2020年11月11日

【小説】 恋するラジオ スージー鈴木 2020年




ラジカセエアチェックの時代から始まって、
訃報を親戚LINEグループで知らせる時代まで。

そして、
2039年にも
千駄ヶ谷のナガオカのオーディオルームは存在しているのだろうか。


■電子化

 同じような物語は過去にもあると思うが、
 以前と異なるのは、
 出てくる曲名をすぐさま検索して実際に耳にできるので、
 今は、同時代を知らない人でも物語を楽しめる。


■自分の記憶とクロスしたことの覚書

・ラジカセ
 1980を型番に名乗ったラジカセが未来的なかっこいい響きをもっていたこと。

ヤンタン

・ザベストテンに初登場したサザンオールスターズ

レンタルレコード

・大学祭のライブ

 レベッカの早稲田ライブ
 
 一瞬映る、
 最前列の客が飛び出さないよう、
 柵を一所懸命に押さえている、
 伝説のライブのその場にいるも、
 それを背にして音だけ聴いていたスタッフの人。

 ライブが終わると皆あっさり背を向けて
 その場から去っていくのも
 大学祭ライブっぽい。
 これが「伝説」になるとも知らずに。


・休日出勤








posted by inatt at 20:50| Comment(0) | 感想など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

【書籍】 大林宣彦、全自作を語る (書きかけ)



聞き手は、馬飼野元宏、秋場新太郎



自分のための索引を作るためにエントリーを作成しました。

自作の打ち明け話よりも、
映画業界の話、しきたりや外部プロデューサーの行状などを気楽に披露しているので、
そういうことに詳しくない私は興味深く読んでいます。

私は、監督のことを
映像の魔術師ではなく、言葉の魔術師と考えているのですが、
本著に収められている、
「私の好きな大林映画」の文を寄せた方々からの質問への回答も、

「目くらましのお題をください」みたいに感じました。


・p190 「ウソから出たマコト」の監督の説明






大林宣彦監督映画の感想

 http://inatt.tokyo/article/462052806.html


posted by inatt at 06:01| Comment(0) | 感想など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

【ドラマ】 刑事コロンボ 忘れられたスター Forgotten Lady



「スターとはね、不思議なものなんだ。
 それは何というか、
 奇妙な恍惚と自己顕示欲を満足させてくれる。
 これをうまくさばけるのは、ごくわずかな人しかいないんだ。
 かわいそうに、グレースにはそれができなかった。
 (溜息)
 彼女は確かに野心がありすぎた」

ーーー

「ねえ、どうしてそんなことをしたの、どうして」
「君のためさ、君のためだよ、君のね」




【一番好きなコロンボ作品】

私が一番好きなコロンボのエピソード。
脚本も演出も演技もとても好い。

Directed by HARVEY HART
Written by BILL DRISKILL

( https://www.imdb.com/title/tt0072803/ )

・グレースが帰宅して、今夜の愉しさを身体で反芻したあと2階を見上げる表情にひやりとした気分になります。
・ウィリス博士も、コロンボと同じく、映画の中のグレースのファンだったのでしょう。その役名はローズメリー・ランドン。
・ネッドが図らずも犯人の心情を説明している。一番の理解者だから。
・謎ときは犯人の前では行われない。ホームシアターで小声で推理が語られる場面は陰翳があり印象的です。
・コロンボに抗議するグレースの顔にかかる映写機の光。
・最後のカット「奇妙な恍惚と自己顕示欲」

一方、
・ウィリス博士は、テレビでのグレースの発言を見たとき、もっと深刻な顔をするはずではないかと思う。ましてやその直後に「ふざけた本」など読む気にならないはず。あるいは絶対カムバックできないと確信している。

・コロンボが相手の業績や人気を褒めても、大方、口だけと思って見ていますが・笑
ウィラー/ダイヤモンドコンビの映画がコロンボ夫妻の思い出なのは本当のことと、
コロンボの表情から感じました。(だからといって、捜査に手心が入ることはない)


【最後の台詞】

1977年1月3日がNHK初放映だそうですが、(wiki)
その時、
最後の2つの台詞に衝撃を受けたことをよく覚えている。


「頑張ってみせる、二か月間(ふたつきかん)は」
「そう、それがいいね」


小池朝雄はもちろん、
小林昭二(こばやしあきじ)の吹き替えがかっこいい。

DVDで字幕でも観て気づきましたのは、
このふたつの台詞は、原語では、

"(It) might take a couple of months.
"Yes.Yes,it might.

なので、「頑張る」とは言っていないのです。

吹き替えでは、

グレースのために2か月もたせてみせる、
頑張るとネッドの意志を表に出した発言に対し、

コロンボは、
その行動は(彼にとっても、グレースにとっても)それがいいんだろうね、
と彼の意志を認めている、と私は受け取りました。

それ「が」いいね、と言っていて、
それ「も」いいね、なら、ニュアンスが変わります。

原語では、

コロンボの職業意識は、真犯人を挙げることしか興味はなく、

わざわざ自分から真犯人の逮捕を遅らせることなど考えていないと思います。

( 犯人に対して同情したり配慮したりする気は全然ないですよね、
  どうやって警察に連れていくつもりだったのか )

だから、
真犯人でない人の主張に付き合うのは茶番でしかないけど、

ネッドが、
( すぐひっくり返される? それは違う、)2か月かかると自分は思う、と言ったことを、

コロンボが
(そうか、なるほど、あんたなら他の人とは違う、)
2か月かかるね、
(それはそれで仕方がない)

と冷静な状況判断として受け止めた、思いました。

( 少し私の想い入れ眼鏡がかかってますけど・笑
  ピーターフォークの仕草や表情は同じでも、台詞や喋りの間の違いで、
  ニュアンスに差異が出ることが大変興味深い。)

( 吹き替えの台詞は、額田やえ子台本とも異なっているというブログを読みました。
    https://blog.goo.ne.jp/zon-be/e/51a0d0196da1c6fdb01d8b059cf07cfd )


オリジナルを勝手に変えすぎることなく、
観ている人に好いシーンを届ける、
吹き替え版の素晴らしい仕事。

作品が発している、
複合的な主張の重心が
言葉、声質、語りの間のちょっとした違いで、
微妙に変わっていくんだなということを
コロンボの吹き替えでしばしば感じます。


【執事レイモンド】

端役の警官も含めて登場人物が皆、印象的な本作ですが、

特に執事夫妻、レイモンドとアーマのおふたりが、
本作の雰囲気を好いものにしています。

コロンボがコーヒーをこぼさないか気にする、
コロンボに灰皿持ってついてまわる、
など、

銃を撃っても、執事も気づかないような広いお屋敷をいつも隅々まで綺麗にしているんでしょうね。

演技も面白く、
帰るのかと思ったらもう一度2階に上がるコロンボを見つめて、
苦虫を噛み潰しています・笑。

心から誠実に雇い主に仕えているような彼らの描写が、
ウィリス夫妻の以前の穏やかな生活を想像させます。




ご主人に精一杯仕えたふたりが、
もう少ししたら失業するとは同情を禁じ得ません。


【あなたのあの自動車事故】

グレース・ウィラー(ジャネット・リー)とネッド・ダイヤモンド(ジョン・ペイン)が、
どんなスターで、どんなコンビで、どのような人生を送ってきたか、
とても少ない情報しかありませんが、

「あなたのあの自動車事故(*1)以来、私は駄目になった。人気絶頂でこれからという時に」
「あなた抜きでは誰も雇ってくれなかった(*2)」
とネッドに語るグレース、

何かしら戸惑いも見せながら、
「(あの頃、結婚したいと思っていたし)今も同じ気持ちだ」
と断言するも、
と複雑に表情が揺れるネッド。

短いシーンなのにいろいろに想像を掻き立てられます。

私は、

ネッドにとって、グレースは、
人生で最も愛した大事な人であることには間違いないが、

昔と同じような熱さを変わらず持ち続けているかというと
今は、微妙に違う想いが混じっている、
というような複雑な感情を持っているように

思いました。

ネッドは、
グレースのカムバックの意義や成功の見込みについて、
グレースとまったく同じ感触は持っていないことを
しばしば表情で見せています。


売れっ子だった頃の関係性や、
ネッドの飲酒運転?による交通事故の経緯など、

ふたりには深い紆余曲折がありそうです。

(*1) that stupid driving accident and your foolish drinking
(*2) No one would hire Wheeler without Diamond.


( それ以外にも、
  グレースとウィリス博士の馴れ初めや、
  グレースが再び野心を持つに至った流れも、
  それぞれ興味深い物語があるのかも。 )  


【グレースの「寝落ち」】

Twitterでの感想を見ていて、
推理の論理に「寝落ち」などの可能性という穴がある、
という指摘に、なるほど、と思いました。
でも、
脚本がそれに触れていなくても、
彼女はこの映画ではそんなことはしないのでは、
と感じさせるお話になっているとは思いました。


犯人の殺意は本心からのもの、という指摘も
どきっとしました。
そのような酷薄な自分勝手に思える人が見せた幕切れの微笑み。


【射撃訓練】

射撃訓練のエピソードは、コミックリリーフであるだけなく、
「身代わり」の「共感」のためにあるようにも思えます。

本作の脚本、演出には細かい仕掛けを感じます。

コロンボの飼い犬も必要があって登場させてますよね。


【Walking My Baby Back Home】

映画ウォーキングマイベイビーは、ジャネットリンが実際に出演した、
1953年の映画 Walking My Baby Back Home だそうです。
 https://www.imdb.com/title/tt0046531/

 https://www.youtube.com/results?search_query=walking+my+baby+back+home+


【ジョンペイン】

ネッドを演じたJohn Payneの他の作品を私は勉強不足で観たことがないのですが、

IMDBを見ると、本作は最後の出演作なのでしょうか。

私にとっては、本作一作だけで、忘れられない俳優さんになりました。

https://www.imdb.com/name/nm0668361/


【SPEAK LOW】

グレースとネッドがパーティで披露したのは、「SPEAK LOW」という曲だそうです。



【ザ・トゥナイト・ショー】



【ザイアス博士】


【フジテレビドラマ「黒井戸殺し」】

20180414に放送された、フジテレビの「黒井戸殺し」を観て、
しばらく忘れていた本作のことを思い出し、
DVDを取り寄せて観て、
このドラマの魅力を再確認することができました。

(初回記事作成 20180520)





刑事コロンボ Columbo 各話の感想
 http://inatt.tokyo/article/475671325.html

刑事コロンボ傑作選 5時30分の目撃者/忘れられたスター [DVD]

B015DJK098

関連商品
刑事コロンボ傑作選(別れのワイン/野望の果て) [DVD]
刑事コロンボ傑作選(逆転の構図/祝砲の挽歌) [DVD]
刑事コロンボ傑作選(構想の死角/指輪の爪あと) [DVD]
刑事コロンボ傑作選(ホリスター将軍のコレクション/二枚のドガの絵) [DVD]
刑事コロンボ完全版 1 バリューパック [DVD]
by G-Tools


posted by inatt at 09:59| Comment(0) | ・感想など・TVドラマ・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

【映画】 転校生-さよなら あなた- 2007年


 
人は 誰も、――
生きて その物語を残す。

人の命には 限りがあるが、
物語の命は永遠だろう。

未来の子供たちよ、――
今も元気で暮らしていますか?……


この映画の最後に示された言葉は、
大林宣彦監督が、
ハウスやさびしんぼうのラストで語ったことと
同じことをを示しているが、
ひとつ違うのは、
監督自身が未来へ語りかける形となっていること。





【映画】 ハウス HOUSE 1977年

http://inatt.seesaa.net/article/398821810.html

たとえ肉体が滅んでも、
人はいつまでも誰かの心の中に
その人への想いとともに生き続けている。

だから、
愛の物語が
いつまでも語り継がれていかなければならない。
愛する人の命を永久に生きながらえさせるために。

永久の命、
失われることのない人の想い、
たったひとつの約束、
それが愛。


ーーーーー


【映画】 さびしんぼう 1985年

http://inatt.seesaa.net/article/398821762.html

親愛なるフレデリックショパンさんよ、
あなたがあの痛ましくも輝かしい19世紀の青春に、
命を賭けて燃やした情熱の炎は、
その肉体が滅んでしまった遠い今となってもなおさらに、
僕らの感情を激しくゆさぶらないではいない

思えばこれこそが、
あなたが永遠に願った、
真実の恋の勝利というものではなかっただろうか。

さびしんぼうよ、いつまでも。
おおい、さびしんぼう。


ーーーーーーーーーーーー

「人は死んでしまうが、死なない人もいるのだ。」

http://inatt.seesaa.net/article/398821971.html

ーーーーーーーーーーーー

「稲尾君は逝ってしまったが、私の暮らしのなかでは登板し続けている」

http://inatt.seesaa.net/article/398822156.html





さらに、

この映画では、今までと違う視点も加わってきていると思う。
 

一夫は「さよなら、お前」と言ったが、それは、
前作の似た台詞と同じなのか違うのか。

そして、
「さよなら あなた」とは、誰が誰に語っているのか。 



「さよならあなた
 もう会えないから
 今日から隣で
 思い出したら微笑んで

 私の隣で微笑んで」 (「さよならの歌」寺尾紗穂)


・「さよならの歌」の歌詞は、

 この世に残った人からこの世を去った人への言葉だと思うが、
 本作の最後では一美が私たちに向かって歌う。

 この世の人とこの世を去った人の視点がいったりきたり混じりあったり、

 大林映画らしい、混沌とした語り口。


・この作品は、この世を去った人からの視点がこれまでより強調されているところが、

 これまでと違ってきているように思う。

 その意味で、本作は、単なるリメイクではなく、

 同じ筋立てで、別のことを示そうとした別作品としてもいいくらいに

 思うようになった。







大林宣彦監督転校生の感想

http://inatt.seesaa.net/article/398821627.html
  
  
  
転校生 さよなら あなた 特別版 [DVD]

転校生 さよなら あなた 特別版 [DVD]
転校生 [DVD] さびしんぼう[東宝DVD名作セレクション] ふたり デラックス版 [DVD] あした デラックス版 [DVD] 野ゆき山ゆき海辺ゆき DVD SPECIAL EDITION パンツの穴 (HDリマスター版) [DVD] 時をかける少女 角川映画 THE BEST [DVD] HOUSE ハウス[東宝DVD名作セレクション] 時をかける少女 [DVD] 時をかける少女  ブルーレイ [Blu-ray]

  
  

  
  
posted by inatt at 05:39| Comment(0) | 感想など・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

2020年7月から9月までの呟きの記録



























posted by inatt at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

【マンガ】 ガラスの仮面 ( 2016年までの感想 )



20200914記

15年以上、何度も同じことを書いて、
世の中の人も同じことを思っていて、(*1)
「冗談みたいなこと」が冗談でなくなっており、

(最初に作者の健康を心配し、
 次に先立たれた方々の無念を想像し、
 最後に自分の寿命について懸念しています・笑)

もう、私も新たに書くこともないと思うので、
自分まとめをしました・笑

(完結したら、第1巻から読み直して、感想書きます、が、 
 Kindle版全巻まとめ買いが、21,168円だったので、吃驚・笑)




20050130記

物語の完結前に、 読者よりも自分が先に死ぬことを 作者は想定していないのだろうか?




20090209記

【マンガ】 ガラスの仮面 第43巻 ふたりの阿古夜(2)
 
安定して面白いですし、
絵柄が変わらないのも印象深い。
ベテランの方でも絵柄が変わっていく場合も多いので。

しかし、
前に似たようなことも書いたことがあるのですが、

今回思いましたのは、

例えば、1976年の連載開始時に10歳であれば、
今は、42歳。
( 美内すずえ氏は、現在56歳? )

この調子で、物語がまとまるまでに、
10年以上かかってしまうと、

大ファンで、ずっと読み続けてきたのに、
ラストを知ることなくお亡くなりになる方が、
今後続出することになるのではないかと。

冗談みたいなことですけど、
そういうことも考えて、
もっと早く続きを描いていただきたいと思います。




20090830記

【マンガ】 ガラスの仮面 第44巻 ふたりの阿古夜(3) 無人島に持っていくもの。
 
あー、面白い。

無人島に持っていくものは、
ガラスの仮面、全巻大人買いセットにします(笑)

物語が終わってないから、不向きじゃないかって?

いえいえ、1巻からまた読み返します。

永遠に読み続けられそうな予感。(笑)




20121010記

【マンガ】 ガラスの仮面 第49巻
  
ここ何年もずっと同じことを思うのですが、
ガラスの仮面の連載が始まったときに、中一とか中二の人が今50歳で、
まだ物語の結末を知ることができない・笑

最近は、
物語の完結を読む前に、自分の寿命が尽きたらいやだなと
考えるようになりました・苦笑


【今後の物語の展開について】

・姫川亜弓の目は治る
 
 今の状態は、彼女が紅天女の演技を掴むプロセスだと思う。

・鷹宮紫織は正気を取り戻す

 マヤが演技で人の精神状態を治すという奇跡を具現するのでは。

・月影先生の健康状態に問題がなさそうであればこの物語はまだまだ続く・笑

 月影先生の思いが引き継がれたときが物語の終わり。





20160712記

もしかしたら、今、ミウチ先生の指導のもと、
ふたりの弟子のマンガ家が書いた、
幻の名作、ガラスノカメンのふたつのバージョンが制作されていて、
もうすぐ発表されるのではないか・笑





(*1)Amazonカスタマーレビューより 20200914


・最終回を楽しみにしている母は、もう70歳を越えてしまいました。
・私は現在60才です。私が死ぬ方が早いか、最終話が出る方が早いか‼是非とも死ぬ前に最終話が読みたい‼お願いします
・美内先生は神がかっておられるので100歳でも200歳でもマンガを描き続けられるでしょうが、わたしたち読者は凡人なので、いつ息絶えるかわかりません。多くの仲間たちが力尽き、去って行きました。なにとぞ、なにとぞ、続きをお願いします(吐血)。
・母が楽しみにして、私が購入し一緒に読んでいました。母は去年亡くなり、もう読めないんだと残念に思います。
・私は現在55歳。(ガラスの仮面)が雑誌に掲載されたのは、私が11〜12歳くらいの時でリアルタイムで読みました。その当時、まさか自分がこの歳になるまで、この漫画がまだ終わっていないなんて想像もしませんでした!絶対死ぬまでに、最終回が見たいです。そうでなきゃ死んでも死に切れません!!!




posted by inatt at 09:20| Comment(0) | 感想など・マンガ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

【演劇】 12人の優しい日本人



20200505の12人の優しい日本人を読む会を観た。

この物語が終わったときに、
なぜか微かに胸に残るわだかまり、

私たちの普段している「話し合い」とはなんだろうか、
という思いかもしれない。

法でなく、事実でなく、理屈でなく、
「2号は自分の今の状況からムキになっているにすぎない」
と、
(2号も含めて)全員一致した思いに落ち着いた。

有罪、無罪に関係なく、
陪審員たちは、自分たちの「話し合い」に満足して帰っていった。

登場人物たちは、
いつもの三谷幸喜の物語と同じく、
癖があるけど、
どこか現実にもある行動・発言をしているが、
しかし、
事は判決という
人の生き死にの問題なので、
笑って済ませられないところが、
この作品の特徴のひとつだと思う。

それにしても、
若き日の、
相島一之さんや西村雅彦さんたちの舞台を観てみたかった。
成熟した今の相島さんたちには、
もっと別の素晴らしい役があると感じたので、
なおのこと。





20200907

BSプレミアムで映画版が放送されました。






20061213記

DVDで観ました。(2005.12.28パルコ劇場版)

最初は、やる気なしでも、
だんだんと、
皆がそれぞれなりに、
一所懸命になっていくところが、
印象深いと思うのですが、

最終的にカタルシスに欠ける展開であったのが、
個人的には不満でした。

かなり難しい、演者と演者の連携が必要な、
脚本だと思いました。

でも、
特典映像で、千秋楽のカーテンコールの映像などを見ますと、
その場の感激が伝わってきますので、
現場で見ると楽しいんだろうなあと思います。

(特典DVD)
浴衣事件の映像が。(笑)
三谷さんはこういう遊び、悪戯のために、
舞台の仕事をやっているのでは?




https://ja.wikipedia.org/wiki/12%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%84%AA%E3%81%97%E3%81%84%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA
十二人の優しい日本人
posted by inatt at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想など・三谷幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

【ドラマ】 MIU404 2020年



「てかさ、これからどうなんだろうなあ
「毎日が選択の連続
「また間違えるかもなあ
「まあ間違えてもここからか



ドラマ「アンナチュラル」では、
当事者には非のない、不条理に降ってくる死があり、
それを周りの人がどう受け止めるか、という話が多かったが、

本作では、何かのスイッチで進む道を間違える人がいて、

その時が来るまで誰にもわからないスイッチを
周りの人がそれを止めることはできなかったのか、
に焦点があたっている。

そして、
「人を救う、人に救われる」という他者への働きかけだけでなく、

分岐点に立ったとき、
自らが正しいほうのスイッチを入れる、
ということが描かれているのかなと思っています。

・違法ドラッグに手を出さない
・闇カジノに出入りしない
・闇カジノ主催者の誘いに乗らない
・人の携帯は覗き見しない
・逮捕より人命救助を優先する

また、
父の子供へのモラハラが、子供の衝動的な犯罪の引き金になったり、
ほんの遊び心であっても、
虚偽通報が妊婦搬送を遅らせ胎児死亡を招くこともある、
という想像力の大事さ。




【女性の機動捜査隊隊長】

チームのリーダーが、
大昔の石原裕次郎、渡哲也のような男性でなく、
また、5年前なら生瀬勝久だったかもしれませんが、
そういう一癖あるタイプでもなく、
15年前は妄想癖のある交通課婦警だった女性(時効警察)が、
とは冗談ですが、
違和感なく普通に、
女性隊長が、男性捜査官に指示を出しています。

あと5年、10年したら、それの何が気になるの?
ということになるかもしれませんが、
なおのこと覚書しておきます。

女性の隊長というのは、なんとなくではない設定なのかなと思います。
女性だからといって、特別なことがあるわけではない、
という表明なのではないでしょうか。


【反社の扱い】

昔のドラマでは、
やくざや暴力団を、
不遇な、世の中に居場所のない人の
やむを得ずたどりつくところとして、
消極的に認めていることがありました。

タイガー&ドラゴン ( 2005年 )とか。

しかし、本作では、
久住の立ち位置は、
金で暴力団を利用することで成立しており、
また、
青池透子の不幸は、
正規のルートで暴力団の協力企業に
そうとは知らず勤めてしまったこと。

反社会的勢力は、
(当たり前ですが)
絶対的に否定される存在として描かれていると思います。



【各回の感想】

■第4話「ミリオンダラー・ガール」

美村里江の名演。
根拠はありませんが、
美村さんは、撮影中止前に台本を受け取っていて、
自粛期間中ずっとこの役と向き合っていたのかもしれません。

「透子」という珍しい名前にも意味が与えられているかも。

事件の発生は、2019年5月17日金曜日。

「多い方をとって助けたはずの青池透子が再び道をはずれたんだとしたら、どうしてそうなったのか、知る義務がある
「土壇場で分かるよな、そいつがどんな奴か。
「兎ってさあ、追いつめられると、狼も真っ青な強烈なキック繰り出すんだって

(アイコンが兎の呟き)
最後にひとつだけ
わたしが助ける
自由になれる
そんなの嘘だ
逃げられない何もできない
弱くてちっぽけな小さな女の子
誰が決めたの
つまらない人生
もう死ぬみたい




私の頭が勝手に思い出したことですが、
レベッカのボトムラインという曲。

「Keep the Bottom Line
 くいしばるひざを ゆるめりゃ
 自由になれちゃう この街はdanger
 Keep the Bottom Line
 いつだって ギリギリのすまし顔だけど
 本当の愛も知ってる」

街はいつの時代も危険だけど、
いきつくところに対する楽観度の残り具合が、
1980年代と2020年の違いかもしれない。



■第7話

家出少女ふたりは、
アンナチュラル第2話の花とミケが救われた形、
という意見を見て、
なるほどそうだなとほっとした気持ちになりました。


■第8話「君の笑顔」

「君の笑顔」とは蒲郡が思い出せない妻の笑顔?

事故の事を覚えてないよね、と伊吹に問われたときの、
蒲郡(小日向文世)の笑みにはぞくっとしました。

志摩は、
「お前にできることは何もなかった、何もだ」
と言われた男を相棒にした。

主人公がお互いをバディと認めるまでに8話もつかって物語を構築しています。



■第9話「或る一人の死」

・誘惑にかられながらも、人の携帯を覗き見しない、というところが印象的でした。


■第10話

・「死んだやつには勝てないって言ってたけど、
  それ、違うよ、
  生きていりゃあ、
  何回でも勝つチャンスがある」

・大層な手順で盗聴器をしかけた暴力団。
 メールひとつでパソコンを乗っ取った久住。

・虚偽通報とフェイク動画で、
 実際に警察を混乱させることができるのか、
 何人協力者が必要なのか、
 興味深い。
 本物の警察はそこまで脆弱じゃないと思いたいですが。


■第11話「 ゼロ」



「お前達の物語にはならない」
 敵役の捨て台詞ではない、重要な主張のように響きました。

題名のゼロとは、

オリンピックはなくなり、
コロナでいろんなものが変わり、
あなたはどちらへ向かいますか?
と問いたいのかどうか。

スイッチは自分で選ぶ。
人に選ばせてはならない。

でも、志摩は揺れ動いている。
「なあ志摩ちゃん、刑事やめたりしないよな」

(バディものでありながら、
 主人公が相棒に判断を委ねたことを
 心の奥で悔やんでいるという描写に
 冷やりとします)

(虚偽通報で生まれなかった命もあったが、
  起訴可能な法律上の罪では、久住は、割とすぐに刑務所から出てくるのでは?)

(お前達の物語にはならない、とは蒲郡も考えていることなのかも。
 また、「宮崎」「酒鬼薔薇」も連想する。
 久住や彼らをワイドショー的に消費しても意味のあることにはならない)

ゼロという題名は、
ゼロから小さな正義を積み重ねる、
という意味だったのでしょうか。

小さな正義から小さな救いが生まれ、
伊吹と志摩のこれまでの行動が、
SNSを通じて、
メロンパン号のデマを消すのに役立った。

「てかさ、これからどうなんだろうなあ
「毎日が選択の連続
「また間違えるかもなあ
「まあ間違えてもここからか

虐げられているマイノリティの存在など、
世の中の暗い部分から目をそらさないが、
あくまでも
エンターテイメントとして
前向きに終わらせる
作り手の意識を感じました。




・機捜うどんからはじまる奇跡のピタゴラ装置

・「俺たちと、ここで苦しめ」とは、
 ルールを守り、他者を尊重するという同じ土俵で、ということかしらん。

・2019年10月15日とか何してたかな、と自分のスケジュールを再確認してしまった。
 
 メケメケフェレットが俺と組まへん?と囁いてくるのは、2019年10月16日0時

 九重がメールを発信したのは、2019年10月15日15時5分

・撮影が中断され、放映期間・回数も変わることにより、ストーリーがどのように追加・変更されたのか興味深い。




(ドラマ「フェイクニュース」)

なかったことのようになっているのが残念なNHKのドラマ、
「フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話」を思い出しました。

2018年放送のドラマですが、
MIU404では、
さらに進んで、
確かにどこか遠くの戦争の話ではないことが描かれていたと思いました。





ツイートの記録





↓これが当たっていたら凄い。確かにこの脚本では登場人物は物語上無意味な動きはしない。





【国立競技場】

最終回放送は、2020年9月4日(金)でしたが、
たまたま、9月3日の朝、
国立競技場の周りを歩きました。
(という、個人的な覚書)

20200905・国立競技場・90




【銀座の裏通り】

青池透子が逃げ回った銀座の裏道、
弱くてちっぽけな小さな女の子を見つけた路地。

(と、私が思っている場所)の写真

miu404・銀座の通り・縮小11.jpg

miu404・銀座の通り・縮小21.jpg
(ロケ地)




【主人公の名前の話・一未、藍、ゼロ】

私は、数学が得意ではありませんが、
(話題になったのは、「虚数のiは1未満」という言い方)
「実数の軸と虚数の軸はゼロ/0で交差する」という説明を見て、腹に落ちました。

1未満とか、虚数と同じく、脚本家は最初から「ゼロ」を意識していたのかどうか。

タイムラインが沸いてしまったのは、
まさしく、このドラマで描いたことが現実に起きるという証明になった・笑。













アンナチュラルの感想
 http://inatt.tokyo/article/458024514.html


posted by inatt at 14:37| Comment(0) | 感想など・TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

【書籍】 エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリ 舘野仁美 平林享子 2015年



この書籍の感想を書き記したいと長年思っていましたが、
果たしていません。

鈴木敏夫、宮崎駿が怪物であること、

(高畑勲はあまり登場しない)

それに自分の器で対峙すること、

など。


まだうまく書けませんが、
あるツイート群の覚書をするために
エントリーを作りました。



















「終わらない人 宮崎駿」業の深い人、悪魔的な人
  http://inatt.tokyo/article/444355001.html




posted by inatt at 21:50| Comment(0) | 感想など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

【TV】 植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之





出演者の名前が番組名に含まれている、
山田孝之の冠番組・笑
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E7%89%A9%E3%81%AB%E5%AD%A6%E3%81%B6%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5_%E8%A9%B1%E3%81%99%E4%BA%BA%E3%83%BB%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%AD%9D%E4%B9%8B



Eテレらしい番組フォーマットに、
Eテレに出そうもない山田孝之、
NHKアナウンサーに必要のない資質を発揮する林田理沙アナウンサー、
本編より手間がかかっていそうな、本編場面がでてこない番宣動画。

(林田アナの衣装だけでなく髪型も番組の意図によるものと4で気づかされました)





近江アナだと番組として成立しないだろうと想像。


4(20200826放送)



趣味がジャンベのとてつもなく偉い仮名ジャンベさん、
権力者を揶揄する表現、最近のNHKでは見られなくなっていますが、
大丈夫でしょうか・笑

「オオバコ」で出てきた安倍総理の画と
ジャンベさんの画は、
ネクタイの柄が同じという指摘を目にしました・笑

4の放送が、8月26日、
安倍首相が辞意表明したのが8月28日、
巧まざることと思いますが。











贱 Jiàn
https://www.deepl.com/ja/translator#zh/ja/%E8%B4%B1


posted by inatt at 23:15| Comment(0) | ・感想など・TV・NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする