと同じことです」
 「高野島渡さんの名誉の回復をお願いします。ご遺族がこれから生きていくためにも」
 
 高野島渡の遺体第一発見者である馬場(山口紗弥加)さんも隔離されていなければならないはず。彼女は高野島の帰国翌日に会っていることを申告していないのだろう。
 MERSコロナウイルスに感染し陰圧制御室に隔離されていた患者の遺体を普通に外に出した東央医大は酷い。
 それらは私にとってはコロナ禍の体験を経ているから判る、2018年には全然知らなかったこと。


第2話「死にたがりの手紙」

 「沢口靖子は忙しいの」
 「無理心中なんて言うの日本だけです。正しくは、murder suicide、殺人とそれに伴う犯人の自殺、要するに単なる身勝手な人殺しです。」
 「人間は意外としぶとい」


第3話「予定外の証人」

 108回の「クソ」(やっぱり月曜日が多い)
 「法医学は法治国家に不可欠な学問、
  法医学がおざなりにされるってことは無法の国になるってこと」


第4話「誰がために働く」

 戸田菜穂の演技が好かった。


第5話「死の報復」

 中堂「考えたことがあるか、
    永遠に答えの出ない問いを繰り返す人生。
    今、結論を出さなければ、
    もう二度とこの人物が
    どうして死んだのかを知ることはできない。
    今、調べなければ、調べなければ、
    永遠に答えの出ない問いに
    一生向きあい続けなければならない。
    そういう奴を一人でも減らすことが
    法医学の仕事なんじゃないのか。
 ミコト「鈴木さんのこれからの人生がかかってる。
     永遠の問いに区切りをつけて、
     未来を向けるように、
     できることをしたいんです。

「き、きょ、協力を要請、する」

「エプロンって必要ですかね」( 六郎を驚かせるのに必要・笑)

「同情なんてしない、絶対に」


第6話「友達じゃない」

「女性がどんな服を着ていようが、お酒を飲んで酔っぱらっていようが、好きにしていい理由にはなりません。合意のない性行為は犯罪です。」
(いや、まだしてない...)

「どんなに最悪な人間でも、人殺しを見逃すわけにはいかないの。私達が裁くんじゃない、法律で裁く。」

「友達じゃありません」「ただの同僚」「そう、ただの同僚」


( 第6話も第7話もUDIはほとんど正式な仕事をしてない・笑 )


第7話「殺人遊戯」

「俺達は、三澄先生の仲間だ」




 今まであまた観たいじめを題材にしたドラマのなかで、
 もっとも心に残るものでした。

 また、いじめられた人の自死を止めるには、
 いじめが犯罪であると指摘するだけでは足りず、
 同じように大事な人を理不尽に失った人、
 永遠に答えの出ない問いに向きあい続けていた人からの、
 「生きろ」というメッセージが必要だった。


第8話「遥かなる我が家」

第9話「敵の姿」

第10話 最終話「旅の終わり」




 「墓の場所すら教えなかった」

 「
  なら、個人的な話をします。
  私が嫌なんです。見たくないんです。
  不条理な事件に巻き込まれた人間が
  自分の人生を手放して、
  同じように不条理なことをしてしまったら、
  負けなんじゃないんですか。
  中堂さんが負けるのなんて見たくないんです。
  私を、私を絶望させないでください。
  」

 「死んだ奴は答えてくれない、この先も。
  赦されるように生きろ」
 と語った男が、死んだ恋人の父から、語りかけられる。
 「あなたは生きてください」
 ( そして、ここで「lemon」が流れる )


 ・ムーミンネタをふっておいて、
  スナフキンで落とし、
  そのスナフキンは、
  心に、
  (ムーミンはカバじゃないけど)
  ピンクのカバを抱えている。

 ・きつい、汚い、危険、臭い
  給料安い、気持ち悪い、
  嫌いじゃない、
  クソが!





凄く良くできたドラマを観ることができて好かった。

毎日大変だけど、「クソ頑張ろ」

( 「また次があるでしょ」
「あるね、次から次へ、絶望する暇がない」 )

20210101・岡本三丁目の坂・トリミング・2MP・IMG_4267.jpg
(20210101撮影)




【呟きの記録】











アンナチュラル DVD-BOX

B07BB4TCLM
TCエンタテインメント 2018-07-11
売り上げランキング : 352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by inatt at 06:57| Comment(0) | 感想など・TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

【ドラマ】 グッド・ファイト The Good Fight / グッド・ファイト2



20200105記

2011年にERが最終回を迎え、グッド・ワイフを途中でリタイアして、
長らく、海外連続ドラマを観ていませんでした。

このドラマは、地上波CBSでなく、有料サービスで配信されたそうです。






20200308記

最終回を観ました。

実は、第1回を観たあと、
物語の先が知りたくて、
Amazon prime で、
全話、観てしまったのです・笑

お話はとても面白かったですけど、
私がアメリカのドラマを観なくなったわけが、
わかったような気になりました。

世の中のいろんなことを
ソフィスティケートに描きつつも、
その目的は、
刺激的なエピソードを
観る人が消費していくこと、
その先には、
何も残るものがないように思うのです。

NHKで最終話を観たのは、
続編の放送があるかどうか知りたかったからですが、
案の定、
先が観たくなるようなクリフハンガーを放置して終了しました・笑。

今回、
アメリカの連続ドラマが、
動画配信サービスと相性がよく、
NHKと相性が悪いと、
理解しました。








20201228追記

米大統領選挙でトランプが負けたこのタイミングで、

NHKでセカンドシーズンの放送が始まっています。

とりあえず思うのは、

この物語の弁護士たちが、

もっともテンション高く快哉を叫ぶのは、

多額の賠償金や和解金を獲得したとき。

「そういうとこやぞ、君たち」

( そういうとこは、
  トランプも
  君たちも
  きっと同じだよ )

と感じます・笑

また、
黒人弁護士が主の法律事務所が、
警官の黒人に対する暴行の訴訟を主力案件としていて、
他事務所がそれを奪おうとしてきたところを
反撃するあたり、
訴訟だけでは社会の問題は減ることなく、
経済が回るドライブでしかない、
との感想も持ちました。

かつてのERのように
当シリーズがNHK総合で断続的に放送される予定になっているのかどうか、
確かにはわかりませんが、
現実でトランプ大統領が敗北したため、
第4シリーズのNHK放送はあるのか、
どのようにシリーズが終わるのか、
興味はありますが、

そもそも、
この番組は、
いわゆる三大ネットワークでは使わない用語の台詞も登場するという、
配信前提に制作されたドラマであり、

NHK総合で放送するにはいかがなものか、

という思いも頭をかすめないこともないです。

いや、日本では、
現実の政権の横暴やそれに対する反抗を
モチーフにするドラマの制作は想像できないので、
あえてこれをNHK総合で放送することには意義があるのかも。

配信だけでは、私はおそらくこの番組を観ないでしょうし、
内容を理解するために、
NHKの解説コラムがとても勉強になっていることも確かです。
https://www9.nhk.or.jp/kaigai/goodfight2/column/column_9.html

また、シーズン1を観たころと比べて、
コロナの1年を経て、
日本の社会・政治状況もなかなかに大変なので、
自分の考えも変わってきているところがあります。

アメリカではそんなことが起こっているんだ、
ということが、
これから日本で起こっても不思議でないことを
ふまえて観たほうがよいのでは、という感覚です。






グッド・ワイフの感想
 http://inatt.tokyo/article/398822424.html


imdb
 https://www.imdb.com/title/tt5853176/



posted by inatt at 04:30| Comment(0) | ・感想など・TVドラマ・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする